2018年03月24日

ケニア凧揚げの様子が日本の新聞に!

本日の世界結核の日を記念し、日本リザルツは23日、ケニアのスラム街・カンゲミ地区で凧揚げ大会を行いました。
その様子を共同通信社さんが取り上げてくださいました。
記事はこちらです(以下、共同通信記事引用)。

img_bdd770cf64849a1dd8605d0ee276524f41356.jpg

ケニアの子ども、たこ揚げ
結核予防を啓発

 【ナイロビ共同】24日の世界結核デーを前に、ケニアの首都ナイロビの貧困
地区カンゲミで23日、日本の非政府組織(NGO)が結核予防の啓発イベント
を開き、地元小学生千人以上がたこ揚げをしながら、手洗いやうがいの大切さを
学んだ。
 主催したのは、世界の貧困問題などに取り組む「日本リザルツ」。カンゲミ地
区で結核の検査施設の建設などに携わっている。この地区では、住民1万人当た
り100人以上が結核患者で、結核がまん延しているケニアでも特に多いという。
 「結核をなくそう」と書いた小さな紙のたこを各自が作ってグラウンドを走り
回ったほか、約3メートル四方の大だこが披露されると子どもたちから歓声が上
がった。来年以降も結核デーに合わせてたこを作り、予防を意識してもらう計画
という。
 小学生のパスカル・バラサ君(12)は「たこ揚げは初めてで、楽しかった。
結核になった友だちがたくさんいるので、気を付けたい」と話した。

お忙しい中、スラム街まで来てくださった記者の方。本当に有難うございました!
記事のリンクはこちら。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/309274
(はるか)
posted by resultsjp at 17:35| Comment(1) | 情報

結核凧揚げ大会(ケニア編)

本日、3月24日は世界結核の日です。
日本リザルツは、23日、ケニアのスラム街・カンゲミ地区で、凧揚げ大会を開催しました。
180人の医療ボランティアをはじめ、ウエストランド州の保健省、パートナーのKANCO、ストップ結核パートナーシップケニアなどの市民団体、そしてカンゲミ地区の子どもたちと結核患者さん、なんと総勢2100人が参加しました!

DSC_0995.JPG
凧が到着。イベントを主催するアブタさん、大凧職人・藤波慎吾さん、警察官改め、ケニアの凧職人・デニスさんとロティチさん、輸送を手伝ってくださった結核検査所を建設している業者のムタイさんで記念撮影!いろんな人に支えられてイベントを開催することができました。

DSC_1000.JPG
最後の仕上げはみんなで。桜の花を張っていきます。

DSC_1009.JPG
藤波さん、法被も持参し、やる気満々です。

DSC_1007.JPG
完成しました!手作り感いっぱいです。

DSC_1016.JPG
いよいよ開始!CHVのスティーブさんのノリノリのMCと音楽に合わせて、子どもたちがダンスをしながら楽しく結核について学びます。

DSC_1017.JPG
こんなに大勢の子どもたちが集まりました。

DSC_1024.JPG
DSC_1031.JPG
子どもたちの笑顔が素敵です。

そして、遂に大凧がケニアの空を舞います。
DSC_1035.JPG
DSC_1037.JPG
DSC_1038.JPG
揚がりました!

DSC_1046.JPG
最後は落下してしまいましたが、ケニアの空を舞った大凧は大人気。
子どもたちが集まって、眺めていました。

DSC_1062.JPG
そして、子どもたちも自分たちの作った凧を揚げます。

DSC_1057.JPG
DSC_1056.JPG
楽しんでくれたみたいで、何よりです!

日本・そして現地ラジオ、テレビ、新聞社、通信社もおよそ10社駆けつけてくださいました。
報道の様子は、またお知らせしますね。

そして、このイベントを取り仕切ってくださったのは現地スタッフのアブタさんでした。
イベントが成功したのは、他でもない、彼の頑張りのお陰です。
本当に有難うございました。
来年以降もこのイベントを続けて、凧揚げを結核抑止のシンボルにしていきたいと思います。
(はるか)
posted by resultsjp at 14:43| Comment(1) | 情報