2018年04月18日

「日本人もパレスチナ難民を知って支援を」

すでに何度か本ブログでもご紹介を致しておりますが、現在国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は世界的な資金調達キャンペーン「#尊厳を守る」(#DignityIsPriceless)を実施しています。米国トランプ大統領がUNRWAに対する支援を大幅に凍結した今、状況は非常に厳しくなっています。日本リザルツではミュージックセキュリティーズが立ち上げたクラウドファンディングに協力をしています。。4月16日の朝日新聞Globeにこの活動が紹介されました。(nm)
 http://globe.asahi.com/news/2018041600002.html
                                  
posted by resultsjp at 17:50| Comment(3) | 情報

ソフトバンク、タックスヘイブン子会社の所得に追徴課税>大企業の租税回避への対応は?

                  SOFTBANKキャプチャ.JPG

東京国税庁はソフトバンクの(タックスヘイブン地の)バミューダ子会社は実質的な事業活動をしていないペーパー会社と判断し、「タックスヘイブン対策税制」(*)の対象として、追徴課税を行った、と朝日新聞が報じています。

ソフトバンクの申告漏れ総額は約939億円ということですが、これに対し実際の追徴課税は約37億円に止まったのは、果たして妥当な金額なのかどうなのか議論のあるところですが、タックスヘイブン対策税制が作動したことはたいへん結構なことだと思います。

多国籍企業のタックスヘイブン等を利用した租税回避の動きに対して、OECDやG20はBEPS(税源浸食と利益移転)行動を実施しつつあります。とくに行動13の「多国籍企業の活動実態の国別報告義務(移転価格税制に係る文書化)」は、今年の3月期決算から適応されることになっています。また、「共通報告基準(CRS)に基づく金融口座情報の自動的交換」制度も、世界で2017〜2018年中に行われることになっています。これらのこともあり、日本企業でも下記のように税の情報公開・透明化が進みつつあるようです。

   【日経新聞】租税回避の批判に備え、三菱ケミや資生堂など方針明文化 (18.2.28)
     法人税など納税の基本方針を公表する企業が増えている。2017年度は三菱ケミカルホールディングスや資生堂が初めて開示するなど約20社に広がった。国際ルールの見直しで、グローバル企業ほど租税回避の批判にさらされやすい。税務の透明性を高めて株主や消費者の支持につなげる狙いがある。

問題は、巨大IT企業への「デジタル課税」(当面、売上高税)を日本が欧州ともに、米国の反対を押しのけて実施できるか、どうか、です。アマゾン・ドットコムは日本での昨年の売上げは1.6兆円もありましたが、まったく法人税を払っていないのです。


【朝日新聞】ソフトバンク939億円申告漏れ 租税回避地の子会社分(18.4.18)
 ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2016年3月期までの4年間で約939億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。買収した海外企業がタックスヘイブン(租税回避地)に持っていた子会社の所得について、SBGの所得と合算すべきだと判断されたという。追徴税額は過少申告加算税を含め約37億円で、すでに修正申告したという。

 同国税局は、「バミューダ子会社は実質的な事業活動をしていないペーパー会社」と判断。税負担の軽い国や地域に所得を移し日本で支払う税金を減らすのを防ぐ「タックスヘイブン対策税制」の対象と認定した。そのうえで、子会社の所得を最終的な親会社であるSBGの所得に合算するべきだと指摘した。
…中略…
 合算対象となった所得は計約747億円。数百億円規模の申告漏れは異例だ。株式売却益をめぐる経理ミスなどもあり、申告漏れ総額は約939億円にのぼったが、意図的な税逃れではないと判断され、重加算税は課されなかった。追徴税額は過去のSBGの赤字と相殺され、約37億円にとどまったという。…以下、省略。

(*)タックスヘイブン対策税制とは
企業や富裕層が、法人税率などが低い租税回避地(タックスヘイブン)にペーパー子会社を設立して配当や知的財産などからの所得を貯め込むことを防ぐために、子会社の所得を日本の親会社の所得に合算して課税する制度。

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 17:44| Comment(3) | 国際連帯税の推進

エリトリア

昨日4月17日の朝日新聞にエリトリア(アフリカ大陸東端に位置しエチオピアとスーダンと国境を接している)の記事が出ていました。日本リザルツはエリトリアの情勢に関心をもって勉強をしています。(nm)

IMG_2151.JPG
IMG_2150.JPG
posted by resultsjp at 10:13| Comment(3) | 情報

谷合先生の投稿を読んで

昨日の谷合先生の日経への投稿について書かせて頂きます。歌が国境を越える、自分の気持ちも国境を越えるtという文書を読んで、「自分たちの気持ちをアフリカの子ども達やお母さんに、遠い日本から伝えたい」という気持ちになりました。歌の持つメッセージ性も学びました。
その一方で、背景には先生の学生時代のご友人との交流がベースであることが分かりました。先生の大学卒業後の国際協力のご経験が、友人のアフリカの子ども達に向けた音楽活動に繋がったということ。若き日の交流が現在に活きること、人と人との心の繋がりの大切さ、素晴らしさを、先生(現農水副大臣)が読者に広く知らせて下さったことに感銘を受けました。
自分もこれほどドラマチックではないですが、学生時代の友人との交流が今に活かせればいいなと思いました。
                                              MK
posted by resultsjp at 10:03| Comment(3) | 情報