2018年05月10日

アブタさんの記事がStandardに掲載

日本リザルツケニア事務所のプロジェクト・マネージャーで、ケニアの政治家の卵、アブタさんの記事が、ケニアの朝日新聞であるStandardに掲載されました!

20180510_164201-1.jpg

すっかり、新聞の論説欄の常連です。

アブタさんは、スラム街のような都市の貧困層が暮らす地域には、栄養価の高い食材が流通していないことを取り上げた上で、地方の農家が栽培している地域農産物(野菜や果物)に着目し、こうした食材を流通させることが都市部の栄養改善につながると指摘しています。
また、栄養改善に向けて、ケニア政府自身も施策を立案、行う必要があると提案しています。
具体的には、清潔な水へのアクセス、農村地域から都市部への輸送手段の確保、消費者への栄養改善の知識啓発活動、学校での栄養に関する教育プログラムの実施と学校給食の運営などを取り上げています。

アブタさんの記事がきっかけで、ケニアにおける栄養改善の気運が高まるといいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 23:00| Comment(4) | 情報

自転車メンテナンス

日本リザルツはケニア・ナイロビのスラム街、カンゲミ地区で結核抑止プロジェクトを実施しています。
現地ボランティアメンバー(CHV)の方々に貸出をしている自転車のメンテナンスを行いました。
IMG_2514.JPG
メンテナンスは、カンゲミ地区の自転車修理屋さんにして貰いました。
IMG_2518.JPG

IMG_2522.JPG

IMG_2523.JPG

IMG_2524.JPG
依頼した自転車屋さんは小さなお店ですが、必要な各種パーツ(部品)も整理されており、丁寧に修理をして頂いています。

IMG_2535.JPG

IMG_2545.JPG

ペダルが壊れてしまっているものや、簡単なタイヤの空気入れ等は一緒に手伝いをして、少しでも早く皆さんのメンテナンスが終了出来る様に、お手伝いさせて頂きました。
IMG_2543.JPG

IMG_2579.JPG
結核で亡くなる患者さんをゼロにするために、現地ボランティアメンバーがスムーズに、活動が出来る様にサポートしたいと思います。
〈Shingo〉

posted by resultsjp at 22:46| Comment(4) | 情報

国連人道特使との意見交換会に行ってきました。

来日中の国連事務総長人道担当特使 (Humanitarian Envoy)であるムライヒ特使(Al-Meraikhi)と人道支援に関わるNGOとの懇談・意見交換会が、5月9日、ジャパン・プラットフォームで開催されました。

カタール出身のムライヒ特使は、特に中東における紛争の人道支援を担当されていることから、中東における日本のNGOの活動を知りたいとのことでした。また、それだけに関わらず、広く日本のNGOの活動、課題等についても興味があるとのことで、今回の意見交換会が開催されました。当日はムライヒ特使付きアドバイザーのMs. Margaret Zimmermanと国連人道問題調整事務所(OCHA)神戸事務所の渡部正樹所長も参加してくださいました。
日本側からはジャパンプラットフォーム、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、シャンティ国際ボランティア会、難民を助ける会、アドラ・Japan、パレスチナ子どものキャンペーン、そして日本リザルツが参加しました。

ディスカッションは主に、それぞれの現地で活動をするNGOが活動費を得ることの難しさや、国連の資金問題をどう解決するかでした。日本リザルツからはパレスチナのUNRWAのキャンペーン事務局としての活動を紹介しました。今回は少人数の会議だったため、皆さん活発な議論ができました。他のNGOの活動も知ることができ、非常に勉強になりました。 (nm)
DSC_9744.jpg
DSC_9726.jpg
posted by resultsjp at 15:38| Comment(4) | 情報

ケニア向けの靴

本日もボランティアの門井さん、藤崎さん、インターンの白石さんのおかげで靴がすっかり箱詰めされました。3人がケニアに送る準備を整えてくれました。感謝です。

IMG_0844.JPG
IMG_0845.JPG

IMG_0843.JPG


IMG_0842.JPG

IMG_0841.JPG




DSC_0258.jpg

DSC_0257.jpg

発送前の計量をしています。

HS


posted by resultsjp at 14:14| Comment(3) | 情報