2018年05月22日

幼児の栄養 訪問調査

日本リザルツはケニア・ナイロビのスラム街、カンゲミ地区で結核抑止プロジェクトを実施しています。
結核予防のために子供達の栄養改善は大変重要です。
今日は、ケニア人スタッフの栄養士シコさんと、子供がいる世帯の訪問と、栄養調査を行いました。

最初は幼稚園に伺い、園児達の栄養に関して調査を行いました。
IMG_3165.JPG
子供達が正常に発育しているかどうかは、腕の太さを図って測定をします。
IMG_3156.JPG
つづいて、幼児を育てている家庭へ伺い、調査を行います。
IMG_3168.JPG

IMG_3180.JPG

IMG_3231.JPG

IMG_3189.JPG
シコさんは栄養士の経験を活かし、子供達の栄養状態や発育状況をもとに、お母さん方へどのような食事を提供したらよいのか、アドバイスをしていきました。

〈Shingo)





posted by resultsjp at 21:28| Comment(4) | 情報

カンゲミ地区での折り鶴配り

本日は、カンゲミ地区に住む結核患者さん達のために、ケニア事業のスタッフ達で鶴を折り、配りました。日本リザルツは、2016年から3年間ケニアで行われている「コミュニティ主導の結核予防・啓発活動事業」を通して、結核患者のゼロを目指しています。

IMG_20180522_104248.jpg

日本において鶴は、人々の健康や平和の象徴として、人から人へとプレゼントされており、こちらカンゲミ地区でも、結核患者さんの健康回復を祈りながら作成し、プレゼントしています。

鶴を貰った患者さんは笑顔になり、鶴に込められたメッセージ性をケニア人スタッフから聞いていました。
そして、ケニア人スタッフが患者さん達に、鶴が大空へ羽ばたくジェスチャーを表現し、彼らの健康を願っていました。
私達は、カンゲミ地区に沢山の鶴が舞い、結核で亡くなる患者さんがゼロになるように、頑張っていきます。
                                            
(by tomoki)
posted by resultsjp at 20:39| Comment(4) | ケニア