2018年06月26日

運動靴輸送に向けて

本日、エチオピア航空を訪問し、イエルガ・アシェナフィ日本支社長と運動靴輸送に向けたお打ち合わせを行って参りました。
エチオピア航空は運動靴輸送プロジェクトの最大の応援団で、前回の大量輸送の際(2017年6月)は、2トンの運動靴を自国ではないケニアにわざわざ輸送してくださいました。

IMG_2209-6e520.jpg
右がアシェナフィ支社長です。

今回もケニアに2トンの運動靴を送るべく、輸送日程などの調整を実施しました。
1日も早く運動靴を子どもたちに届けられるよう、頑張ります。
(はるか)
posted by resultsjp at 15:45| Comment(3) | 情報

結核患者に寄り添うために 〜ケニアのスラム居住区での取り組み〜

マギーは日本リザルツのスタッフです。
817208b5-7ba3-4eb2-b8e0-ecd6249a876d.jpg
看護師としての知識と経験を活かして、カンゲミ診療所を訪れる結核患者の
支援活動をしています。
また診療所での支援だけでなく、結核治療薬をきちんと飲んでいるか、何か困っていることはないか、
家族に感染していないかなど、患者の住んでいる地域の住民ボランティアと協力して患者を見守るのも
マギーの大事な仕事です。

この日、住民ボランティアと一緒に気になる患者の家庭訪問に行くというので、
診療所のあるカンゲミセントラル地区からキバガレ地区までついていくことにしました。

車やオートバイで混雑するバスセンターを抜け、橋を渡り、幹線道路から斜めに伸びる道をまっすぐ
歩いていくとトタン屋根のバラック住宅が見えてきました。小さな丘の斜面を利用して立っている
簡素なバラック群。軒先をやっと抜けられるほどの幅の路地をどんどん降りていった先に
患者の家はありました。
30〜40代と思われる男性患者で土間に直接敷かれた薄いマットレスの上に寝ていました。
投薬治療を中断した患者でかなり衰弱しているようでした。
一人暮らしで寝たり起きたりの患者を支えているのは近所に住む若いお母さんでした。
子供が3人いて忙しいから看病できないわ、と言いながら患者に水を汲んできてくれました。

DOTSという結核治療は薬の処方だけでなくちゃんと服用するところまで目の前で確認する方法で、
結核菌を叩き切るまでに大量の薬を半年にわたって飲み続けなければなりません。
この患者のように途中で治療をやめてしまう患者も少なくありません。
ですから、マギーや地域住民の患者に寄り添って治療の家庭を見守る取り組みの持つ意味は
大きなものがあると思います。
貧困にあえぐスラム居住区の住民に相互扶助の精神を語るのはなかなか難しいですが、
患者に寄り添う仕組みとそれを支えている住民の方たちをまじかに見て心強い気持ちになりました。

Chako
posted by resultsjp at 14:36| Comment(3) | 情報