2018年07月29日

GGG+ フォーラム ケニアに向けて 〜カンゲミ地区の声を届けるために〜

ケニアで初めてGGG+フォーラムが開かれることになり、
カンゲミ地区で実施している結核予防事業では、2月から6月まで
実施した患者への個別の対面聞き取り調査の結果から得られたデータを
元に報告書を作成し、小冊子にして配布することになりました。

747e2064-5575-4f44-9ee3-49472a04b674.jpg
写真はGGG+で配布される小冊子『カンゲミ地区結核患者の声』の表紙


聞き取り調査をした合計100名の患者のデータはGGG+フォーラムの
ケニア人調整員アブタが表のベースを作りコツコツと入力してくれ、
データの数が50を超えてからはGGG+フォーラムの準備会議を始めて
実際に患者に聞き取りを実施した栄養士のポーリーンと住民ボランティア担当の
ヒルダが入力を手伝ってくれました。この表は冊子の中にデータとして折り込む
予定です。

5ヶ月に及ぶ長い聞き取り調査の間には、結核の症状がひどくて苦しんでいた患者が
治療を続けたおかげで完治する嬉しいニュースが入って来ることもありましたが、
治療は順調なのにご主人が亡くなり未亡人になってしまい子どもを抱えて途方に暮れる
患者の話など単純に結核患者という言葉でひとまとめには出来ないという事をつくづく
感じさせられる作業でした。そこで日々患者の声を聞き取っていたスタッフに特に印象に
残っている患者について問題点を掘り下げながら〇〇さんの話というようにストーリーを
書いてもらいカンゲミ地区の患者の抱える個人的な問題や複数の患者の間で共通の問題に
ついて何度も議論を交わしてカンゲミ地区の患者に共通した課題について一つひとつ
まとめて出来たのがこの小冊子です。

時間の制限のある中で本当によく頑張ってくれたことに感謝しながら、開催まで後数日と
なったGGG+フォーラムまで最後までしっかり準備をしていきたいと思っています。

IMG_1663.jpg
写真はスタッフが集まって『カンゲミ地区結核患者の声』の実例や共通する課題について討議しているところ
Chako
posted by resultsjp at 01:46| Comment(3) | 情報

世界トイレ大革命大躍進

2017年7月4日。アメリカの独立記念日に合わせて発足した、世界トイレ大革命から早1年が経ちました。
IMG_1956-011ff.jpg
リンクはこちら。
http://resultsjp.sblo.jp/article/180244159.html

日本リザルツもミセス・トイレ白須のイニシアティブのもと、関係各省庁、国際機関、企業、市民団体の皆さまと、世界トイレ大革命の大成功に向けて、取り組みを進めてきました。
DSC_0196-thumbnail2.jpg
ミセス・トイレこと白須はLIXILのサイトの実地調査もしました。
http://resultsjp.sblo.jp/article/182376109.html

また、GGG+フォーラム2017でトイレを大々的にテーマとして取り扱ったりするなど、世界トイレ大革命チームは一丸となって協議を進めて参りました。
EFBC91EFBC92.jpg
GGG2017の様子はこちら
http://resultsjp.sblo.jp/article/181253046.html
http://resultsjp.sblo.jp/article/181286135.html

そして、なんと、LIXILさんとUNICEFさんがトイレ大革命の促進に向けて、パートナーシップを結ぶことになりました!記者会見には和泉内閣総理大臣補佐官もお越しくださったそうです。

報道各社も大きく取り上げています。

Japan times
https://www.japantimes.co.jp/news/2018/07/26/business/unicef-lixil-join-hands-improve-toilet-access-children/#.W1pd49X7TIW

日経電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33431380W8A720C1XQH000/

新建ハウジング(オンライン)
https://www.s-housing.jp/archives/139932

このほかTBS・NEWS・BIRD(テレビニュース)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3431221.html

ビックニュースを知り、ミセス・トイレ白須、トイレ・ガール小鳥も大変うれしい気持ちでいっぱいです。

これを機にますます、安心・安全なトイレが世界に普及することを願っています。
(はるか)
posted by resultsjp at 01:02| Comment(3) | 情報

ESSUMBA SCHOOL TO BE LAUNCHED ON MONDAY, 30TH JULY, 2018

Essumba village, one of the poorest villages in western Kenya will have something to smile about next week. The village's primary school, which was jigger infested, with dilapidated infrastructure received a generous face lift, courtesy of RESULTS Japan and the Embassy of Japan in Kenya.

The school has been renovated, and new classrooms as well have been erected, something that has made the school just as good a brand new one.

The formerly mud floor classes have been cemented, something that will go a long way in eliminating jiggers, which have for years ravaged the limbs of the young children of that village, who come to seek an education in the facility.

Further, with the support of the Japanese government and a local NGO, RESULTS Japan will conduct a jigger eradication campaign event, where jigger infested people will be treated to kill the parasites living in them.

More than 60 severely affected patients will be treated, with hundreds others to receive treatment, and spraying of their homes to avoid a recurrence of the parasites.

This is part of the larger efforts to improve the general health of the village, whose population is estimated at 5,000.
posted by resultsjp at 00:17| Comment(2) | 情報

GGG+ 2018 DRAWS TO A HOMESTRETCH

The preparations for high level discussions about UHC, which are being organised by the RESULTS Japan are coming to a homestretch, as the actual day draws closer.

The Tuesday meeting will draw high level officials from the Japanese government, as well as from the Kenyan government. The technical discussions will be instrumental in policy making especially in the implementation process for the country's UHC agenda.

The forum will be held at the Nairobi's Jacaranda Hotel for the better part of Tuesday, 31st July, 2018.

The event comes against a backdrop of various activities by the Tokyo and Nairobi based NGO, which aim to inspire community led responses against TB.

Some of the key milestones include heightened active case finding, introduction of new, and rapid diagnostic machine (TB LAMP), a new, state of the art lab facility among a litany of other improvements.

We look forward to a wonderful event with quality and fruitful discussions.
posted by resultsjp at 00:08| Comment(3) | 情報