2018年07月08日

結核患者の多面的経済負担を乗り越えて

7月4日、『ケニアにおける結核患者達とその家族らが背負い込む経済負担の評価』という調査が発表された会議に出席しました。
DSC_0438.JPG

その会議では、結核を患うことで生まれる多面的経済負担が、様々な角度と結核に纏わるストーリーを通して分析され、論じられました。
この調査の目的は、結核患者の経済負担の主要的な動力とその大きさを記録し、結核治療に伴う経済負担を減らすための政策をを導くことでした。
DSC_0432.JPG

自分は、人生の大半を母国である日本で生まれ育ち、国民健康保険などの社会保障に恵まれました。そして、1つの病気で家計が困窮する状況に陥りませんでした。その境遇から今回の会議を通して、以下の質問を投じます。

「もし、人々の年収の5分の1以上が結核により失われたらどうしますか。」

上記の調査では、ケニアの30の準郡で1,353の結核患者達を対象に、上記の調査目標を達成するための情報収集が行われました。その調査結果から、26,041.49ケニアシリングが、対象全体の中間の経済負担の数字として打ち出されました。この数字に含まれる経済負担は、診断にかかる費用、病院までの交通費、生産的時間の消失など多岐にわたります。

ケニアの保健省の発表では、2018年4月時点で全体の33.6%のケニア人が1日2ドル以下で生活をしております。もし、そのような境遇に生きるケニア人が、結核により26,041.49ケニアシリングの経済負担を抱える状況とはいかなるものでしょうか。この調査では、薬剤感受性結核患者が上記の数字に似た経済負担を抱えることが分かりました。一方で、薬剤耐性結核患者は薬剤感受性患者の6倍の経済負担、145,109.53ケニアシリングの経済負担を抱えることが分かりました。その負担は、追加の栄養補給や生産的時間の消失により生まれるものです。

冒頭で述べた質問を当団体がカンゲミ地区で行う結核予防事業に照らすと、どのような反応が生まれるでしょうか。本事業に従事する自分は、カンゲミヘルスセンターに訪れる結核患者のストーリーに耳を傾け続けたいです。そして、カンゲミ地区が抱える特有の課題と人々の持つ可能性を模索し、ケニア国家の社会保障体制と結核患者、コミュニティの人々、地元の保健省などがより繋がっていけるような活動をしていきたいです。

(智貴)

参考資料
・Kenya's First National TB Patient Cost Survey: An Assessment of the Economic Burden Incurred by TB Patients and Their Households in Kenya. the National Tuberculosis, Leprosy and Lung Disease Programme of the Ministry of Health of Kenya, June 2018
http://www.health.go.ke/kenya-prioritizes-universal-health-coverage/ (8th July, 2018)