2018年07月22日

GGG+フォーラムケニア版まであと10日!

Habari gani? (お元気ですか:スワヒリ語)
7月31日(火)のGGG+フォーラムケニア版まで、残すところ10日を切りました。
デニス・アウォリ元駐日大使、現ケニア・トヨタCEOや、ストップ結核パートナーシップケニアの事務局長のエヴァリンさんの全面協力のもと、現在、急ピッチで準備を進めています。

また、開催にあたっては外務省、在ケニア日本国大使館、JICAケニア事務所からもお力添えをいただいております。本当に有難うございます。

こちらが最新のチラシです!
スライド1.JPG
スライド2.JPG

ゲストの方も日本はもちろん、ジュネーブ、ニューヨーク、そしてアンマンなどから遠路はるばる、フォーラムにお越しくださいます。闊達な議論ができる場になるよう、タッグを組むアブタさんはじめ、ケニアチームが一丸となって準備に取り組みたいと思います。

尚、このGGG+フォーラムケニア版を皮切りに、GGG+フォーラム東京を12月3日(月)におなじみのルポール麹町で開催。2019年のTICAD Z、2020年の東京オリンピックと栄養サミットで、より効果的な施策を提示できるようにつなげていきたい考えです。

さて、準備にあたっては、色々と頭を使うことが多いのですが、毎度、自分の足りない点が露呈され、反省する日々です。霞が関の魔法使いどーらにはまだ遠く及びませんが、今回の経験を糧に、少しでも戦略的思考能力(考える力)が身に付けられるよう、小鳥も日々知恵を捻りたいと思います。
(はるか)
posted by resultsjp at 22:51| Comment(3) | 情報

新結核検査所完成に向けて

DSC_0525.JPG

現在、カンゲミヘルスセンターの新結核検査所は建設の最終段階に入っており、近日中に完成いたします。
当センターで働かれている方々に完成間近の知らせを伝えたところ、
「もう出来るの!?」と、驚きと喜びが混じったようなご返答をされました。

DSC_0524.JPG

こちらの建設に長く携わっている方々も感慨深いものがあるのでは、と想像してしまいます。

異なる天候で建設作業がはかどらない時期がありました。
建設に必要な材料の到着が遅れた時期もありました。
ミルクティーとマンダジ(パン)をエネルギーに頑張っておられる時期がありました。
女性も男性も一緒になって重労働に挑んでおられる時期もありました。

DSC_0515.JPG

最後のひと山、怪我無く一気に乗り切って頂きたいです。

(智貴)

タグ:結核
posted by resultsjp at 13:50| Comment(2) | 情報