2018年08月31日

パレスチナ難民の危機的状況

米国トランプ政権が今年1月に拠出額の半分以上を凍結したことで、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)及びパレスチナ難民は非常に苦しい状況に直面していますが、それをさらに悪化させるような事態となっています。米国務省が今月24日、パレスチナに直接提供する予定であった、2億ドルを超える援助金を停止すると発表しました。さらに今月30日には、米国がUNRWAへの拠出金支出を完全に停止すること及び難民認定者を第一次中東戦争発生時に限定し、10分の1以下に減らすよう要求すると決定したことを、米紙ワシントン・ポストが報じました。そういった中、日本政府は今月28日にガザ地区にいるパレスチナ難民100万人の食料支援に充てるため、緊急で6億円を拠出することを決定しました。また今月30日には、9月の国連総会に合わせてUNRWA支援のための会合を開くことが明らかにされました。日本政府には、この危機的状況を緩和し、パレスチナ問題を平和的に解決へ導くために国際社会を主導して欲しいと願います。
UME
posted by resultsjp at 19:46| Comment(3) | UNRWA

第140回GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会

8月30日に外務省で標記懇談会が開催され、結核に関しては次のような内容が話し合われました。

・国連総会結核に関するハイレベル会合の情報共有
・HLPF(ハイレベル政治フォーラム)サイドイベント(結核)の報告
・国連総会へむけた結核に関する市民社会の記者会見(8/30)
・結核のない世界へ ―東京タワーレッドライトアップ−

今年の9月26日に、国連総会結核に関するハイレベル会合が初めて開催されます。日本リザルツでは、この会合に総理大臣が出席し、日本のリーダーシップを発揮するよう提言を強めていきます。
UME
posted by resultsjp at 18:28| Comment(3) | 結核

2018年08月29日

結核関連のニュース

本日、朝日新聞が結核について取り上げていました。国内全体を見ると減少傾向にある結核ですが、日本に在住する外国人で見ると5年間で1.4倍に増加しているという内容です。この20年間で日本国内の外国人比率は2%から9%に拡大しているということですし、日本の結核対策において看過できない問題となっています。

https://www.asahi.com/articles/DA3S13654984.html

国連に加盟する193か国が、2022年にかけて結核対策費を現在の2倍近い年間130億ドルに増額することで合意したというニュースが報じられたばかりですが、SDGsのターゲット3.3に定められたように2030年までにエイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を終息させるためにはまだまだ課題が残されています。

UME

posted by resultsjp at 10:17| Comment(4) | 情報

草の根ロビイング勉強会

8月27日月曜日に日本財団ビルで開催された、標記シンポジウムに参加してきました。
勉強会では、「食品ロスの削減の推進に関する法律案」の今国会での成立に向けた活動を例に取ったロビイングの基礎、アドボカシー団体を支援するプロボノ(専門的知識や技術を公共の利益のためボランティアで提供すること)プロジェクト、NPO等を支援するための弁護士のネットワークといった内容が扱われました。私にとってはとても勉強になるとともに、様々な方がそれぞれの形で社会や人々の生活を良くするために活動をされているという例を知るいい機会となりました。

UME

image1.jpeg
posted by resultsjp at 09:33| Comment(3) | 日記

2018年08月28日

折り鶴づくり

写真は、今日の日本リザルツケニア事務所の様子です。
20180828_102744.jpg
おやおや!?
いつになく職員が真剣な表情で作業をしています。
20180828_123257.jpg
20180828_120557.jpg
20180828_102727.jpg
平和と健康の象徴である折り鶴を作っているのです。
20180828_122745.jpg
筆者も参戦。たくさんの鶴ができました。
折り鶴初体験の現地スタッフアブタさん。最初は悪戦苦闘していましたが、最後は自分一人で折れるようになっていました!アブタさんはきれいに折るために定規を使う工夫もされてました。
素敵な日本へのお土産になりそうです。
(はるか)
posted by resultsjp at 19:46| Comment(3) | 情報