2018年08月21日

GOOD NEWS: 250 MILLION PEOPLE TO ACQUIRE SATO TOILETS.

UNICEF is teaming up with the sanitation company LIXIL to get safe, affordable toilets installed in rural communities across Kenya, Ethiopia and Tanzania to improve health and education outcomes.

This new collaborative measure will realize SDG 6, which mandates improved access to clean water and sanitation for all by 2030.
WhatsApp Image 2018-08-20 at 16.43.32.jpeg
Outreach will focus mainly on rural parts of the country that fall short improved sanitation and water.

SaTo is already serving around 6 million people across Asia and Africa, more effort is needed to infiltrate to the majority of poor world populations that stands at 2.3 billion people who do not have access to clean water and safe toilets.

In Kenya, Ethiopia, and Tanzania, LIXIL representatives will work with communities and families to ascertain which of the SaTo toilets will best fit their needs.

It is of great importance to note these marvellous trends by LIXIL Corporation, as RESULTS Japan we will plan to implement SaTo toilets in Kangemi and other to be earmarked areas as one important aspect of the last phase of our project.

***Dicken***


posted by resultsjp at 00:01| Comment(3) | 情報

2018年08月20日

ケニアの異常気象の話

この度、ケニアで実施している結核予防事業の現場であるナイロビ市を離れて
週末にリフトバレー州にあるナクル湖国立公園を訪れる機会を頂きました。
世界遺産「大地溝帯にあるケニアの湖沼群」の一部となっているところです。
ここは、多いときで数百万のフラミンゴが飛来することで知られていたそうです。
しかし、近年の異常増水によりフラミンゴの食糧である藍藻類の生育量が激減してしまい、
今ではほとんどフラミンゴの姿を見かけなくなってしまいました。

異常気象の影響で、水に浸かってしまったホテルの残骸や、洪水で流されてきた流木群など、公園内には
その爪痕がはっきりと残っていました。

土曜の午後に到着してから、日曜の午前中に帰路につくまでの短い滞在でした。
しかし、国立公園の中を車で移動している間に、大雨となり、道路はみるみるぬかるみ状態に…。
また、翌朝も同じように大雨に降られてしまいました。

東アフリカの気候は、日本の四季とは異なり雨季と乾季に分かれています。
1〜2月と7〜9月は乾期。10〜12月は少雨期。
そして3〜6月は大雨期で1年で最も雨が多い時期です。
ところが8月も中旬を過ぎた現在でも、このように雨が降るのは
やはり異常気象の影響なのでしょうか。
また、ケニアでは例年になく肌寒い日が長く続いているようです。
もしかしたら、これも異常気象の一つなのかもしれません。

chako
posted by resultsjp at 03:23| Comment(3) | 情報

KENYA TO LAUNCH 2019-2023 NATIONAL TB STRATEGIC PLAN

The Ministry of Health, Kenya, has embarked on a new, robust approach to evaluate evidence for informing the next National Strategic Plan on Tuberculosis, Leprosy and Lung Health (2019-2023).

A workshop, convened from April 17- 19 2017, reviewed consolidated national data and incorporated the extensive evidence base of critical studies and surveys on the TB situation. This was done to identify root causes of the epidemic, establish priorities and map out future actions.

strategic-plan-cycle.jpg

Supported by the Bill and Melinda Gates Foundation, the Global Fund, the government of Japan and WHO, the workshop brought together over 50 participants including experts from AMREF, Kenya Medical Research Institute (KEMRI), Stop TB Partnership, USAID.

“Kenya must step up the effort to end TB,” said Dr Maureen Kamene, the head of National TB Programme.

This workshop is a critical first step to review all available evidence and formulate strong national policies for bold actions to end TB in Kenya.

“We highly appreciate this evidence-based, participatory planning process for stronger TB response”, said Mr John Ochero, Senior Fund Portfolio Manager, Global Fund fight against AIDS, Malaria and Tuberculosis.

The workshop comes on the heels of the recent TB prevalence survey which highlighted major gaps in access to care, with more than half of people with TB disease undiagnosed or not notified.

“Kenya has made significant progress towards ending TB, but still faces a high burden of the disease,” emphasised Dr Rudi Eggers, WHO Representative for Kenya.

The National Strategic Plan is expected to be finalized in September 2018.

Abuta
posted by resultsjp at 03:08| Comment(3) | 情報

2018年08月19日

貴重な出会い

先日、元駐日ケニア共和国大使館特命全権大使、現豊田通商アフリカ・ナイロビ事務所の代表、デニス・アウォリ氏に会わせて頂く機会がございました。

DSC_0902.JPG

アウォリ氏を拝見したのは、先日ナイロビで開かれたGGG+フォーラムが初めてでした。
僕は、そこで彼が述べられた、保健分野における民間企業と公共部門の交流・発展の重要性を、当団体の保健活動を推進する上で、とても強く感じました。

アウォリ氏はお忙しい中、とても温かい対応をして下さり、彼の器の大きさに感動しました。

自分自身、豊田通商が行っているような社会問題へのビジネスソリューションも学び、当団体がカンゲミで行っている結核予防・啓発事業に還元したいと改めて思った、貴重な表敬訪問の機会となりました。

(智貴)
posted by resultsjp at 20:22| Comment(3) | 情報

魔法のランプを世界中に

日本リザルツはケニアのスラム街・カンゲミ地区で結核抑止プロジェクトを実施しています。
今期は、老朽化していた結核検査所を改修し、栄研化学のTB-LAMP法の機器をケニアで初めて導入しました。
その様子はこちらのブログを参照:新結核検査所譲渡式
http://resultsjp.sblo.jp/article/184102133.html

え?LAMP法って何?魔法のランプ?というそこのあなた!
このTB-LAMP法、正に魔法のランプのような画期的な結核診断方法なのです。

結核の検査には、複雑な機器の使用をせねばならず、診断結果の精度も低く、また結果が出るまでに長い時間がかかっており、その状況を打ち破ったのがLAMP法です。特長は、使い方が簡単で、コストも低く、短時間で高精度の検査結果が出ることです。

詳しく知りたい方はこちらを参照。
http://www.jata.or.jp/rit/rj/339p11.pdf

この魔法のTB-LAMP法の良さをいかにして、多くのケニアの方々に知ってもらうか?
現地スタッフでアドボカシー活動の考案に取り組みました。

先週の土日に「みんながびっくりするようなLAMP法の啓発活動方法を考えること」という課題を出し、週明けにプレゼンテーションを行いました。

20180813_133955.jpg
20180813_134206.jpg

女性陣からは、子どもへの啓発活動用の替え歌(キラキラ星)、また、衣装を作り、それぞれがランプの精となり、地域で劇を行うというような画期的なアイデアが出ていました。
TB-LAMP王子こと山中も、替え歌やコスチュームのクオリティの高さにびっくりしていました。

ただスピーチだけ行った男性陣は完敗。
20180816_154004.jpg
TB-LAMP法啓発のリーダーのカルヴィンは「啓発活動のコーディネーションは僕が頑張る!」と意気込みを見せていました。

筆者も何かできないかと、現地スタッフのコスチューム作りを行いました。
20180816_154423.jpg
20180816_150833.jpg
みなさん、気に入ってくれたみたいです。

ウエストランズ保健省や各関連団体との調整も終わり、月曜日から本格的にTB-LAMP法の啓発活動が始まります。魔法のランプがケニア、アフリカ中に広がり、結核終焉の足掛かりになることを楽しみにしています。
(はるか)
posted by resultsjp at 01:01| Comment(4) | 情報