2018年08月20日

ケニアの異常気象の話

この度、ケニアで実施している結核予防事業の現場であるナイロビ市を離れて
週末にリフトバレー州にあるナクル湖国立公園を訪れる機会を頂きました。
世界遺産「大地溝帯にあるケニアの湖沼群」の一部となっているところです。
ここは、多いときで数百万のフラミンゴが飛来することで知られていたそうです。
しかし、近年の異常増水によりフラミンゴの食糧である藍藻類の生育量が激減してしまい、
今ではほとんどフラミンゴの姿を見かけなくなってしまいました。

異常気象の影響で、水に浸かってしまったホテルの残骸や、洪水で流されてきた流木群など、公園内には
その爪痕がはっきりと残っていました。

土曜の午後に到着してから、日曜の午前中に帰路につくまでの短い滞在でした。
しかし、国立公園の中を車で移動している間に、大雨となり、道路はみるみるぬかるみ状態に…。
また、翌朝も同じように大雨に降られてしまいました。

東アフリカの気候は、日本の四季とは異なり雨季と乾季に分かれています。
1〜2月と7〜9月は乾期。10〜12月は少雨期。
そして3〜6月は大雨期で1年で最も雨が多い時期です。
ところが8月も中旬を過ぎた現在でも、このように雨が降るのは
やはり異常気象の影響なのでしょうか。
また、ケニアでは例年になく肌寒い日が長く続いているようです。
もしかしたら、これも異常気象の一つなのかもしれません。

chako
posted by resultsjp at 03:23| Comment(3) | 情報

KENYA TO LAUNCH 2019-2023 NATIONAL TB STRATEGIC PLAN

The Ministry of Health, Kenya, has embarked on a new, robust approach to evaluate evidence for informing the next National Strategic Plan on Tuberculosis, Leprosy and Lung Health (2019-2023).

A workshop, convened from April 17- 19 2017, reviewed consolidated national data and incorporated the extensive evidence base of critical studies and surveys on the TB situation. This was done to identify root causes of the epidemic, establish priorities and map out future actions.

strategic-plan-cycle.jpg

Supported by the Bill and Melinda Gates Foundation, the Global Fund, the government of Japan and WHO, the workshop brought together over 50 participants including experts from AMREF, Kenya Medical Research Institute (KEMRI), Stop TB Partnership, USAID.

“Kenya must step up the effort to end TB,” said Dr Maureen Kamene, the head of National TB Programme.

This workshop is a critical first step to review all available evidence and formulate strong national policies for bold actions to end TB in Kenya.

“We highly appreciate this evidence-based, participatory planning process for stronger TB response”, said Mr John Ochero, Senior Fund Portfolio Manager, Global Fund fight against AIDS, Malaria and Tuberculosis.

The workshop comes on the heels of the recent TB prevalence survey which highlighted major gaps in access to care, with more than half of people with TB disease undiagnosed or not notified.

“Kenya has made significant progress towards ending TB, but still faces a high burden of the disease,” emphasised Dr Rudi Eggers, WHO Representative for Kenya.

The National Strategic Plan is expected to be finalized in September 2018.

Abuta
posted by resultsjp at 03:08| Comment(3) | 情報