2018年08月23日

夏の甲子園

今年の夏の甲子園は、大阪桐蔭高校が圧倒的な力で春夏連覇を果たして終了しましたが、今、連日テレビ、新聞を賑わしているのは準優勝の秋田代表、金足農高です。チーム強化の為に有力選手を集めるのが普通に行われているのに、金農は全員地元出身で、地方大会から9人の3年生レギュラーが一度も交代する事無しに決勝まで進み、まるで昭和の時代のチームだと世間の共感を呼びました。
大会前にバスで学校を出発するときは数十名だった見送りが、大阪から飛行機で秋田空港に到着し時には千数百人の大歓迎を受けていました。彼等はすっかり秋田のヒーローになりました。
秋田は高齢化率、人口減少率が全国で最も高い県だそうですが、9名の高校生たちは地元を元気づけただけでなく、猛暑でぐったりしていた全国の人達にもさわやかな風を届けてくれました。

金足農高、おめでとう。そして素晴らしい夏をどうも有難うございました。

HS
posted by resultsjp at 18:28| Comment(3) | 情報

西日本豪雨災害(愛媛県宇和島市吉田町農業復興緊急支援)

  20日から21日まで、西日本豪雨災害の被災県の一つである愛媛県の宇和島市吉田町に行ってきました。100年の伝統を持つという愛媛みかんの有数の産地です。みかんは南向きの日当たりのよい山の斜面で栽培されます。今回の豪雨災害では、多くの園地で実をつけていた樹体が根こそぎ流されたり、潅水・防除用のスプリンクラーや収穫物を平地まで運搬するモノレール・モノラック(トロッコ)などの設備も土砂で流され、使えなくなって放置されたままになっている園地が数多くありました。通常年であれば、この時期は、11月以降年明けにかけて糖度が高くて美味しい高品質果実(早生温州蜜柑がメイン)を収穫するため、樹体上部4分の1を摘果する全摘果作業が各農家でフル回転で行われるのが普通です。然しながら、今年は樹園地復旧作業も同時に実施しなければならない被災農家が多数あります。今柑橘農家は人手も資機材も不足しているのが現状です。
  20日午後からは、宇和島市内で愛媛県庁農林水産部主催の、果樹を含む農業支援対策の説明会がありました。対象は、市町、JA等でしたが、NGO関係者として日本リザルツからも参加しました。NGOとして何ができるのか貴重な意見交換をすることができました。今後、行政やJAによる本格的な支援対策が始まりますが、それと並行して、NGOのフットワークを活かしながら、本格対策への呼び水となるとともに、被災された生産者に対する励ましとなるような支援ができればと思います。なお、週末にかけて、台風20号が四国、中国地方を通過するため、摘果のボランティア事業も中止になり、止む無く帰京しました。更なる被害がもたらされないよう祈るばかりです。
                                   MK 
IMG_1847.jpg

IMG_1870.jpg

IMG_1874.jpg

IMG_1898.jpg
posted by resultsjp at 01:19| Comment(3) | 情報