2018年09月04日

ケニア事務所スタッフHilda(ヒルダ)のブログ記事和訳文

日本リザルツケニア事務所のHilda(ヒルダ)が本日掲示した記事は、ナイロビのごみ問題に関して重要なことを述べていると思いますので、和訳文を掲載します。

ケニアの放置ごみが人々の健康を脅威にさらす

野積みされ、放置されたごみは環境にとって非常に危険であり、その悪影響について皆が知っているにもかかわらず、誰も自分の生活環境を守るための早急な対策を取らず、見ないふりをしています。

現在、至るところで汚染が極めて進んでいるため、私達はほとんど考えなくなるという危険な状況となっています。一方では、工業の急激な発展が環境に負荷をかけており、対策が必要とされています。

経済の急速な成長において工業は重要な役割を果たしますが、過度の工業発展や不適切な管理は環境に負の影響を及ぼします。工業発展の適切な管理により、経済と環境によりよい結果をもたらすことが可能となります。

全ての政府は、環境に対して無責任な者を取り締まるべきです。あらゆるものが環境にとって価値のあるもので、大切にしなくてはならないということを忘れてはなりません。

私達は自分自身を救うために環境を守らなくてはなりません。そのことが、将来の世代を救うことにもつながるのです。


現在、JICAや八王子市(人口50万人以上の日本の市の中で1人1日あたりのごみ排出量が最小)等が、開発途上国におけるごみ問題の改善に向けたプロジェクトを展開しています。工業と経済の急激な発展に伴う公害を克服してきた日本の経験や技術を、より一層世界のごみ問題改善に役立てていけたらいいと思います。
UME
posted by resultsjp at 17:52| Comment(3) | ケニア

中国アフリカ協力フォーラム

9月3日から、北京でアフリカ諸国53か国首脳が一堂に会し「中国アフリカ協力フォーラム」が開催されている。これは、現在繰り広げている米国と貿易競争が混沌とする中、習近平国家主席が主導する一帯一路政策にアフリカ諸国の参加を呼び掛けることで、国の勢力を拡大させることが狙いである。
開幕にあたり、周主席は演説しアフリカに無償援助150億ドルを含む総額600億ドル(約6.6兆円)の拠出を表明した。また、これまでの借款を2018年末迄に償還できない一部の国に対し、債務を免除する方針も示した。

中国のアフリカ進出においては、資源の確保、製品の輸出先拡大を目的とする「新植民地主義」との批判があり、それに関連した問題も起こっている。ジブチ等ではエチオピアと結ぶ鉄道を建設したが、対中債務が膨張し、同国の対外債務は約8割が中国のものだ。中国はアフリカに限らず一帯一路政策をアジア各国でも推進しているが、スリランカは対中債務の返済に窮し、港湾の使用権を中国に渡している。マレーシアは、中国からシンガポールを結ぶ高速鉄道計画を計画したが、膨大なコストに見合うだけの利益が見込めない事を理由に中断した。

日本リザルツが現在プロジェクトを行っているケニアでも、中国の出資で港湾都市モンバサと首都ナイロビを結ぶ長距離鉄道が開通したが、国立公園を通過する事や、ライオンがひかれて死亡した事故等が指摘されている。

日本政府関係者は中国がアフリカ諸国への影響力を強めている事に懸念を深めている。そして来年8月に日本で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で自国の国益を優先するのでは無く国際社会と連携しながら協力の「質」を売りに信頼度で勝負する、と話している。日本政府には人道支援などを含め、その国の発展、真の利益を考えた国際協力を望む。

HS

posted by resultsjp at 11:14| Comment(3) | 情報

UNMANAGED WASTE IN KENYA STILL POSES HEALTH THREATS

Open and unmanaged waste is very dangerous to our environment and everyone knows about the bad effect of waste but do not take immediate steps to save their living area and they remain ignorant.

asasasasa.jpg

At present, the real situation is so dangerous that we hardly think because everywhere is polluted extremely. On the other hand, immense Industrial growth has a burden on the environment on the other hand and therefore the environment needs to be saved.

Though industry plays an important role in the rapid growth of the economy, excessive and poor maintenance set up a negative impact on our environment. A proper management of industrial growth can bring us a better output in our economy and our environment.

Every government should impose laws on those irresponsible to the environment. It is significant to remember that everything is valuable to the environment and therefore need to save it.

For saving ourselves we should save our environment so that we can save our future generation.

Hilda
posted by resultsjp at 04:24| Comment(2) | 情報

日本リザルツの活動がウエストランズ準郡保健省の報告書に!

先日、ウエストランズ準郡保健省の医療責任者であるアズマ先生から、日本リザルツの活動に対する報告書をいただきました。

以下の文書が、その報告書の内容となります。

日本リザルツは、在ケニア日本国大使館による支援で、3年事業「ナイロビ市のスラム居住区におけるコミュニティ主導の結核予防・啓発活動の拡大支援」を、ナイロビ郡保健省と行っているNGOである。

日本リザルツは、事業の2期目に結核検査所を建設し、ケニアで初めての結核LAMP法を導入した。
結核LAMP法は、一時間以内の手動による分析作業で、結核の検査結果を確認することが出来る方法である。
WHO(世界保健機関)は、肺結核の兆候や症状がある大人に対し、結核ランプ法を顕微鏡による塗抹検査の代用として推奨している。
結核LAMP法の導入により結核を素早く診断出来ることは 、早期発見・治療に繋がり、WHOの結核根絶戦略を導くことができる。
結核LAMP法は、結核の診断を簡単に素早く、正確に行うことが出来る。これは、カンゲミおよびナイロビ郡政府にとって大きな利益をもたらすことになるだろう。


PHOTO-2018-08-01-19-41-03.jpg
アズマ先生は、写真の左側にいらっしゃるお方です。

(智貴)
posted by resultsjp at 00:29| Comment(2) | 情報