2018年09月18日

ケニアスタッフの投稿文

日本リザルツケニアスタッフ、Calvinが投稿した文を和訳したものをご紹介します。

孤児や弱い立場に置かれた子どもたちの健康保険加入


ナイロビ州にある医療保健組織、国家病院保健基金(NHIF)は、ユニバーサル・ヘルスカバレッジ達成への取組みとして、2019年までに36万人以上の孤児や弱い立場におかれた子どもたちを健康保険に加入させることを目標に掲げました。
健康保険補助プログラム(HISP)を通じて、年間20億ケニアシリング(約22億円)が支出されます。
NHIFは現在、経済的な理由で保健サービスを利用することができない、貧しい人や立場の弱い人を対象とした健康保険補助プログラムを実施しています。
HISPは、労働・社会保障サービス省により見出された孤児や弱い立場に置かれている子どもの世帯を対象としており、NHIFの保険料を政府が拠出することで、NHIF国家計画で定められた良質な保健サービスを確実に受けられるようにしています。
この資金援助を通じ、NHIFの支援を受ける世帯数は2014年の21,000世帯から2018年6月には181,000世帯へと増加しました。
ケニアには極度の貧困状態に置かれた人がおよそ900万人いることから、NHIFはより多くの貧しい世帯や弱い立場にある世帯へ手を差し伸べることで、UHC実現へ向けた政府の取組みに対する支援を続けていきます。

Calvin Ouma


この取組みを通じ、取り残されてきた人々が安心して保健サービスを受けられるようになることで経済的自立へ向かってゆけるといいと思います。
UME