2018年09月26日

安倍首相、ガザの教師を招聘へ

日本リザルツは国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の事務局をしています。
今日はとても前向きなニュースが入ってきましたので、共有させていただきます。

安倍首相 ガザ地区教師10人を日本へ招へいへ (毎日新聞)
安倍晋三首相は25日の国連一般討論演説で、来年初頭にパレスチナ自治区ガザの小中学校の教師約10人を初めて日本に招き、平和教育研修などを行う考えを示した。

 事業は来年初頭を皮切りに毎年実施する方針で、研修のほか、原爆の被爆地・広島訪問や国内の小中学校の訪問などを計画している。首相は演説で「20年たつと訪日経験を持つ先生は200人になる。彼らに教えを受けた生徒の数は数千人に達するだろう」と語った(了)。

1年で受け入れる数は10人ですが、継続すると20年で200人もの先生が訪日経験を持つことになります。戦後、平和な国づくりに邁進してきた日本の知見が活かされると嬉しいですね!

(はるか)
posted by resultsjp at 22:00| Comment(3) | 情報

サンキューセミナー開催

本日午後12時半〜、サンキューセミナーを開催しました。
写真はケニア帰りの長坂が、スラム街の結核事情について話しているところです。
unnamed.jpg
この後、浅野理事長が栄養・食事についてお話をされました。
IMG_2948.jpg
みなさん、勉強になったと大好評でした。
(はるか)
posted by resultsjp at 16:13| Comment(3) | 情報

衛生環境改善には皆が関わるべきです

24日にケニアスタッフHildaが掲示した記事の和訳文をご紹介します。

公立小学校の児童数増加により、衛生設備不足が発生しています。ケニアには21,718の小学校があります。
ナイロビには公立の小学校及び幼児教育センターが225あります。それら施設の大半には、非常に粗末な衛生設備しかありません。
子供たちには清潔なトイレ、安全な飲料水、十分な手洗い場、清潔な周辺環境や保健衛生教育といった基本的権利があります。
研究結果から、ケニア単独で年間17,000人の子どもたちが衛生環境に起因する病気で亡くなっているということが分かっています。5歳以下の子どもにおいては下痢が最大の死因で、発展途上国において毎年150万人の命を奪っています。
衛生環境が原因で病気になった子どもたちは、授業を休みがちで、結果として勉強で遅れを取り、試験結果が悪くなる傾向があります。
学校に適切な衛生環境を整えることで、授業を休む子どもがいなくなり、授業中の集中力が高まり、究極的には試験結果が改善するという成果が得られています。
私の意見として、適切な衛生環境の鍵となるのは、清潔な水へのアクセス及びトイレや水道設備といった衛生設備の整備状況であると思います。公衆衛生事務所の主要な任務は、ほとんど手をつけて来なかった分野について適切な衛生基準を設けることです。
清掃員がいたとしても、学校はトイレの清掃といった作業に児童を参加させるべきです。そのことにより、衛生環境に起因する病気との闘いに大きなインパクトを与えることができます。

Hilda

行政などに頼るだけでなく、全員で衛生環境改善に取り組むという姿勢は重要であると思います。自分達も衛生環境の改善に向けて何かできるという意識を子どもたちが持ってくれたら、将来へ向けた非常に大きな力となると感じました。
UME
posted by resultsjp at 13:49| Comment(3) | ケニア

結核に関する国連総会ハイレベル会合

24日にケニアスタッフCalvinが掲示した記事の和訳文をご紹介します。

ニューヨークの国連本部で開催される「結核に関する国連総会ハイレベル会合」に、国家元首、政府代表者、結核関係者、NGO等が参加します。
2018年9月26日に開催される会合のテーマは、「団結して結核を終息させる:地球規模の伝染病に対する世界の緊急対応」というものです。
この会合は、結核に対する取組みを加速させ、患者を含め影響を受けている全ての人に予防及び治療のサービスを届けることを目的としています。
WHOの統計によると、昨年1,000万人が新たに結核を発症したとされています。640万人は各国の公式な報告システムに登録されたものの、360万人は診断を受けていないか、結核と診断されたにもかかわらず報告されていないということです。
会合の主な目的は、よりよい報告のツール、診断法、予防・治療・管理へのアクセスにより、報告がされないという人をなくすことです。
話し合われる内容としては、次のものが挙げられます。

1.取り残された人に手を差し伸べる:結核診断、治療及び予防における格差をなくす。
2.世界で最も多くの犠牲者を出している感染症を終息させるために投資する。
3.結核を終息させる技術革新:新たな器具や手法
4.成功への連携―公平で人間中心の、人権に基づいた対応における地域の役割

発展途上国、特にアフリカ各国は、地域における結核との闘いに活かすことを念頭に、ハイレベル会合においてどのような宣言がなされるか期待しています。

Calvin


今回が結核に関する初の国連総会ハイレベル会合ということで、どのような成果を上げられるか、いかにその勢いを開催後に維持、加速して行けるかということを念頭に、市民社会も様々な取組みを行ってきました。会合の成果に注目したいと思います。
UME
posted by resultsjp at 13:27| Comment(3) | 結核