2018年09月29日

WORLD LEADERS COMMIT TO FIGHT TB GLOBALLY

sgsgsg.jpg
World leaders in the UNHM reaffirmed their commitment to end the global tuberculosis epidemic by 2030, unanimously adopting a political declaration committing them to accelerate national and collective actions, investments and innovations in fighting the preventable disease.

Through the Declaration titled “United to End Tuberculosis: An Urgent Global Response to a Global Epidemic” and adopted at a high level meeting on the issue Heads of State and Government recognized that TB disproportionately affects developing regions and countries.

Given the strong association between tuberculosis and HIV, leaders also committed to fostering coordination between programmes for both diseases.

On the question of funding, overall global investments for ending TB at least $13 billion annually by 2022 and seek $2 billion for closing the estimated $1.3 billion annual funding gap in tuberculosis research were committed.

Further, leaders requested the Secretary-General, with support from the World Health Organization (WHO), provide a progress report in 2020 on global and national progress to achieve agreed upon TB goals within the context of achieving the 2030 Agenda for Sustainable Development.

Tedros Adhanom Ghebreyesus, Director General of the World Health Organization, said TB is among the top 10 causes of death, with the rise of antibiotic resistance making the threat more dangerous. In early 2018, WHO launched an initiative to treat all 40 million people in need of care by 2022,

Aaron Motsoaledi, Minister for Health of South Africa and Chair of Stop TB Partnership, said TB is fundamentally an issue of social justice: a litmus test of the world’s commitment to fighting poverty one that it is failing.

The high level meeting also featured two panel discussions: one on TB prevention, diagnosis, treatment and care, and the other on financing.

Bill Gates, Co Chair of the Bill and Melinda Gates Foundation, and Aisha Buhari, First Lady of Nigeria and Joint United Nations Programme on HIV/AIDS Special Ambassador and Ambassador of the Stop TB Partnership, delivered keynote addresses.

Abuta
posted by resultsjp at 20:54| Comment(3) | 情報

カンゲミ地区でのゴミ箱設置調査

現在、日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区で結核抑止を達成するために公衆衛生改善に力を入れています。その取り組みの一つとして、私達はカンゲミ地区にごみ箱を設置し、住民が自ら街をきれいにするための啓発活動を行っています。先日は、ウエストランズ保健省の医療責任者、カンゲミ地区長と共にゴミ箱の設置場所を決めるために調査を行いました。

DSC_1558.JPG
こちらは、マタトゥと呼ばれる地元のバスが停車する場所です。人が多く集まるバス停などはごみのポイ捨てが行われやすいです。

DSC_1555.JPG
こちらは、カンゲミ地区の市場付近です。多くの人々が行き交う場所にごみ箱を設置で、より効果的に啓発活動を行えます。

DSC_1563.JPG
30分以上歩いてたどり着いたこの場所は、大きな池のようなものがあり、住民がそこにごみを捨てています。この日、住民がごみが溜まった池の水を汲んで生活しています。人々の健康のためにもポイ捨てを無くすよう変えなければいけないと思いました。

日本リザルツケニア事務所では、今回の調査を基に選定した場所にゴミ箱設置を行い、公衆衛生改善に向けた啓発活動を行っていきます。
(智貴)



タグ:結核 ケニア
posted by resultsjp at 18:47| Comment(3) | 情報

グローバルフェスタ(関係者行脚編)

9月29日のグローバルフェスタでは、多くの関連団体の方がブースを出店していました。
EE6A1B6B-809C-4DFF-A613-76D68203C051.jpeg
ケニア青年海外協力隊の方たちと。貴重な情報交換の機会になりました。

1DB7E766-7056-464F-9859-BD56463FD326.jpeg
ヤマハ発動機さん。アフリカでバイクを使ってワクチンのワンマイルアプローチをしています。
3AD068CA-6270-4E92-A4B7-6A67464678C0.jpeg
ケニアのプロジェクトでお世話になっているサラヤさん。来年は一緒にケニアの子どもに手洗い啓発活動をする予定です。
B863F75F-92E6-478F-8DE2-E2FD103C21B0.jpeg
そして...味の素ファンデーションの栗脇様も
ブースにいらっしゃいました!栄養、一社関連で大変お世話になっています。
青いさわやかなユニフォームがお似合いです。

色々な方にお会いでき、有意義な時間を過ごせました。
(はるか)
posted by resultsjp at 14:26| Comment(4) | 情報