2018年10月01日

グローバルフェスタに初めて参加して

 グローバルフェスタに初めて参加しました。まずは準備です。配布資料のビニール袋への封入作業を行いました。無事、開始時間の10時前には間に合いま、そこから会場回りです。ボランティア参加の家内と回りましたが、資料手渡しは家内の方が上手でした。午後からは、ブースで訪問者への対応も行いました。LAMP法の優れた診断技術を国内にも推進したらいかがかというアドバイスを女性の訪問者からいただきました。また、会社内の健康診断でも結核検査を行ってはどうかというご意見もいただきました。なるほど、目から鱗です。
    ほかにも、夕方には雨の中、リザルツの活動内容について高い関心をもって熱心に質問を頂いた紳士もおられました。代表からは、ODAの現状などのご指導も入りました。外務省幹部の方も立ち寄られ、かなり緊張する場面もありました。
    雨が強まる中、会場の撤収作業を急いで行い、事務所に無事帰還しました。来年は、今年の経験を活かして2日間フルに活動したいものだと思いました。ご指導ご協力、ありがとうございました。                                                            MK    

IMG_1005.JPG

IMG_1006 (2).JPG

IMG_1031.JPG
                                                      MK
posted by resultsjp at 12:02| Comment(3) | 情報

グローバルフェスタ 骨髄バンク様有難うございました。

9月29日土曜日にお台場で開催された、グローバルフェスタに参加しました。今年は台風接近を受けて日曜日が中止となり、土曜日も雨が降る中の開催でしたが、大勢の来客があり、1,000部用意したチラシもあっという間になくなってしまいました。
ブースにもお客様がいらっしゃり、熱心に話を聞いていかれました。全国骨髄バンク推進連絡協議会からいただいたキティちゃんのティッシュペーパーがまだ残っているか聞きに来られた方には、人気の高さに驚かされました。
来年はいい天気であって欲しいと思いました。


IMG_1026.JPG

IMG_1025.JPG

IMG_1020.JPG


UME
posted by resultsjp at 10:01| Comment(3) | 日記

北海道胆振東部地震及び台風第21号による農林水産関係被害への支援対策について

平成30年9月28日付農林水産省プレスリリースで、標記の対策が発表されました。このうち、農業関連について、下記の通り紹介いたします。

5 農業用ハウス、共同利用施設等の導入の支援
(1)被災農業者向け経営体育成支援事業を発動し、補助上限額及び対象地域の制限を撤廃し、農業経営に必要な農業用ハウス・農業用機械等の再建・修繕(被災した施設の撤去を含む。)に要する経費を助成します。
なお、補助率は10分の3から2分の1に引上げます。(ただし、園芸施設共済の対象となる施設については、共済加入の場合は共済金の国費相当額を合わせて2分の1、共済未加入の場合は10分の4とします。)
(2)被災を機に作物転換や規模拡大に取り組む産地に対し、簡易な農業用ハウスの設置に必要な資材導入や農業機械等のリース導入に要する経費を助成します。
(3)被災した共同利用施設(集出荷施設、乾燥調製貯蔵施設、家畜飼養管理施設等)や卸売市場等の再建・修繕や、再建の前提となる損壊した施設の撤去等に要する経費を助成します。

6 営農再開に向けた支援
(1)被災により、水田活用の直接支払交付金(戦略作物助成、産地交付金)、畑作物の直接支払交付金(ゲタの面積払)の対象作物の本年産の栽培の継続を断念せざるを得ない場合にあっても、それぞれ交付金の対象になることを周知します。
(2)被害果樹・茶の植え替えや、これにより生ずる未収益期間に要する経費、被害果実の利用促進に必要な経費を助成します。
(3)被災に伴い必要となる追加防除・施肥、追加的な種子・種苗確保、被災した集出荷施設等における代替鉄コンテナの確保等による機能回復、他の集出荷施設等への農作物の輸送等に要する経費を助成します。
(4)被災した酪農・畜産農家の経営継続を支援するため、以下のとおり対応します。
(ア) 乳牛に対する乳房炎の治療・予防管理等に要する経費を助成。
(イ) 停電時に緊急的に行った非常用電源の確保等に要する経費を助成。
(ウ) 簡易畜舎等の整備、畜舎や機械等の簡易な修理等に要する経費を助成。
(エ) 被災家畜の避難・預託、死亡・廃用家畜に係る家畜導入を支援。
(オ) 自給飼料の品質低下を抑制するための発酵促進剤や不足する粗飼料を購入する場合に要する経費を助成。
(カ) 酪農ヘルパーの被災農家への出役を支援。
(5)被災した畜産農家の資金繰りを支援するため、肉用牛肥育経営安定特別対策事業(牛マルキン)、養豚経営安定対策事業(豚マルキン)における生産者積立金の納付免除、肉用子牛生産者補給金制度における生産者負担金の納付期限延長、鶏卵生産者経営安定対策事業における積立金の減額等を実施します。
(6)専門家が被災農業者を個別に訪問して、農業経営の再開に向けた相談活動を実施します。

7 被災農業者の就労機会の確保
災害復旧の円滑な実施と就労機会の確保の観点から、災害復旧事業等における被災農業者の就労を促進します。

8 農地・農業用施設の早期復旧等の支援
(1)損壊等の被害を受けた農地周りの小規模な水路等の地域共同による復旧活動を支援します。
(2)被災地域において、農業水利施設等の復旧と併せて行う水管理・維持管理の省力化や長寿命化対策、防災減災対策等の取組に対して支援します。
(3)被災地域において、農地等の復旧と一体的に行う大区画化、畑地化などの耕作条件の改善や、高収益作物への転換等を図る取組に対して支援します。
(4)被災した鳥獣被害防止施設の復旧・再整備を支援します                                                                      MK


posted by resultsjp at 09:13| Comment(2) | 情報