2018年10月03日

農家の人達がたんぱく質生産の増加を探る

ケニアスタッフPaulineが掲示した記事の和訳文をご紹介します。

ケニアの農家たちは、国の主食であるトウモロコシの生産を主な収入源としています。

ところが、それは変わり、現在多くの農家たちが動物飼料の生産を取り入れています。これは、地域における乳業の高い需要を満たすためです。

飼料は、動物にとって栄養価が高く、乳製品の生産力が向上するということが発見されました。

これは、農家の人達が農業地域ででんぷん質食品を生産することに加え、コミュニティのほとんどの人達が牛乳を低価格で入手できるようになるという点で、栄養状態の向上に寄与するたんぱく質生産に貢献することを意味します。

これは、地域の栄養不良を改善するという点から農家発の推奨事例というべきもので、国全体の農家たちがその例にならうべきです。

Pauline
posted by resultsjp at 17:08| Comment(3) | 情報

2018年世界トイレの日

ケニア・スタッフDickenが投稿したブログ記事の和訳文をご紹介します。

今年の世界トイレの日は、2018年11月19日に恒例行事として執り行われます。このトイレの日は、国際的な下水道施設危機への取組み活動を啓発するために国連が定めたものです。

トイレの日へ向けた準備は、始まっており、同様に覚書も形作られている状況にあります。

世界人口は、トイレ不足に直面しています。45億人が、衛生管理が充分になされていない下水道施設で生活しています。衛生管理の整っていない人々の割合は、世界人口の62.5%です。

世界衛生の注目日に対する準備の中で、水不足と世界トイレの日は、「自然が呼んでいる。」と呼ばれるキャンペーンを立ち上げました。

その声明はこうです。自然が呼んでいる時、我々は、その声に耳を澄まし、行動しなければならない。

世界の特に発展途上国の100万人の人々は、屋外で排泄し屋外で処理しています。このキャンペーンは、我々は、生態系と調和して機能するトイレを造らなければならない。と提唱しています。

6の持続可能な開発目標管理の確立へ向けて、世界は、2030年までに下水施設を改善し、下水施設と飲料水の可能性と継続的管理を獲得する必要がある。

もしこれが、明確に良識的に調査されなければ、2030年行動指針とはかけ離れた壊滅的な公衆健康危機が起こるであろう。

キリマンジャロの白い雪
posted by resultsjp at 13:42| Comment(3) | SDGs

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、アフリカの健康や教育への投資計画立案

ケニア・スタッフDickenが投稿したブログ記事の和訳文をご紹介します。

2018年9月18日に発表されたリポートによると、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、極貧や飢餓から脱出するために、アフリカの若い人々への投資が必要だと指摘した。

若者たちの意識を高めていくものとしてリポートが浮き彫りにした重要な分野は、HIV感染の克服、金融包摂、学校教育の改善、急激な人口増加抑制のための家族計画の見直しであろう。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、現在増加する若年層が、この進歩を加速できる可能性があると楽観的である。アフリカでの若者の健康と教育へ投資することで、生産性やイノベーションが加速され、かつて貧困減少の第1波が中国に、第2波がインドへやってきたように、「第3波」が、アフリカにやってくる可能性があるのだ。

レポートと関連し、ビル・ゲイツとメリンダ・ゲイツは、国連総会の間、ニューヨークにおいてゴールキーパーのイベントを共同開催する。

9月26日、政府やビジネス、テクノロジー、メディア、エンターテイメント、非営利部門における活動的な若きリーダー達が集まり、イノベーションについて語り合い、グローバルゴールに対するアプローチについて、意見を交わすのだ。

ケニアの若者達は、フォーラムで指摘された。

キリマンジャロの白い雪

posted by resultsjp at 13:05| Comment(3) | SDGs

カンゲミ地区における結核抑止啓発活動

DSC_1571.JPG

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区での結核抑止啓発活動に力を入れています。
啓発活動の効果もあり、ウエストランズ保健省の結核専門家によると、カンゲミヘルスセンターを訪れる結核患者の数は他のクリニックと比べて多いそうです。
保健省の方から、日本リザルツがカンゲミヘルスセンターでの結核検査所の建設や結核検査LAMP法の導入を行ってくれたことには感謝しているが、コミュニティでの結核に関する啓発活動にもさらに力を入れてほしいという要望がありました。
そこで、私たちは、結核抑止啓発活動の効果を上げるため、活動に使うTシャツを作りました。
異なる配色で、人の目を引くように工夫しました。また、シャツの表面には、ケニアで結核予防活動時によく使われるスローガンを入れました。
啓発活動は、老若男女問わず多くの住民に行っています。日本リザルツケニア事務所では、一人でも多くの人に結核について学んでもらえるよう、日々工夫していきたいと思います。

(智貴)
posted by resultsjp at 00:55| Comment(3) | 情報