2018年10月07日

NAIROBI COUNTY TO START FREE HEALTHCARE SCHEME FOR THE POOR FAMILIES

Healthcare-for-Nigerians.jpg

The Nairobi City County government is set to unveil a new medical scheme aimed at cushioning poor and vulnerable city residents against costly health services in county hospitals.

This comes after City Hall announced that it will partner with the National Hospital Insurance Fund (NHIF) to cover poor households to ensure they get quality and free medical services in the four county hospitals of Pumwani, Mama Lucy, Mbagathi and Mutuini.

Governor Mike Sonko said that his administration is determined to ensure city residents access quality and affordable health services at the various hospitals in the county at a knock-down fee.

“We will partner with NHIF to ensure quality and affordable healthcare services are offered in our county hospitals. This is also in line with and in support of President Uhuru Kenyatta’s Big Four agenda, especially on health, as it will offer accessible healthcare to the public,” said Governor Sonko Saturday.

He said that to fully realise his administration’s plans, there are plans afoot to transform Pumwani Maternity Hospital by modernising it to ensure improved maternal healthcare for mothers.

Abuta
posted by resultsjp at 15:58| Comment(3) | 情報

リザルツ国際会議(2日目)山中編

先日、リザルツ国際会議の2日目に出席しました。この日は、アドボカシー活動のモニタリングと評価方法について学びました。以下の点は、講師の方々が強調して話していた内容です。

1. 物事に対する評価基準を定めるためには、人々の持つ仮説についてそれぞれ定義をする必要がある。
2. 活動の計画や結果を測るためには、変革の理論(セオリー・オブ・チェンジ)を形成することが重要である。
3. 効果的な活動計画を立てるためには、ステークホルダーと議論を重ねることが重要である。
4. 活動の結果を測る指標は、大きすぎてはいけない。
この日は、アドボカシーのモニタリングを行っている専門家の方々から、活動を効果的に計画・実行していくための方法を教えてもらいました。日本リザルツケニア事務所で結核アドボカシー活動をしているので、この知識を実践で活かせるように頑張りたいと思います。
(智貴)

DSC_1763.JPG

DSC_1764.JPG

DSC_1765.JPG



posted by resultsjp at 05:00| Comment(3) | 情報

リザルツ国際会議(1日目)山中編

先日、リザルツ国際会議の1日目に出席しました。ここで私が学んだ重要な点をまとめてみました。

1. 国連ハイレベル会合で結核が議論され、政治的コミットメントが出たことの重要性が指摘された。
2. 来年2019年は、Global Fundの資金拠出が決まる年である。
3. ザンビアでは、156人の国会議員のうち、75人が結核議連に所属している。
4. ザンビア結核議連は、Global Fundとは連携がない。出席議員から繋がりを求める声があった。

5. 来週、世界銀行がHuman Capital Indexを発表する。
6. ODAの総額を2倍にすればSDGsが達成できるか、という問いに対し反対の意見があった。資金額ではなく、支援方法が重要であるからだ。
7. 政府開発援助と国内資金動員が相乗効果をもたらし、人々のために働く社会の仕組みを作らなければいけない。
8. 2020年に、成長のための栄養サミット、東京オリンピックなどのイベントが行われる。それに向けて、ACTION Partnerが関連団体と連携を高めていくことが重要である。

一連の議論を通じて、国際機関や市民社会が世界規模で取り組んでいる結核抑止の活動の流れを学びました。ケニアで結核抑止事業に携わる私にとって、とても実りある一日でした。
(智貴)

DSC_1715.JPG

DSC_1721.JPG

DSC_1725.JPG
posted by resultsjp at 03:57| Comment(3) | 情報