2018年10月08日

KENYA GOVERNMENT TAKES OVER ASALs SCHOOLS FOOD PROGRAMME

The Government of Kenya formally took over today from the United Nations World Food Programme responsibility for providing lunches to 1.6 million school children in arid and semi-arid areas of the country.

Since the 1980s, school meals in Kenya have been the joint responsibility of WFP and the Ministry of Education.

“WFP is extremely grateful to the Government of Kenya for taking up this noble responsibility. We know that school meals are one of the most important and dependable safety nets for children and their families in Kenya,” said WFP Country Director and Representative Annalisa Conte.

“They are a powerful incentive for families to invest in education, despite their livelihoods being under stress. A daily hot lunch means more children attend school, they stay the whole day and get an education that helps them become more productive in future.”

Conte was speaking at a ceremony in Isiolo County to mark the formal handover of school meals to the Ministry of Education. Conte stressed that WFP is grateful to all its donors who made school meals possible in Kenya for close to four decades.

Dr. Richard Belio Kipsang, Principal Secretary of Education, said at the ceremony on behalf of the Cabinet Secretary for Education, Dr. Amb. Amina Mohamed: “As the Ministry takes over from WFP, we are aware of the importance of this programme.

We are also conscious of the challenges that need to be addressed to ensure the continued success of the programme.
Hilda
posted by resultsjp at 22:07| Comment(3) | 情報

Nairobi Water and Sanitation Boosted by African Development Bank.

The Ministry of Water and Sanitation has received 45 billion Kenyan shillings in grant from African Development Bank (ADB) that will be utilized to increase water coverage from 60 percent to 80 percent in Nairobi city.

Water and Sanitation Cabinet Secretary Said the grant will go towards supplying more water to Nairobi residents who don’t have access to the commodity.

On Wednesday October 3, 2018, the cabinet secretary of water and sanitation said that the project will produce additional 140,000 cubic metres which will benefit 1.3 million Kenyans and create at-least 150,000 jobs for Kenyans.

The project which will be complete in December 2019 is a positive move towards the realization of 100% supply of water to Kenyans by 2030. The project is located in central Kenya but will be replicated to other drier parts of the country also.

This boost in water supply to Nairobi will bring joy to residents who are struggling with inadequate water that is not safe in most cases. This will enhance sanitation at large and improve health of people in return.

Dickens

posted by resultsjp at 21:52| Comment(3) | 情報

FOSTERING A CLEANER NAIROBI


While marking the Nairobi environmental day, Nairobi Governor declared that every first Saturday of the week will be dedicated to cleaning up Nairobi city.

He later launched the monthly clean up in Kayole on Saturday. This will be carried out by Nairobi citizens, private sectors and the county government.

The aim of the monthly clean up is to restore the city’s lost glory as the “green city in the sun”.

nn.jpg

Pauline
posted by resultsjp at 21:47| Comment(3) | 情報

KENYA’S BREAKTHROUGH IN NEW TB DRUGS.


Much as WHO approved new Tuberculosis drugs in 2013, Bedaquiline and Delamanid, only a few patients are using them in the country.

Bedaquiline and Delamanid were approved in US to treat patients with extremely drug-resistant tuberculosis (XDR-TB) and Multi-drug resistant tuberculosis (MDR-TB). World Health Organization (WHO) recommends either of them to MDR-TB regimen.

The Head of Division of Leprosy, Tuberculosis and Lung Disease (NTLD) in Kenya Dr. Maureen Kameme, says that only patients with XDR-TB are chosen for the drug pilot.

Data from the National Tuberculosis, Leprosy and Lung Disease programme shows that Kenya recorded 3,000 cases of drug-resistant tuberculosis.

However, there are plans to expand prescription to patients with MDR-TB, with 300 to 500 patients expected to put on the drugs every year.

Kenya through the National Tuberculosis, Leprosy and Lung Disease Programme has established to Put 650 patients on new drugs by the end of the year.

A dose of both Bedaquiline and Delamanid costs Kshs.50, 000, the TB programme have embarked on a small number of patients this year and it is looking forward to enrolling more patients in the coming years gradually.

Currently, Kangemi Health Centre has two MDR-TB patients, one is almost finishing treatment and the other one was admitted at the TB clinic last Month. All due processes and procedures are underway to be enrolled in the National TB programme with the new regimens.

Calvin



posted by resultsjp at 21:36| Comment(3) | 情報

ナイロビカウンティが貧しい世帯への無償医療サービスを開始

日本リザルツケニア事務所のアブタさんが投稿して下さった記事の邦訳を紹介します。

ナイロビカウンティ政府は、貧困層など特に取り残されている住民が、カウンティ内の病院で医療サービスを受けられるように、新たな医療戦略を策定したことを明らかにしました。

この戦略の資本は、国家病院保健基金(National Hospital Insurance Fund: NHIF)によって賄われています。そして、貧困層の世帯のために、Pumwani, Mama Lucy, Mbagathi、そしてMutuiniの4つの病院において、無償で質の高い医療サービスを受けられることを保証しました。

マイク・ソンコ知事は、「ナイロビカウンティ政府は、住民が質の高い、必要な医療サービスを受けられるよう、カウンティ内の病院の医療費を非常に低額にすると保証した」と述べました。

「私たちはパートナーであるNHIFと連携し、ナイロビカウンティで住民に質の高いサービスの提供ができるよう保証します。これはアクセス可能な保健サービスを公に実施する予定です。これは、ケニヤッタ大統領の4つの主要なアジェンダの1つであり、保健分野では核になります」とソンコ知事は述べました。

ソンコ知事は、行政の方針について、ナイロビカウンティにあるPumwani Maternity Hospitalでは、子どもとお母さんの医療サービスを適切に実施できるよう改善をするとも述べていました。

アブタ

方針を打ち出し、一過的な事業を行うことは簡単です。ただ、これを持続可能なものにするためには、政府自身が自国資金でこうした政策が履行できるよう、予算配分の見直しが必要です。何が重要政策なのかを各国が見直した上で、適正な場所に自国予算が行き届く行政運営を期待しています。
(はるか)
posted by resultsjp at 20:42| Comment(3) | 情報

TICAD閣僚会合市民社会フォローアップ

10月6日、7日に開催されたTICAD閣僚会合のフォローアップとして、日本女子会館において会合が開かれ、
来年8月28日から30日に開催されるTICAD 7へ向けた今後の取組みについて話し合われました。
会合には国際連合開発計画(UNDP)から小松原TICADプログラムアドバイザーが出席され、
TICADは大きなイベントで幅広い分野から多数の参加者が集まること、TICADを通じてどのような成果を
求めているかがはっきりすれば、あとはそのために何をすればよいかは自ずと分かるので、サイドイベントの
開催など、積極的に動いて欲しいということ、その際UNDPとしても協力は惜しまないことについて話を
されました。
その後、今回の閣僚会合の結果をどう生かし、TICAD 7につなげて行くかということや、
今回の閣僚会合に際してのアフリカの市民社会組織と日本の市民社会組織との連携について等
話し合われました。
アフリカから来た代表者たちはこれからそれぞれの国に帰って行きますが、これからいよいよTICAD 7への
準備が本格化して行きます。
日本リザルツは、TICAD 7に合わせて、GGG+フォーラムの開催を予定しています。
UME

image1 (2).jpeg

image1.jpeg
posted by resultsjp at 15:29| Comment(3) | TICAD

TICAD閣僚会合

東京プリンスホテルにおいて10月6日と7日に開催された
TICAD閣僚会合、そして閣僚会合の前日に開催された市民社会サイドイベント出席してきました。
まず市民社会サイドイベントですが、TICAD7に向けた市民社会提言書に採用された7つの大志に
関して6人の代表者からそれぞれ提言が述べられたのち、TICAD7に向けた大志の実現への貢献例
についてプレゼンテーションがなされ、最後に外務省アフリカ部の紀谷参事官を交えた
パネルディスカッションという流れでした。
このイベントでは、タイムキーパー及び録音のお手伝いをさせていただきました。

市民社会戦略会議会場.jpeg

市民社会戦略会議パネル.jpeg

市民社会戦略会議集合写真.jpeg

次に閣僚会合ですが、会場の大きさと人の多さに驚きました。

閣僚会合会場.jpeg

セッション3では、開始直前に事務局に願い出て市民社会代表者も発言をしました。

市民社会発言.png

この機会に日本リザルツの活動を発信すべく、GGG+フォーラムin Kenyaの議事録、議員連盟合同による栄養シンポジウムの開催報告書及びSDGsのための国際貢献と国際連帯税を考えるシンポジウムの開催報告書を配布しました。

ケニアCSO.jpeg

閣僚会合には山本尚子WHO事務局長補もいらっしゃいました。

山本尚子先生.jpeg

また、ストップ結核パートナーシップのジャクリーン・フ−戦略イニシアティブ及び革新的資金調達チームリーダーもジェノバの本部から参加していました。

Jackie.jpeg

来年の8月28日から30日に横浜で開催されるTICAD7に合わせて、日本リザルツではGGG+フォーラムの
開催を予定しています。
UME
posted by resultsjp at 01:20| Comment(3) | 情報