2018年10月18日

結核クリニックの改修

日本リザルツケニア事務所では、2016年からカンゲミヘルスセンターで患者さんがより良い医療サービスを受けられるように支援しています。そこで使用されている結核クリニックは、結核の疑いのある患者さんが初めに問診を受ける場所です。患者さんが安心してサービスを受けられる環境づくりはとても重要です。そこで、日本リザルツケニア事務所は、クリニックで使われている古い椅子の修復と新たな椅子の提供を行いました。また、クリニックで働く看護師の方に、日本リザルツの取り組みが患者さんのためにどのように役立っているかをうかがいました。

はじめに、患者さんが質の高い椅子に座り問診を受けられるようになったことです。以前までは、壊れた椅子に座らなければいけなく、あまり快適ではありませんでした。壊れた椅子を修復することで、患者さんがより心地よくサービスを受けられるようになりました。もう一つは、椅子の数を増やしたので、患者さんの家族も椅子に座って問診を受けられるようになったことです。以前は、患者さんの座る椅子があっても、付き添いの家族が座るだけの椅子がありませんでした。新しい椅子の提供により、今はクリニックを訪れる患者さんの家族も座って、医師の話を聞けるようになりました。

カンゲミヘルスセンターを利用する住民の方々が、より良い医療サービスを受けられるようになり、結核の早期発見と治療につなげられるよう、私たちは取り組みを続けていきます。

(智貴)

DSC_1898.JPG





posted by resultsjp at 23:54| Comment(2) | 情報

ナイロビカウンティによる予防接種アドボカシー

ケニアスタッフCalvinによるブログ記事の和訳文をご紹介します。

ナイロビカウンティは今年、5歳未満の子どもを対象とした種々の予防接種キャンペーンを実施しています。
ポリオワクチンのキャンペーンはこれまでに4回実施され、今年最後の摂取が10月20日から24日の間で実施されます。
ポリオワクチン接種キャンペーンは、ケニア中央医学研究所(KEMRI)による、ナイロビカウンティの下水システムにおけるポリオウイルスの存在についての報告が、保健省の目にとまったことを契機として始まりました。
このウイルスは、保健省による定期検査の一環として2018年3月21日に収集された環境サンプルから検出されました。
このようにしてナイロビカウンティはキャンペーンを実施してきましたが、予防接種プログラムを成功に導く上で、次に挙げる3つの主要な課題に直面しています。

1.新たなワクチンが登場した際の予算の不足
2.注射器、薬剤、ワクチンといった、予防接種に必須な資源の不足
3.地域内における迷信の影響で、親がわが子に予防接種を受けさせるのをためらうこと

ナイロビカウンティ予防接種予測のデータからは、複数のサブ・カウンティにおいて予防接種実施数の目標を達成できないという予想が読み取れます。
Calvin

プロジェクトを進める上では様々な課題があると思いますが、NGOやCHVs等、様々なステークホルダーと協力して知恵を出し合ってより良い成果に導いて欲しいと願います。
UME
posted by resultsjp at 20:02| Comment(4) | ケニア

10月16日は世界食料デー

2017年現在、世界には8億2100万人が飢餓に苦しんでいます。今年の世界食料デーのテーマは、「ゼロ・ハンガー」です。また、SDGsの#2では、飢餓ゼロを2030年までに達成するという大変意欲的な目標を掲げています。今こそ具体的な取り組みが必要です。
    「ゼロ・ハンガー」の日本国内での取り組みに関連して、10月16日付け朝日新聞は、「食品ロス減らし途上国支援。レシピ投稿や『いいね!』が寄付に」、また、10月18日付け公明新聞は、「国連WFPがキャンペーン。SNSにレシピを投稿。途上国支援に」と題して、報じています。
     両紙によれば、10月末までに、#ゼロハンガーレシピ、#wfp、とのハッシュタグを付けて、「野菜の切れ端、皮、古くなった乾物」や「賞味期限の迫った食品」などを活用した料理の写真をツイッターで投稿すると、一回あたり100円が、認定NPO法人国連WFP協会の協賛企業から寄付されるとのことです。
     食料残差が多い我が家も、食品ロスメニューを考えてみようと思います。
                                   MK
posted by resultsjp at 18:49| Comment(3) | 情報

新聞記事の切抜き作業

先週から新聞記事の切り抜き作業に本格的に取組んでいます。白須代表直伝の作成ノウハウとベテランのボランティアさんのご指導のおかげで、スピードはまだまだですが、何とかこなせるようになってきました。
切り抜きの終わった記事が出そろうとファイリング用台紙への貼付作業に入ります。先ず初めに、台紙6枚をテーブルに広げて、切り抜いた記事を一斉に配置します。そして、全体を眺めて上下左右のバランスを調整するのです。6枚並べるのがミソです。後は、粛々と貼り付け作業を行い、最後はトピック別にホルダーへファイリングを行います。作業は以上です。
ファイリングされた記事は、リザルツの行う国内外の多様な業務に関する情報の宝庫です。内容はもちろんですが、要領よく纏められた文章を読むことも大変勉強になります。これらの情報が整理されてアドボカシーペーパーになり、政府関係者に伝えられるのかと思うと、切り張り作業にも力が入ります。引き続き毎日の作業に励みたいと思います。

MK 

IMG_2151 (3).jpg 
posted by resultsjp at 17:50| Comment(3) | 情報

Kenya needs Sh 84bn for HIV, malaria and TB treatment

1802465.jpg
Kenya’s funding needs for HIV, TB and malaria will total Sh84 billion between 2019-22, Health PS Peter Tum has said.

The bulk of the money is from the Global Fund, US government and other donors.

"But for the country to achieve universal health care, there is need to replace the current external partner investment with internal resources from the national and county government as well as the private sector," he said.

He spoke yesterday in Nairobi during a meeting on domestic resource mobilisation for Health in Kenya.

Tum said there is an epidemic transition where the burden of disease is rapidly changing with increase in chronic care conditions.

These are costly to treat in the long-term, hence the need to increase more money for health and ensure prudent use of resources.

Read: Why Kenya must address sustainability in the funding of HIV, TB and Malaria

Health Committee chairperson Sabina Chege has urged governors to stop diverting money meant for health services to other infrastructure.

"Money coming from outside, be it from the national government and even what is being collected within the hospitals and dispensaries should be reinvested in the health sector," she said.

Chege said this will ensure there is enough money to pay and employ more doctors and nurses in the country, adding that living it open is messing the health sector.

"That is why we have cases of people going to hospitals and not getting enough drugs or even staff to offer services," she said.

She added that with the debate on a referendum, the Health Parliamentary Committee is discussing on what issues in the sector should be devolved and what should be moved back to the national government.

The chair said primary or preventive care is key and should be handled at the county level.

Hilda
posted by resultsjp at 16:06| Comment(2) | 情報

NAIROBI COUNTY IMMUNIZATION ADVOCACY

This year Nairobi County has been involved in various campaigns for the immunization for children fewer than 5 years.

So far the county has done four rounds of polio vaccinations campaigns and it is planning to have the last polio vaccination that will start by 20th October to 24th October, 2018.

The polio vaccination campaign was initiated in Nairobi County after the Kenya Medical Research Institute (KEMRI) brought to the Ministry’s attention report of the polio virus in Nairobi County’s sewerage system.

This virus was detected in an environmental sample collected on 21st March 2018 as part of routine surveillance activities by the Ministry of Health.

Even though there have been these campaigns, Nairobi Country has experienced three major problems for the immunization program to succeed;

1. Insufficient budget funding in the identification of new cases of vaccination.
2. Inadequate immunization essentials like the syringes, drugs and vaccines.
3. The hesitance of parents to allow their children to be vaccinated due to unconfirmed myths within the community.

The Data from the Nairobi County immunization forecast shows that several sub-counties do not achieve the target allocation.

Calvin
posted by resultsjp at 15:57| Comment(2) | 情報

MARGARET KENYATTA LAUNCHES SAFE CHILDBIRTH WING AT NAKURU HOSPITAL

ms k.jpg
The First Lady Margaret Kenyatta officially opened a 250 - bed maternity wing at Nakuru level 5 hospital on Wednesday October 17, 2018.

It is the second largest in the country after Pumwani maternity in Nairobi.

The maternity wing is expected to handle patients from Rift Valley Counties namely: Bomet, Narok, Baringo, Kericho, Samburu and Nyandarua.

The unit has four theaters, antenatal and postnatal clinics offering pregnancy care and safe childbirth. Children born with complications will receive specialized care at the Neonatal Intensive Care Unit.

The main aim is to reduce maternal and neonatal deaths thus boosting universal healthcare in the country.

Pauline Wanjiku
posted by resultsjp at 15:08| Comment(2) | 情報

ゴミ保管施設の設置によりナイロビ市の衛生環境を改善

ケニアスタッフDicken Muchenaの投稿を和訳した文をご紹介します。

ナイロビ市は、環境省の指導のもと、予算総37.5百万シリングに上る150のゴミ保管施設の購入を計画している。これにより、ゴミの不法投棄と市内外でのゴミ収集処理業務が軽減されることとなる。ゴミ容器は主要道沿いの住宅、中央ビジネス街、更には、市内でも最も影響を受ける地区にも置かれる。

ゴミの収集はナイロビ市、特に、都市近郊のスラムなどの低所得地域においては、所かまわずゴミ投棄が行われており危機的状況にある。市当局は、毎日、平均2300トンのゴミを収集している。世銀によれば、ナイロビ市ではゴミの半分しか収集されていないとのことである。他方、アジスアベバは70%とトップであり、カンパラでは65%という。

日本リザルツもまた、カンゲミ地区で環境衛生改善のため同様のゴミ保管施設の設置を実施しているところであり、今回の取り組みは時宜を得たものである。

Dicken

                                              MK

posted by resultsjp at 14:50| Comment(0) | 情報

GARBAGE SKIPS TO BOOST NAIROBI’S SANITATION

The management of the city through the ministry of environment is planning to buy 150 garbage skips for Sh37.5 million to curb illegal dumping and ease collection of litter around the city.

The waste bins will be placed in estates, along major roads and in the Central Business District as well as the most affected areas of the city.

Garbage collection has become a crisis in Nairobi and especially in the low income regions such as slums found within the peri urban, with the waste being disposed anywhere.

City Hall collects an average of 2,300 tonnes of garbage per day.

World Bank says Nairobi collects only 50 per cent of its waste. Addis Abba tops the regions with 70 per cent collection and Kampala is second at 65 per cent.

This initiative comes at the right moment when RESULTS Japan Kenya is also implementing the same skips within Kangemi to promote environmental sanitation.

Dickens
posted by resultsjp at 14:45| Comment(2) | 情報