2018年10月28日

A CALL FOR SUSTAINABILITY IN HEALTH PROJECTS IN KENYA

food.jpg

With the dwindling aid funding, many health projects in Kenya are expected to come to a grinding halt, worsening the health conditions of millions of Kenyans who depend on those projects.

At the height of US cut in foreign aid spending, the policy-makers are in the task to come up with measures that will fall in place, to handle the health needs once the donors' aid taps ran dry.

Abuta

The Kenyan government officers have set up a task force to look into other means of funding to the health projects which have for decades relied on donor funding.

This also comes at the backdrop of the Results Japan project in Kangemi, whose end is nigh. Various stakeholders should now match up to the task of owning the project and continuing it, much after the NGO project has ended.

Further, collaborations within the agencies of the state are much needed to synergize efforts, to avoid a situation where milestones made will go up in smoke.

Given the urgency of this matter, not only in Kangemi but countrywide, it is important that leaders, communities and government think tanks design the next strategy to take effect immediately donors exit.
posted by resultsjp at 23:52| Comment(3) | 情報

雨期にも負けず

ケニアは雨期に入り、雨が連日続いています。日本リザルツケニア事務所の活動地であるカンゲミ地区では、道路が整備されていない場所が多いため、歩いていると靴がすぐに泥だらけになります。
カンゲミヘルスセンターの施設内にも雨水が入りこんでしまっています。ヘルスセンターの衛生環境のため、現在はヘルスセンターの床掃除を念入りに行っています。

同僚のケニア人の職員達は、床掃除がとても上手で、先日の掃除では、ほうきとモップを上手に使い汚泥をきれいに取り除いていました。ヘルスセンターを利用する患者さんが、清潔な環境で医療サービスを受けられるよう、保健省と一緒に入念な清掃活動と、予防対策につながる啓発活動への取り組みを続けていきます。

DSC_2029.JPG

(智貴)


posted by resultsjp at 14:39| Comment(3) | 情報

門井さんに感謝!

26日(金)、サンキューセミナーが開催されました。準備と当日の運営で大活躍だったのがボランティアの門井さんです。

お弁当やお茶の発注の段取りをテキパキとこなし、受付では名簿に沿って丁寧に名前を確認しながらも多くの方が並ばないよう素早く対応をしていました。
そして、理事長も門井さんのおもてなしや心遣いに嬉しそうな様子でした。
職員の男性陣も圧巻の大活躍ぶりでした!
東京オフィスは、門井さんの仕事の速さと正確さにいつも助けられています。
夜遅くまで、本当に有難うございました。
7BD84461-A614-4839-9668-C9F1F2592E54.jpeg
posted by resultsjp at 11:59| Comment(4) | 情報