2018年11月26日

Kenya, Japan And Canada Co-Host First Ever Global Sustainable Blue Economy In Nairobi.

The three-day Blue Economy conference kick-started on Monday morning of 26 November 2018 amid disruption of traffic in the city.

Ds6hmttWoAEexq-.jpg

The event is co-hosted by three countries Kenya, Japan, and Canada, with Eleven Heads of State being among delegates that will attend the country’s inaugural ocean economy summit.

Kenyan Foreign Affairs Cabinet Secretary Monica Juma indicated over 11,000 delegates had already confirmed participation exceeding an earlier target of 6,000 delegates.

Nairobi City County Governor, Mr. Mike Sonko said during a welcome dinner that ‘The Sustainable Blue Economy Conference in Nairobi builds on the momentum of the UN’s 2030 Agenda for Sustainable Development, the 2015 Climate Change Conference in Paris and the UN Ocean Conference 2017’.

Preparations to host a large number of delegates have been going on in the last few weeks with high ways being spruced up properly as Nairobi prepares to host the first ever global sustainable Blue Economy Conference.

The conference will focus on creating sustainable economic growth, ensuring healthy & clean waters, building safe and resilient coastal communities.

Nairobi Governor Mike Sonko added that all are set for the event and they will open several doors for Kenyans.The main agendas for the conference are:

• creating sustainable economic growth;
• ensuring healthy and clean waters; and
• building safe and resilient coastal communities.

It is estimated that half of the world’s population lives within 60 kilometers of the sea and three-quarters of all large cities are located along the coast.
Ds6hmttWoAEexq-.jpg
Blue economy industries account for the livelihoods of 660 to 820 million people worldwide, with women accounting for about 15 percent of those engaged in fisheries.

This makes the blue economy a major blueprint to the global realization of the UN SDGS.

Dickens
posted by resultsjp at 22:36| Comment(2) | 情報

TEENAGE HEALTH IN CRISIS AS TEENAGE PREGNANCIES RISE BY A BIG MARGIN TEENAGE HEALTH IN CRISIS AS TEENAGE PREGNANCIES RISE BY A BIG MARGIN

amina.jpg

That almost one in five Kenyan teenage girls is a mother represents not only a huge cost to the health sector but also a betrayal of potential on a shocking scale.

Consider this. Statistics from the United Nations Population Fund (UNFPA) indicate that between June 2016 and July 2017, 378,397 adolescents in Kenya aged 10 to 19 got pregnant.

Numerous studies have documented the fact that a high number of teens are already sexually active. These young girls are part of the four in ten women in Kenya aged between 15 and 49 who have unintended pregnancies.

Statistics say the majority are from poor families - it means an end to any dreams of coming out of poverty because they cannot continue with education. Complications during pregnancy are the second cause of death for 15 to 19-year-old girls, therefore it means their already poor families have additional health care costs to meet.

Children born to such young mothers are more prone to physical and cognitive development. The overall effect is a perpetuation of the cycle of poverty that brings personal catastrophe while weakening social and economic development and adding strain to already stretched medical services.

In reproductive health, as in most things, knowledge is power. But across sub-Saharan Africa too many teenage girls lack knowledge of their bodies, their contraceptive options, and their rights. The notion of rights is central.

As the UNFPA report The Power of Choice states, in countries where rights to health, education, and opportunity prevail, fertility rates tend to be lower. Through exercising their wider rights, people exercise choice about the timing and number of their children.

Three years ago, Kenya launched the Adolescent Sexual and Reproductive Health Policy. Unless bold decisions are made to implement that policy, pregnancies among our youth will continue to be a wrecking ball to the national development agenda particularly the Big Four and the SDGs.

In order for every girl to achieve her full human potential, the entire country should be engaged to initiate a change in mindset in Kenya. There should be a national conversation on this subject be leveraged into national action.

Abuta Ogeto
posted by resultsjp at 22:24| Comment(2) | 情報

ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟総会

本日、参議院議員会館においてストップ結核パートナーシップ推進議員連盟総会が開催されました。今回の総会では、一つ目のテーマとして、今年の9月に開催された、国連総会では初となる結核に関するハイレベル会合及びサイドイベント、そしてハイレベル会合に先立って今年の4月に開催された世界結核議員連盟の会合についてそれぞれ報告がなされた後、二つ目のテーマである平成31年度結核対策関係予算について厚生労働省及び外務省から説明があり、その後質疑応答及びその他の発言という流れで行われました。
質疑応答において厳しい質問や意見が多く出されましたが、それは結核を終息させる道のりの険しさについての自覚と、それでも成し遂げるという決意の表れなのだろうと感じました。
また、世界で唯一の胸部疾患等の学術的非営利組織、国際結核肺疾患予防連合会(The Union)により、アドボカシー活動における貢献に対する初めての例として秋篠宮妃殿下が名誉会員に選ばれたというニュースや、潜在感染者の血清診断キット開発、未発症患者の検出、発症予防ワクチンの開発等についての新潟大学からの情報提供、結核対策と栄養改善についての公益財団法人味の素ファンデーションからの提言などがあり、中身の濃い総会となりました。
UME

image1.jpeg

DSC_0574.jpg

DSC_0611.jpg

DSC_0616.jpg

DSC_0573.jpg

DSC_0581.jpg

DSC_0587.jpg

DSC_0591.jpg

DSC_0595.jpg

DSC_0600.jpg

DSC_0607.jpg

DSC_0610.jpg


DSC_0613.jpg

DSC_0619.jpg

DSC_0625.jpg

DSC_0632.jpg
posted by resultsjp at 19:30| Comment(2) | 結核

2018年11月25日

運動靴輸送のクラウドファンディングを実施中

日本リザルツでは、全国の皆様からきれいに洗った中古の運動靴を集め、ケニアをはじめとするアフリカの子どもたちに輸送するプロジェクトを実施しています。
a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd.png
アフリカの子どもたちは運動靴が履けないことが原因で「スナノミ症」という感染症にかかり、酷い場合は死に至ることもあるからです。

全国の皆さんのご厚意のお陰もあり、すでに5トン近くの運動靴が集まっています。
しかし、運動靴を輸送するのには多額の資金がかかります。

現在、日本リザルツでは、この靴の運送費を捻出するために、クラウドファンディングを実施しております。
日本の皆さんの善意を1日も早く、貧しいケニアの子どもたちに渡せるように、是非、1人でも多くの方にご協力をいただけますと幸いです。
クラウドファンディングのサイトはこちら
https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2018

SDIM1750-4c581.jpg
皆さんのご協力をお待ちしております。
(はるか)


posted by resultsjp at 11:42| Comment(3) | 情報

LAMP法研修

今週11月21日から23日にかけて、日本リザルツケニア事務所は、HUMAN代理店・Chem-labs、ナイロビ・カウンティ保健省と共にLAMP法研修を行いました。栄研化学の講師がいた前回までの研修と違い、今回はケニア人講師がケニア人に直接研修をしました。

研修は、ウエストランズ・ヘルスセンターの検査技師を対象に行いました。このヘルスセンターでは11月27日からLAMP法検査が始まります。参加者の技術習得が今回の重要課題でした。

研修の1日目は、参加者の知識を測るプレテストが行われました。テスト終了後は、カンゲミヘルスセンター検査技師のアンダーソン氏がLAMP法の概要を説明しました。アンダーソン氏は、LAMP法について初めて学んだのが約5ヶ月前、それから理論の学習と実践を重ね、栄研化学が認めるLAMP法技師となりました。この日は、講師が参加者にLAMP法検査の手本を見せるなど、参加者はLAMP法検査の理論を学ぶことに集中しました。

研修の2日目は、参加者がLAMP法検査の実演を行いました。LAMP法検査は、結核菌培養検査などと比べて簡単と言われている検査法ですが、検査環境を清潔に保つことや検体採取の分量など、細心の注意を払う点がいくつかあります。講師は、真剣な表情で参加者の作業を見ていました。

研修の3日目は、講師の助言なしで参加者がLAMP法検査が行えるかチェックしました。栄研化学の講師がカンゲミヘルスセンターの検査技師にLAMP法の技術試験を行って約1ヶ月が経過したこの日は、ケニア人講師によるケニア人技師への技術試験が行われました。HUMAN代理店・Chem-labsのLAMP法技師が試験監督を務め、参加者のウエストランズ・ヘルスセンターの検査技師は試験に無事合格しました。Chem-labs、ナイロビ・カウンティ保健省、日本リザルツケニア事務所の名前が記載された修了証は、来週参加者に送られます。

(智貴)

posted by resultsjp at 01:04| Comment(3) | 情報