2018年11月12日

第六回国際母子栄養改善議員連盟

 本日、衆議院第一議員会館において、第六回国際母子栄養改善議員連盟の会合が開かれました。会合には、議員連盟の皆様の他、発表者として外務省、厚生労働省、農林水産省、財務省、国際協力機構(JICA)、味の素ファンデーション、アライアンス・フォーラム財団、株式会社ユーグレナの代表者が出席されました。これからの時期には、TICAD 7、G20、成長のための栄養(N4G)サミット2020(仮称)等、国際的に注目度の高い会議を日本が主催し、またそれ以外にもニューヨークでの国連UHCハイレベル会合やタイでのUHCフォーラムといった栄養に関する大きな国際会議が予定されています。ここで栄養改善の機運を高めるとともに、日本が国際的なリーダーシップを発揮するための様々な取り組みが紹介され、また、熱いご意見もいただきました。
 本会合では合わせて、あべ俊子議員の外務副大臣任命に伴う事務局長辞任及び、牧島かれん議員の事務局長就任が発表されました。
 また、会合に先立ち、今年の7月にご逝去されました日本栄養士連盟会長 加藤廣子様のご冥福を祈る言葉が述べられました。
UME

役員.jpg

全景.jpg

今井絵理子議員.jpg

山東会長.jpg

鷲見室長.jpg

金子課長.jpg

栗脇様.jpg

厚労省 清野室長.jpg

農水省 黒岩企画官.jpg

財務省 三好課長.jpg

JICA 山田上級審議役.jpg

アライアンス・フォーラム財団 早水様.jpg

グラミンユーグレナ 佐竹様.jpg

自見はなこ議員.jpg

あべ俊子議員.jpg

posted by resultsjp at 18:48| Comment(4) | 栄養

クリーン・アップ啓発活動実施中

ケニアでは、『ゴミは、ゴミ箱へ』という習慣がありません。
そうした習慣を啓発するために、ケニア・オフィスでは、カンゲミ・ヘルスセンターを中心に清掃活動を実施しています。

20181109_143012.jpg

思い返せば、日本でも私の子供時代、ようやく『ゴミは、ゴミ箱へ捨てましょう』というスローガンが掲げられたと思います。
このころは学校を中心に、キャンペーンが開始されました。
それまで、日本では、屋外では、ゴミはその辺に捨てとけば、自然に還るという意識だったと思います。
ゴミが、ネズミ、蚊、ハエ、を増殖させる温床になっていると母から聞いて初めて知りました。
そうした小動物、昆虫が、伝染病の媒介になっているのです。

20181109_143034.jpg

ケニアにおいても、結核根絶のため、伝染病の媒介となっている小動物を増殖させないために、各人がどう日々過ごしていくのか?について考えていくことが必要な時期に来ていると感じています。

この地道な作業が、一日も早くケニアで花開く日を期待しています。


キリマンジャロの白い雪
posted by resultsjp at 16:20| Comment(3) | ケニア

医薬品供給の課題を解決しよう

日本リザルツケニア事務所のアブタさんのブログの邦訳を紹介させていただきます。

ケニア保健省長官のシシリーカリウキ氏がすべての病院への医薬品の供給を行うよう、ケニア医薬品供給機関(Kemsa)に指示したため、ナイロビ市の住民は医薬品供給に関して、安堵できることになった。
ここ数か月間、医薬品の供給には、地方政府の巨大な債務という問題がつきまとっていた。

「私はKemsaに対し、全てのナイロビの病院に医薬品を供給するように指示した。それと同時に、ナイロビ知事が、Kemsaのマネジメントチームと会合を持ち、未払いの請求書についてどのように解決するかを話し合うように指示した」と、シシリー長官は木曜日にPumwani病院で行われた世界授乳週間(World Breastfeeding Week)の式典において述べた。

未払い金額
マイク・ソンコ知事は、2億3500万ケニアシリングの医薬品に関する負債のうち、先月、5800万ケニアシリングを支払ったと発表した。
「私たちはナイロビカウンティのKemsaに対する負債の一部を返済した。今朝、ナイロビカウンティの財政と保健のチームは、医薬品の供給再開に関して合意を得るために、正式にKemsaと会合を開いている」「彼らには、解決策が導き出されるまで会合を終えてはならないと指示した」とソンコ知事は述べた。
しかし、Kemsaは、医薬品の供給を再開する条件として、全額を支払うよう要望した。
ソンコ知事は、その問題を解決するとともに、公共の病院に向けた医薬品を民間へ横流ししようとする者は、法律により処罰されると述べた。
彼の行政府は資金問題の解決のため、年間の予算のうち21%を保健部門に投資することを決めている。


Abuta
バランスの良い予算配分と、本当に困っているところに行き届く保健サービスがなされることを祈っています。(はるか)
posted by resultsjp at 14:42| Comment(3) | 情報

DRUG SUPPLY PROBLEM SORTED OUT

Nairobi residents can now heave a sigh of relief after Health Cabinet Secretary Sicily Kariuki directed the Kenya Medical Supplies Authority (Kemsa) to resume supplying medicine to all the hospitals.

For several months, medical supplies have been having an issue due to the huge debts owed by the county governments.

"I direct Kemsa to start supplying medicine to all Nairobi hospitals as the Governor and his team sit with Kemsa management to see how the pending bills will be settled," Ms Kariuki said during the launch of World Breastfeeding Week at Pumwani Hospital on Thursday.

OUTSTANDING BALANCE

Governor Mike Sonko last month paid the agency Sh58 million of the total Sh235 million debt.

"We have settled part of the debt the county government owes Kemsa. This morning, my finance and health teams are meeting with officials from Kemsa to reach an agreement on resumption of supply of drugs.

KEMPIC.jpg

"I have directed them not to leave that meeting without a solution today," Mr Sonko said.

However, Kemsa demanded the full amount be paid before it continues supplying drugs.

Governor Sonko said while that is being solved, anyone found diverting medicine meant for public hospitals to private chemists will be prosecuted.

He said his administration has allocated 21 percent of this year’s budget to the health sector to solve these funding problems.

Abuta
posted by resultsjp at 02:25| Comment(3) | 情報