2018年11月21日

ケニア人がユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)のプログラムから得られるもの

ケニアスタッフCalvinの投稿を和訳した文をご紹介します。

2030年までにUHCを達成するためのヘルスケアのシステムについて、専門家からいくつかの問いが投げかけられました。
保健省を通じ、シシリー・カリウキ長官はケニアが2030年までに確実にUHCとSDGsを達成するため最前線で活動にあたってきました。
そこまでには、いくつもの取組みがなされなくてはなりません。事実、保健の人材は乏しく、政府は保健の人材を増加させて維持させること、特に外科医、内科医及びがん専門医の数を増加させることに焦点を当てて投資をしています。
外科治療は、プライマリー・ヘルスケアの重要な要素です。このことから、保健省は外科医を育成して、必要としているカウンティーに配置しています。それに加え、カウンティーに登録されている外科医はさらなる訓練を受けた後にそれぞれのカウンティーで業務にあたります。
次に、政府は何年もの間UHCの実現に向けてインパクトの大きい投資を行っており、その中には2013年の診療所やヘルスセンターの使用料の廃止、貧困社への保健助成、リンダ・マラ・プログラムを通じた無料マタニティーサービスや高齢者保健助成などが含まれます。
3番目に、コミュニティー保健ボランティア(CHV)プログラムの強化がプライマリー・ヘルスケア提供の鍵となります。政府はCHVにキットを提供すること、全てのケニア国民が健康促進や疾病予防サービスを受けられるようにすることで公共保健サービスをスケールアップすること、カウンティーや民間部門との連携を強化すること、カウンティー内の対象地を選定して小規模の取組みを行い、教訓や推奨事例を得た上でカウンティー全体に規模を拡大するといったことでプログラムの強化を図っています。
最後に、政府は専門治療サービスへのアクセスの格差是正のために備品管理サービス(MES)プログラムをたちあげました。
98の病院がアップグレードされ、人々は居住地に関係なく専門的、近代的、最先端の医療機器によるサービスを受けられるようになりました。
このことはMESが調整を行いましたが、MESは人工透析、集中治療室、X線や画像処理サービスなど広範に関わりがあります。
結論として、これらの保健に関するイニシアティブや取組みが想定した時間内に成果を収めた場合、ケニアは持続可能な開発目標を達成しているでしょうし、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジも手の届くところまで来ているでしょう。

Calvin
posted by resultsjp at 22:09| Comment(0) | ケニア

WHAT KENYANS CAN EXPECT FROM UNIVERSAL HEALTH CARE PROGRAMME


Several questions have been raised by specialists in health care system to achieving Universal Health care by 2030.

Through the Ministry of Health; Cabinet Secretary Sicily Kariuki has been on the forefront in ensuring that Kenya achieves UHC and Sustainable Development Goals by 2030.

Before hand, several interventions need to be done; Human Resources for Health is indeed scarce, the Government is making investments towards increasing and retaining HRH,with particular focus on increasing the number of specialists, including surgeons, internists and oncologists.

Surgical services are important component of primary healthcare. In recognition of this fact, the Ministry of Health have been training and posting Surgeons to counties in accordance with need. In addition, surgeons in the counties ‘payroll resume duties in their respective Counties after further training.

Secondly, the government has over the years endeavored in making impactful investments towards UHC including abolishment of user fees in dispensaries and health centers in 2013, provision of health subsidies for the poor, free maternity services through Linda Mama programme, and health subsidies for the elderly.

Thirdly, Strengthening of Community Health Volunteer Programme is Key in providing primary health care and thus the government is trying to provide them with kits and as well scaling up of public health services by ensuring promotive and preventive services are available to all Kenyans, leveraging on partnership with Counties and the private sector, piloting interventions in selected parts of the country as part of lesson learning process and best practices documentation approach before scaling up interventions across the country.

Lastly, the Government has initiated the Managed Equipment Services (MES) Programme to address disparities in access to specialized health services.

Ninety-eight hospitals have been upgraded so that people can access to specialised, modern and state-of-the art medical equipment irrespective of their locality.

This has been done through MES arrangement, which touches on a wide range of services like renal dialysis, ICU, X-Ray and Imaging Services.

In conclusion, if all this initiatives and interventions of health care systems can be achieved within the stipulated timeframe then Kenya would have achieved the Sustainable Development Goals and therefore the Universal Health Care is within reach.

Calvin

posted by resultsjp at 22:02| Comment(3) | 情報

UNRWA支援アドボカシー

安倍総理大臣が二次補正予算の編成を指示したというニュースが新聞などで報じられていますが、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局を務める日本リザルツでは本日、UNRWAへの更なる支援を呼び掛けるペーパーに手書きのメッセージを書き入れる作業を行いました。
全国会議員707名分を書いたのですが、皆様のお力をお借りしてなんとか終えることができました。
ちなみに写真を撮ってくれたのは、スーパーボランティアの門井さんです!

ODAを増やし、保健分野に使うことを呼び掛けるペーパーとともに、明日一斉に配布を行います。
UME

IMG_2220.jpg

image1.jpeg

IMG_1281.JPG

posted by resultsjp at 20:23| Comment(3) | UNRWA