2019年01月18日

第142回GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会

1月18日に中央合同庁舎4号館にて、本年最初の標記懇談会が開催され、日本がホスト国として行われるG20サミット・TICAD7を中心に次の内容が話し合われました。

国際的な保健政策関連事項については、昨年のG20サミット(ブエノスアイレス)での成果と2019年G20サミット(大阪)の展望、TICAD 7、IFNA(食と健康のアフリカ・イニシアチブ)の重要項目が情報共有されました。特に、UHCをアフリカでも推進していくために、現在先行しているアジア健康構想を参考にした「アフリカ健康構想」についても言及がなされました。その他の議題としては、UHC2030/CSEM会合報告、2020年栄養サミットに関する情報共有、GGG+フォーラム東京2018の報告、本年以降のグローバルヘルス関連イベントの日程情報が続きました。

2019年は、主要な国際会議で日本がホスト国としての重要な役割を担う1年となります。行政主導で開発・援助が中心に行われていた国際協力から、NGO・NPOなどの市民団体や民間企業が主導する取組みへとシフトが進んでいます。市民と政府間の対話としてC20(Civil 20)が、大阪で開催されるG20の前に予定されています。
さらに、2019年8月28日-30日、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が横浜で開催されます。8月の主要会議を控え、皆様により関心を持っていただくために、2018年からアフリカのダンス、音楽、ファッションなどのサイドイベントが実施されています。お時間があれば、ぜひご参加ください。

ここで、「アフリカにすでに行ったことがあるんだ!」という方に朗報です。
(残念ながら、私はまだ行ったことないのですが…)
TICAD7では、「アフリカとのふれあいを表現する、とっておきの一枚」をテーマにした写真を1月31日まで募集しています。応募要項や留意事項の詳しいご案内はこちらです。
https://ticad7.city.yokohama.lg.jp/2018/11/30/promotion_20181130/
会議のPR動画にあなたの1枚が加わったら、記念になりますね。

SoH
posted by resultsjp at 14:39| Comment(3) | 情報