2019年01月20日

報連相の重要性

16日(火)、ケニアの首都ナイロビでホテルなどが入る複合施設が襲撃される事件が起こりました。
場所は日本リザルツの活動するカンゲミ地区があるウエストランズ・サブカウンティです。

ケニアのホテル襲撃テロ、死者21人に:BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/46901175

事件が発生して一番最初に「スタッフは無事か」心配になり、すぐ安否確認を行いました。
すぐに全員から「自分も家族も無事」という連絡が入りました。

日本リザルツケニア事務所では、現地スタッフに「報連相」を徹底するよう呼び掛けています。
それぞれの仕事の問題を日本人スタッフがきちんと把握し、円滑に仕事を進められるようにすることと、現地スタッフに何かあった場合に日本人スタッフと東京事務所が事態を正確につかめるようにし、職員が安全に仕事ができるようにすることが目的です。
ケニアを含めたアフリカにはこうした習慣はなく、最初は「なんでいちいち報告しなきゃいけないの?」と束縛されてる感じが嫌そうでしたが、背景をきちんと説明したら、報連相の重要性をわかってもらえました。今では東京スタッフ以上にきちんとレスポンスが返ってくるので、非常に心強いです。

今回も1時間足らずで全てのケニア事務所のスタッフから連絡が来て、大使館と東京オフィスに報告ができました。有事がないことが一番ですが、有事があった場合にきちんと対処ができ、安全を確保できる体制を整えたいと思います。
そして、今回の事故の犠牲者とご家族に、ご冥福をお祈り申し上げます。
(はるか)
posted by resultsjp at 02:12| Comment(3) | 情報