2019年02月20日

アフリカ保健分野に関する企業等意見交換会

アフリカ保健分野に関する企業等意見交換会が2月15日に外務省で開催され、日本リザルツからは代表の白須が出席しました。
この会は、今年横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた取組みの一環として、アフリカの保健・医療分野、栄養分野、水・衛生分野等に関わりのある企業やNGOが集まり、意見を交換する場として開かれました。22の企業やNGO等が参加し、各組織から取組みや関心事項について簡単な紹介が行われました。
日本リザルツは、ケニアのナイロビで行っている結核対策事業の第三期がスタートしたことや、日本がグローバルファンドに拠出するお金が日本企業等に還ってくるような仕組みづくりの必要性について話をしました。
アフリカの人々の健康と幸せのために頑張るというのは素晴らしいことだと思いますが、名誉だけでなく、お金の面でも正当な評価がなされ、それに見合った報酬があってしかるべきと思います。日本の企業やNGOがアフリカの人々のために全力で事業を行えるようになるといいと思います。
UME

IMG_1382.jpg
posted by resultsjp at 21:12| Comment(2) | 情報

公明党「持続的な開発目標(SDGs)推進委員会・外交部会合同会議」について

本日、公明党「持続的な開発目標(SDGs)推進委員会・外交部会合同会議」が、衆議院議員会館地下一階B107会議室で開催されました。出席者には、山口代表、斉藤幹事長に加えて、座長の谷合正明議員他同党議員が多数出席しました。全体では、18人の公明党市町議会議員、企業団体関係者、関係省庁等を含め全体で100名近い参加者があり、盛大な会議となりました。日本リザルツからは代表の白須が出席しました。

議事は、党代表挨拶、第二回SDGsアワード受賞団体(外務省)、取組み報告(アワード受賞団体5団体)、「SDGsアクションプラン2019」(外務省)について発表があり、引き続き参加者意見交換・質疑が行われました。

本推進委員会は、2016年1月28日に設置(座長:谷合正明氏。顧問:齋藤鉄夫氏、浜田昌良氏)されたものですが、翌日の1月29日には、白須から同党の推進委員会の設置状況を総理官邸の和泉内閣総理大臣補佐官にご説明し、政府部内にも設けて欲しい旨お願いしたことで、政府部内に持続可能な開発目標(SDGs)推進本部が設立されることとなりました。

こうした背景もあり、本日の推進委員会では、市町議会議員の何人かの先生方から白須に対して謝意の表明がありました。
                                               MK


posted by resultsjp at 18:04| Comment(2) | 情報

C20準備対面会合

2月18日と19日に笹川平和財団で開催されたC20準備対面会合に出席しました。
C20とはCivil 20のことで、G20が政府の集合体であるのに対し、市民社会組織(Civil society organizations)の集合体を指します。他にも経済団体(B20)、労働組合(L20)、科学者(S20)、シンクタンク(T20)、都市(U20)、女性(W20)、ユース(Y20)があり、様々な立場の人(マルチステークホルダー)の意見を活かして世界の課題を解決しようという取組みです。

G20では様々なことが議論されるため、C20の中でも次に挙げるようにいくつもの部会(Working Group)があります。
・汚職防止 ・教育 ・環境、気候及びエネルギー ・ジェンダー ・国際保健 ・インフラストラクチャー
・国際金融制度 ・労働、企業及び人権 ・地域から地球規模へ ・貿易及び投資

日本リザルツはこの中で主に国際保健の分野に力を入れています。

IMG_2543.JPG
会場の様子

IMG_2550.JPG
岩附共同代表挨拶

IMG_2555.JPG
冨田G20大使と財務省武内局長

IMG_2557.JPG
パネル・ディスカッション

IMG_2571.JPG
保健ワーキンググループ

国際保健という区分の中でも、HIV/AIDS・結核・マラリアのような感染症、熱帯病、気候変動、非感染性疾患、研究開発など様々な事柄を扱っている人がいて、それぞれが自分の扱う分野を強調したいと考えている中、それらの意見をまとめてG20へ届けるという作業はなかなか大変そうだと感じました。今回のG20は準備期間が短いということもあり、慌ただしくなりそうです。
UME
posted by resultsjp at 15:21| Comment(1) | 日記

公明新聞「波紋」欄「さい帯血治療のすばらしさ実感」と題する記事を読んでー「気づき」を行動に移すことの重要性


2月20日付公明新聞の「波紋」欄に、「さい帯血治療のすばらしさ実感」と題する投稿がありました。ご家族の白血病の入院中に、さい帯血移植で多くの方々の命が救われたことに感動したという内容です。

折しも、2月12日に日本女子競泳の池江璃花子さんが白血病の診断を受けたことを報告され、日本だけでなく世界中にショックが走りました。また、池江さんのニュースに関連して、市川海老蔵さんの父である団十郎さんが、白血病になって、全国骨髄バンク推進連絡協議会の会長として活動されたということも知りました。

こうしたことから、日本リザルツホームページの白須代表の代表挨拶を読んでみました。白須代表によれば、骨髄バンクでのボランティアとしての活動を行う中で、代表の娘さんの大学の先輩が26歳の若さで白血病で亡くなったという不幸な出来事が切っ掛けで、30万人ドナー登録早期達成の活動のため、主体的に取り組む姿勢を示すことが重要であることに気づき、「厚生労働省内で献血と併行してドナー登録会の開催に至った」とありました。そこでの教訓に、「何か疑問に感じたり不都合があったりしたら、それを伝えることによって世の中が変わる」というくだりもありました。

筆者は、この「気づき」を行動に移すことの重要性に強く心を惹かれました。白須代表が骨髄バンクで得た教訓は、「私たち一人ひとりに世界を変えていく力がある、とのリザルツの理念そのもの」であるとしています。また、「政策を動かすには人の心を動かすこと。専門家しか分からない言葉を使うよりも、誰でも分かる簡単な言葉で訴えることが大切」ともありました。この言葉を改めて肝に銘じたいと思います。
                                              MK

IMG_2341 (5).jpg
posted by resultsjp at 14:10| Comment(2) | 情報

2019年02月19日

不安定な情勢によりワジルカウンティでの保健食品の供給に影響が

ケニア事務所メンバーPaulineさんのブログ投稿の日本語訳です。

ケニア北部での不安定な情勢によりヘルスワーカーが離職する事態が続いています。ワジル(Wajir)カウンティでは、保健食品供給だけでなく保健分野全般にも影響を及ぼしています。

Standard紙の報道によると、2017年ワジルカウンティ政府、UNICEF、World Vision、Save the Childrenが実施した調査で、栄養状態が著しく悪化していたことが明らかになっています。
この調査によると、5歳以下のこどもの16%が深刻な栄養不良でした。さらに、成長阻害の状態にあるこどもは5歳が12%、5歳未満が7.5%であることもわかりました。
出産年齢に達した女性のうち9%が、栄養不良であることもわかりました。多くのCHVはトレーニングを受けたり、ワクチン、保健食品における経験がありますが、赤十字などのパートナー組織が看護婦を派遣し、実際に行動に移るまでは待機しています。

各組織が代替人材を見つけられるまで長い時間を要してしまい、保健食品が施設の棚でお蔵入りになっており、弱っているコミュニティの方々には届いていない現状になっています。

Pauline
posted by resultsjp at 23:53| Comment(2) | 情報