2019年02月19日

不安定な情勢によりワジルカウンティでの保健食品の供給に影響が

ケニア事務所メンバーPaulineさんのブログ投稿の日本語訳です。

ケニア北部での不安定な情勢によりヘルスワーカーが離職する事態が続いています。ワジル(Wajir)カウンティでは、保健食品供給だけでなく保健分野全般にも影響を及ぼしています。

Standard紙の報道によると、2017年ワジルカウンティ政府、UNICEF、World Vision、Save the Childrenが実施した調査で、栄養状態が著しく悪化していたことが明らかになっています。
この調査によると、5歳以下のこどもの16%が深刻な栄養不良でした。さらに、成長阻害の状態にあるこどもは5歳が12%、5歳未満が7.5%であることもわかりました。
出産年齢に達した女性のうち9%が、栄養不良であることもわかりました。多くのCHVはトレーニングを受けたり、ワクチン、保健食品における経験がありますが、赤十字などのパートナー組織が看護婦を派遣し、実際に行動に移るまでは待機しています。

各組織が代替人材を見つけられるまで長い時間を要してしまい、保健食品が施設の棚でお蔵入りになっており、弱っているコミュニティの方々には届いていない現状になっています。

Pauline
posted by resultsjp at 23:53| Comment(3) | 情報

新生児の死亡件数が増加傾向

ケニア事務所メンバーDickenさんのブログ投稿日本語訳です。

ケニア国内の新生児死亡数は1000人当たり22です。この数字自体に異常はありませんが、もし1つの医療機関がこの数字に特に関わっているとなると、すごく異常なことでしょう。

Daily Nation紙によると、ケニア中央部のキアンブ病院(Kiambu Hospital)が直近2か月で高い新生児死亡率を報告し、亡くなった新生児の数は60に及びます。複数の死因の中から病院スタッフの不注意・過失によるものとされています。

一方、病院側は、その(死亡数)のうち少なくとも35件は早産によるもので、世界的に見ても早産の新生児は生存率が低い傾向にあると、反論しています。この病院の新生児死亡率は1000人当たり15です。

マーガレット・ケニヤッタ大統領夫人が、Beyond Zeroキャンペーンを通じて母子死亡率に対する闘いにより、(高い)死亡率の傾向をすぐに過去のものとすることが希望だと強調していた最中のできごとでした。
こうした背景から、この一件によりUHC(の実現)に対して、また、政府が迅速な対応を欠いていることに対しての疑念が生じてしまいます。このままでは、大統領の公約の柱であるUHCの達成を大きく揺るがしてしまうことにもつながりかねません。

Dicken

この投稿は、Daily Nation紙ERIC WAINAINA記者報のAlarm as 60 babies die at Kiambu Level Five Hospitalを参考にしています。
https://www.nation.co.ke/news/Alarm-as-60-babies-die-at-hospital/1056-4984428-sotdvxz/index.html
posted by resultsjp at 14:28| Comment(3) | 情報

2019年02月18日

AIDS、結核、マラリアとの闘い ケニア

こちらは、ケニア事務所メンバーCalvinさん投稿の邦訳です。

昨年11月にGlobal Fundが発表した監査報告書によると、ケニアがマラリア、結核、HIV/AIDSに対して善戦してきました。ただ、医療の提供品質の確保には、まだ改善の余地があります。
マラリア・AIDS関連や結核との闘いにおいて、ケニアはGlobal Fundの高インパクト国の一つです。ART治療に参加する人の増加やAIDs関連による死亡の減少、結核治療の成功が記録されています。
より多くの草の根のアドボカシーキャンペーンが、ケニア国政府とケニア人全体に働きかけ、国内でより多くの資金を募ってきました。また、Global Fundの第6回増資会合(2020年―2022年)でGDPの5%が要望されています。この取り組みはSDGsの達成に向けた貢献を示しています。
より強固な保健システムの構築と健康な生活の確保とすべての人への福祉の促進には、Global Fundの資金調達における公約が守られなくてはなりません。AIDs、結核、マラリアとの闘いへの取り組みを強化することができます。
Daily Nation紙によると、エイズ関連の死亡は2013年から2015年の間で38%減少し、ART治療に取り組んでいる人の数が52%増加しました。
Global Fundの監査はGlobal Fundの資金が十分で効果的であるかを決めるため、2016年1月から2018年12月の間にて行われました。

Calvin
posted by resultsjp at 23:04| Comment(3) | 情報

INSECURITY AFFECTS FOOD SUPPLEMENT DISTRIBUTION IN WAJIR COUNTY


The rise of insecurity in Northern Kenya has made health workers resign, a move that has affected not only the food supplement distribution but also the health sector in general in Wajir County.

A report by standard explains that a survey carried out in 2017 by the Wajir County government, UNICEF, World Vision and Save the Children found nutrition outcomes in Wajir had deteriorated significantly.

According to the survey, 16 percent of children aged 5 and under were acutely malnourished. It also found that the stunting rate for the same group was 12 percent and 7.5 percent, respectively.

Nine percent of women of reproductive age were also found to be malnourished. Much as CHVs have been trained and have experience in issuing vaccines and food supplements, they have to wait for the partner organizations such as Red Cross to send them nurses to conduct the exercise.

This takes a long time before the organizations can get a replacement and therefore the food supplements end up in the facility shelves, not reaching the vulnerable community members.

pakistan-food-supplement-distribution-2013-03.jpg

Pauline



posted by resultsjp at 22:40| Comment(3) | 情報

NEONATAL DEATHS ON THE RISE.

GettyImages-487474340-resized-1.jpg

The national infant mortality rate in Kenya stands at 22 for every 1000 live births. Much as the numbers are not that worrisome but if most are contributed by a single institution, something is terribly wrong.

According to Daily Nation Newspaper, Kiambu Hospital in Central Kenya has reported a high percentage of deaths in the last two months, amounting to 60 Neonatal deaths.

The cause of the deaths has been attributed to negligence by the hospital personnel among other causes.

But in their defense, the Hospital said that at least 35 of them were pre-term deliveries and even worldwide the pre-term babies stand fewer chances of survival.

The hospital neonatal mortality rate is at 15 to 1000 live births.
This discovery comes in a time when First Lady Margaret Kenyatta has intensified her war against mother and child mortality through her Beyond Zero campaign and it is my hope that the mortality trend will soon be history.

Consequently, this issues lies under UHC and failure for the government to act promptly it will shake the presidential pillar of UHC attainment.

Dicken
posted by resultsjp at 22:20| Comment(3) | 情報