2019年02月26日

AFRICANS UNION COMMITS TOWARDS UHC

Communities4UHC_Logo.jpg

The African leadership forum held in Ethiopia on 9th February 2019 main agenda was to commit investments in the health sector across the continent. It mainly encouraged partnership in order to grow the health sector.

The chairman of Africa Healthcare Federation Dr. Amit N. Thakker deepening private sector engagement should be embraced. He urged the government leaders to continuously have dialogue that will give positive results.

President Uhuru Kenyatta acknowledged that investing in health is significant to achieving the social-economic agenda and he emphasized on the need to build partnerships so as to achieve UHC. According to the president, leaders have to create an enabling environment for the private sectors in order to build confidence and attract investments into the health systems.

It is more important for African leadership to bring transformational leadership so as to bring hope and opportunities to the people of Africa. Therefore, Africa ministries of health should have frequent meetings so as to share synergies and initiatives with each other.

The meeting was essential in enhancing sustainable health outcomes. It was also an important platform to build on public-private dialogue, create awareness and commitments in relation to investments in healthcare in Africa.

This shall lead to a stronger private health sector which will contribute to economic development and goals towards achieving universal health coverage in an affordable way.

See more
https://au.int/en/pressreleases/20190209/africa%E2%80%99s-leaders-gather-launch-new-health-financing-initiative-aimed-closing

HILDA

posted by resultsjp at 22:18| Comment(3) | 情報

国際連帯税アドバイザリー・チーム月立ち上がりました!  金子宏先生も激励

              ◆IMG_2638 (1).JPG

すでにUME氏より報告がなされた「国際連帯税アドバイザリー・チーム第1回会合」(以下、チームと略)のもようですが、私の方からも簡単に報告させていただきます。参加者は、国際連帯税議員連盟(以下、議員連盟と略)、国際機関(*)、財団、学術関係者、NGO・市民団体、企業、労働組合、外務省など各セクターを越えて50人ほどが参加しました。

チームの設立については、昨年11月の議員連盟の総会で決められており、それがようやく実現の運びとなりました。まずチームの役割の第一は議員連盟の活動に対してアドバイス(助言、提言)を行うというものです。が、それにとどまらず様々なセクターの創意を結集し、国際連帯税を日本で実現していくため、独自活動も射程に入れ活動していくことをめざすことにもなります。実はこの後の議論で、アドバイスは議員連盟だけではなく外務省にも行おうということになりました。

ともあれ、第1回会合の議事ですが、まず議員連盟から、石橋通宏事務局長(参議院議員)が出席しあいさつを行うとともに、チームの役割について、具体的には「趣意書」と「規約」について提案しました。チームの目的は次の通りです(縮めて表記)。

 (1) 国際連帯税の実現に向け、提言、情報発信、世論喚起に尽力すること
 (2) 議連が主催/共催する会議等に出席し、勉強会等での講師を務めること
 (3) 当面チームは、議連のもとに活動し、近い将来議連と連携しつつ独自に活動を展開していくこと

続いて、田中徹二・グローバル連帯税フォーラム代表理事からチームの活動について提案しました。内容は、「シンポジウムや集会への賛同と支援」「事務局設置」「理論・制度部会の設置」です。

両提案に対して、それぞれ議論を行い、全体の拍手で承認されました。(詳細は、後日報告します)。

続いて、外務省の甲木地球規模課題総括課長が出席し、河野大臣の思いと今後の課題について報告がされました。

この会合のもうひとつの目的として、昨秋文化勲章を受章した金子宏先生からごあいさつをいただくことでした。先生は体調がすぐれないにもかかわらず、みなさんに御礼をということでご出席くださいました。先生の持論である国際人道税誕生の経緯、フランス提唱の連帯税への感想などが述べられ、「今後とも及ばずながら国際連帯税実現に向けみなさんとともにがんばっていきたい」と表明されました。

また、金子先生の朋友ともいえる津島雄二元厚生大臣(議員連盟初代会長)も出席され、ごあいさつされました。実はお二人とも1930年生まれでして、88〜89歳というご高齢ですが、国際連帯税実現への思いは強く頭が下がります。

ともあれ、チームはこれで発足しましたので、ご関心のある人はぜひチームにご参加ください。

(*)国際機関からはオブザーバーを含み、以下の方々が出席されました。
ユニセフ(UNICEF)、国連開発計画(UNDP)、国際労働機関(ILO)、国連世界食糧計画(WFP)、国連広報センター、国連UNHCR(難民高等弁務官事務所)協会、ユニットエイド(UITAID:国際医薬品購入ファシリティ)


(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 20:48| Comment(3) | 国際連帯税の推進

STRENGTHENING OF PROJECT ECHO IN KENYA

ENA-Web-Logo-a.png

Since the launch of the Project African ECHO in Namibia in 2015, dozens of countries in Africa have embraced the presence of Project ECHO.

Project ECHO program is a collaborative learning and practice platform dedicated to improving the health care delivering system and it is equipping frontline health care workers to better combat devastating diseases like HIV, Tuberculosis, Cancer, Cholera and Ebola.

In Kenya, Tuberculosis is a high burden disease with 43,000 deaths per year as reported by the Global Fund.

Kenya has adopted three ECHO programs focused on strengthening care and treatment on Multidrug-resistant TB, Pediatric TB, and infection TB.

TB program Kenya has established the use of ECHO project by establishing sites which it can be implemented. All the TB coordinators in the country have also been provided with notepads and Tablets to login in on the ECHO session every Tuesday of the week.

The mapping of a few health centers has been identified and there is a development of installing TVs in hospitals and centers to project the information to health care workers and the clients to get information about the deadliest diseases like TB and Cancer.

The programs all support WHO Global plan to End TB.

https://echo.unm.edu/global-echo-initiatives-in-hiv-tb-and-laboratory-science/
https://www.who.int/countries/ken/en/

Calvince
posted by resultsjp at 20:29| Comment(2) | 情報

ANOTHER SUCCESSFUL TOILET AND SANITATION IMPROVEMENT PROJECT

1635754.jpg

The Government of Japan has been providing funds to local non-profit organizations through the Grant Assistance for Grassroots Human Security Projects (GGP) since 1989.

This year, Reteti Primary School in Laikipia is one of the few that was selected to receive the grant.

Reteti Primary School is a public primary school established in 2009 starting as an Early Childhood Development Educational Centre (ECDE).

Before the project started the school ran from Class 1 to 4 and had 230 pupils. The pupils shared two semi-permanent and two permanent classrooms with ECDE children. The school had only 12 desks, with pupils sitting on rocks or on the floor.

Their sanitation facilities were inadequate, in a poor state, lacking in privacy and did not meet the Ministry of Education recommended ratio for usage for each gender.

The school had no administration block hence there was no privacy as meetings between parents and teachers, pupils and teachers are held outside.

With the completion of the project, the pupil enrollment has now increased to 380 pupils for Class 1 to 5, over 65% increase in enrolment.

The school now has four new classrooms, an administration block, new and adequate sanitation facilities for boys and girls, classroom and office furniture and a fence around the school.

According to press invitation published on Africanews.com the handover ceremony is planned to take place on February 26, 2019, in Laikipia county, in attendance during the handover will be Ms. Yui Takashima, Second Secretary of Embassy of Japan in Kenya.

For more
https://www.ke.emb-japan.go.jp/itpr_en/00_001079.html

Dicken
posted by resultsjp at 20:21| Comment(2) | 情報

KENYA ON COURSE TO ELIMINATE MALNUTRITION

According to UNFP statistics, malnutrition is unacceptably high in Africa, with 58 million or 36 percent of children under the age of five chronically undernourished (suffering from stunting), and 13 million or 8.5 percent of children acutely undernourished (suffering from wasting).

“Kenya has made significant progress in reducing the prevalence of stunting, underweight and wasting from 35 percent, 16 per cent and seven per cent in 2009 to 26 per cent, 11 per cent and four per cent in 2014," Health CS Sicily Kariuki said during the launch of the Africa Continent Nutrition scorecard at the 32nd ordinary session of the Assembly of the African Union.

Interventions such as maternal nutrition and education, vitamin and mineral supplementation to mothers and children, private sector involvement and mandatory fortification of wheat and maize flour with multiple micronutrients have led to improved nutrition in Kenya.

Kenya is also providing supplementary and therapeutic foods to the sick in particular those with HIV and the introduction of cash transfers programmes as part of social protection.

This improvement made Kenya be recognized globally as one of the countries on track to achieving World Health Assembly targets for nutrition.

For more, please click
https://www.the-star.co.ke/news/2019/02/12/kenya-on-course-to-eliminate-malnutrition-cs-kariuki_c1893612

Pauline
posted by resultsjp at 20:07| Comment(2) | 情報

金子宏先生の文化勲章ご受章をお祝いする会とサンキューセミナー

国際連帯税アドバイザリー・チーム第一回会合に続いて、国際連帯税アドバイザリー・チームメンバーで、平成30年度文化勲章を受章された東京大学大学院政治学研究科・法学部名誉教授の金子宏先生のご受章をお祝いする会を行いました。

金子先生を囲んで、元厚生大臣の津島先生、外務省の甲木課長も加わり、国際連帯税アドバイザリー・チームの皆さんで盛大にお祝いを行いました。バックグラウンドミュージックのヴァイオリン演奏の軽やかな音楽にも耳を傾けながらの心温まる会となりました。そして、会のハイライトとして、参加者の皆さんの思い思いの言葉でお祝いのメッセージを書きこんだ心のこもる色紙をお渡ししました。手作りの色紙ですが、金子先生も大変喜ばれておられました。

私事になりますが、タクシーまでお送りする際、共に長野県出身であることで「同郷だ」と言われて嬉しかったです。

IMG_2689.JPG

IMG_2690.JPG

IMG_2388 (3).jpg


その後で、国際連帯税アドバイザリー・チームメンバー第一回会合への参加者を中心として、恒例の日本リザルツ「サンキュー・セミナー」を開催しました。サンキュー・セミナーでは、金子先生の提唱された「国際人道税」の意義について再認識するとともに、発展途上国における、貧困、感染症、栄養、衛生、環境、医療、難民、労働など多岐に亘る課題と国際連帯税の在り方について、民間企業、国際機関、市民社会、学識経験者などそれぞれの立場から意見交換が行われました。

日頃顔を合わすことが稀な多様な関係者が一堂に介して国際連帯税の在り方について闊達な議論を行うとともに、参加者同士の懇親も深められた大変有意義な会合となりました。 

                                              MK
IMG_2382 (3).jpg


posted by resultsjp at 16:18| Comment(2) | 情報

国際連帯税アドバイザリー・チーム発足

昨日、日本リザルツの会議室において「国際連帯税アドバイザリー・チーム第1回会合」が行われました。このアドバイザリー・チームは、国際連帯税創設を求める議員連盟の総会において提起があったことを受けて設立されたものです。同議員連盟に対して提言を行うと共に、内外に向けて情報発信して世論に訴えることを目的としています。

IMG_2596.JPG

IMG_2606.JPG

IMG_2639.JPG

IMG_2686.JPG

会合には、議員連盟、外務省、国際機関(UNICEF)、国連開発計画(UNDP)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際労働機関(ILO)、国連世界食糧計画(WFP)、国連広報センター、ユニットエイドや学術関係者、企業、NGO等様々な分野から50名程が集まり、昨今の国際連帯税に対する気運の高まりを象徴するような、とても熱のこもった議論を繰り広げました。

IMG_2615.JPG

IMG_2626.JPG

IMG_2669.JPG

IMG_2676.JPG

今回は特に、「国際人道税」の提唱者であり、昨年文化勲章を受章された金子宏先生にご出席いただき、大変貴重なお話をいただくことができました。金子先生の文化勲章受章については日本リザルツのブログでもご紹介しています。
私はあまり会場にいることができず、少ししかお話を聞くことができませんでしたが、現在録音を聞きながら議事録を作成しているところで、お話をお聞きするのが楽しみです。

IMG_2643.JPG

国際連帯税の創設へ向け、この熱気をさらに増やし、これまで国際連帯税に関心がなかった人なども議論に巻き込んで大きなうねりを作れるよう頑張ります。

現在、「国際連帯税をG20大阪サミットで主要議題に」キャンペーンを実施しています。ご賛同いただける方はご署名をお願い致します。署名リンク
・詳細はこちら

UME
posted by resultsjp at 10:23| Comment(2) | 国際連帯税の推進