2019年03月18日

内部の資金調達がUHC達成の一助に

ケニア事務所メンバーDickenさんのブログ投稿の翻訳です。

債券や税金は、政府が資金を得る確実な方法の代表例です。適切にこれらの資金が用いられたら、ケニアのユニバーサル・ヘルス・カバレッジに大きなインパクトを与えられることが研究で明らかになりました。

試算では、HIV、結核、マラリア対策にケニアが必要とする資金総額は、毎年840億ケニアシリング(約923億円)で、2019年から2022年にかけて投じることとなります。ただしこの中には、保健従事者やインフラ整備コストの政府負担は含まれておらず、圧倒されるような総額です。

報道にでは、保健医療を財政的に税金で支えるためには、例えば航空券や贅沢品としての空の旅への課税がケニアの選択肢として考えられるとのことです。

同様UHCを支える財源候補として、携帯電話利用者がモバイルデータや音声通話を利用する電話通信を対象にして税金を導入することも挙げられています。

「試算では1億225十万ドル(125億ケニアシリング)が、携帯マネーで日々取り引きされています。このうちの1%をUHC財源にすることで、一日120万ドル(1億25百万ケニアシリング)を簡単に捻出できます。」

タバコやアルコールなどの嗜好品に対する贅沢税も財源確保のリストに挙げられていますが、消費者への影響も検討されています。

他方、高収益体質の企業が行うCSR活動に課税して、保健医療の財源とすることを検討すべきとの意見もあります。2018年6月ケニアでは携帯マネー送金に対する税率を10%から12%に上げ、50万ケニアシリングを超える銀行送金には0.05%が課されるようになりました。

砂糖とアルコール飲料への増税も検討にあがりましたが、日の目を見ることはありませんでした。

租税は国家重要課題に寄与するよい方法ですが、多くのケニア人が難色を示しています。なぜなら、個人の財布を直撃することになるからです。この議論は合意形成に達するためにされるでしょう。

ケニアは政府への複数の財源があり、正しく用途に結びつけられ、使われると、保健医療分野の課題が加速することになります。

もし公的機関に蔓延っている汚職がまず退治されると、政府は保健医療と2022年までにすべてのカウンティでUHC達成のために十分過ぎる財源を確保できます。

Dicken
posted by resultsjp at 22:07| Comment(3) | 情報

INTERNAL FUNDING CAN HELP IN ACHIEVING UHC


Bonds and taxes are some of the sure ways where the government gets funds from. If well tapped and utilized these funds can impact greatly on Kenya’s universal health-care coverage, new research shows.

Estimates showed that Kenya’s funding need for HIV, TB, and Malaria alone would total Sh84 billion annually between 2019 and 2022, excluding health provider and infrastructure costs funded by the government this is an overwhelming amount.

“Kenya, the report says, has the option to finance its healthcare through levies by, for example, taxing airline tickets, air travel being a luxury good.

Its also suggests the introduction of a telecoms levy for mobile phone subscribers to pay slightly more for mobile data and voice to potentially generate resources to support UHC.

“An estimated $122.5 million (Sh12.5 billion) is transacted daily in the form of mobile money transactions. By contributing roughly one percent on a graduated scale, Kenya can easily raise $1.2 million (Sh125 million) daily to finance UHC,” the report said.

Sin tax on goods such as tobacco and alcohol is also on the list of areas that would generate the budget considering their impact on consumers.

Kenya, on the other hand, should consider imposing a Corporate Social Responsibility(CSR) levy on high net worth companies to finance its healthcare.

Kenya in June 2018 increased excise duty on mobile money transfers from 10 percent to 12 percent and a 0.05 percent excise duty on bank transfers of Sh500,000 or more.

Taxing sugary and alcoholic beverages was also proposed but the idea did not see the light of day.

Although tax is a good method to contribute to the national Agenda, many Kenyans have reservations on that since the tax ends in individuals pockets. This is a debate that can go along way for a consensus to be arrived on.

Kenya has got multiple sources of income to the government that if tapped and utilized correctly can boost the health service docket.

If corruption that flourishes in the public offices is tackled first, the government will have so much to budget for Health care and the goal of achieving UHC by 2022 in all counties will be possible.

Dicken
posted by resultsjp at 22:06| Comment(3) | 情報

GGG + FORUM東京2018の振り返り

本ブログはケニア事務所メンバーCalvinさんの投稿日本語翻訳版です。

GGG+フォーラムはプラットフォームとして、国際機関、政府機関、民間企業が、それぞれの経験、イノベーション、保健医療サービスの開発・発展を共有して、ユニバーサルヘルスカバレッジが世界的に促進される機会です。

このフォーラムの着想は、日本の保健医療における知見を活用して、研究開発の助けにして、人間の健康の基礎である安全で栄養のあるおいしい食事を確保して健康な世界を目指していくところにあります。

それに加えて、安く、限られた予算の中でも手に入りやすくなければなりません。

このフォーラムでは、結核、HIV/AIDs、マラリア抑止に向けてグローバルファンドの第6回増資の再構築についても言及されました。

和泉洋人内閣総理大臣補佐官は、GGG+フォーラムのために補正予算が継続して確保される見込みであることを示唆されていました。

東京でのフォーラムの重要性は、ナイロビで2016年に実施したTICAD VIを際の課題の達成、2019年8月のTICAD7、成長のための栄養(N4G)への取り組みを促していたことです。

最後にですが、官民連兼パートナーシップ(PPP)は、キャパシティの問題があります。現状分析が必要です。また、実行までのギャップは、SDGsの達成とUHC促進のために乗り越えられないといけません。

Calvince
posted by resultsjp at 21:57| Comment(3) | 情報

GGG + FORUM IN TOKYO 2018



This is a platform where international organizations, government agencies and private institutions shares their experiences, innovations and developments in health care services to promote Universal Health Coverage globally.

The idea for this Forum is use to Japan’s experience in health care to aid in Research and Development and as well have a healthy world by establishing three key elements of Human well-being initiative which is Safe, Nutritious, tasty (Delicious) food.

On top of that the food should be cheap and readily available to reduce constraint on limited budget.

At the Forum, it gave a platform for reengineering the sixth replenishment for Global Fund in prevention and control of Tuberculosis, HIV/AIDS and Malaria.

Mr. Hiroto Izuma, special advisor to the Prime Minister reiterated that the supplementary budget for the GGG+ Forum is ongoing and promised to be secured in time.

The importance for the Forum in Tokyo is to accomplish the TICAD VI held in Nairobi 2016 presumptions and promote the Nutrition for Growth (N4G) in 2020 and TICAD VII in August 2019.

Lastly, the PPP has issue with capacity, the situational analysis is needed, the gap for implementation should be bridged to achieve SDGs and Promote UHC.

Calvince

posted by resultsjp at 21:55| Comment(3) | 情報

IMPORTANCE OF GGG+ FORUM


The main components of GGG+ are Global Fund, Gavi, the Vaccine Alliance and GHIT (Global Health Innovative Technology).

The forum brings together various sectors in the government, private and nongovernmental stakeholders whereby they discuss health issues and deliberate on solutions to health challenges.

The forum mainly focuses on developing countries especially Africa by providing funds for drug development and disease control which will enable more private companies from Japan to penetrate and expand their insights towards the achievement of UHC and SDGs in the continent.

During these forums, other conferences are organized like the G20 and TICAD 7 in 2019 as well as N4G in 2020 which will also be a great platform to discuss global health issues.

Pauline

posted by resultsjp at 21:34| Comment(3) | 情報

GGG+フォーラムで課題とアクションプランを議論する意義

ケニア事務所メンバーHildaさんのブログ翻訳投稿です。

2018年7月31日と12月3日、日本リザルツと平和と健康の会が、ビル・メリンダゲイツ財団と共同し
て、GGG+フォーラムをケニア・ナイロビではジャカランダホテル・東京ではホテルルポール麹町で開催しました。

GGGは、エイズ、結核、マラリアと戦うグローバルファンド(グローバルファンド)のG、ワクチンと予防接種のためのグローバルアライアンス(GAVI)のG、グローバルヘルスイノベーティブテクノロジー(GHIT)ファンドのGを表しています。

会議の主な議題は、次の通りです。
1.日本企業による新薬研究開発とアフリカでの治験
2.健康な世界に向けて(Good Meal City、栄養、高齢化社会の健康)
3.アフリカ健康構想

このフォーラムでは、保健医療プロフェッショナル、大学教員・研究者、異なる専攻の学生、政府関係者、(各国駐日)大使、国際機関、NGO、企業関係者、国会議員など様々なバックグラウンドの人々が一堂に会しました。

このフォーラムでの議論は、2019年6月のG20、8月に実施されるTICAD 7、2020年のN4G(成長のための栄養 Nutrition for Growth)に焦点が当たりました。このフォーラムの狙いは、日本と国際機関のパートナーシップを推進する狙いがあり、健康にかかわる現在と未来の世代のために、すべての関係者のイノベーションを通じて解決策を探すプラットフォームを作り出しています。

GGG+フォーラム東京での議論において、山本尚子WHO事務局長補がモデレーターを務めてくださいました。政府、NGO、国際機関の協同へのニーズを満たすため、参加者は活発に発言していました。

議論から私がわかったことは、日本政府がユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)、PPP(官民連携パートナーシップ)とアフリカ健康構想を優先課題としている取り組みは、他の国々にとって学びの良い機会となることです。


HILDA
posted by resultsjp at 21:34| Comment(3) | 情報

DISCUSSING ISSUES AND ACTION PLANS IN THE GGG+ FORUM IS A GOOD WAY TO GO


On 31st July 2018 and 3rd Dec 2018 Results Japan and Japan Association for Health and Peace (JAHP) in cooperation with Action and Bill & Melinda Gates Foundation hosted GGG+ Forum in Nairobi at Jacaranda Hotel and Tokyo at Le Port Kojimachi.

This represented Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, Global Alliance for Vaccines and Immunization (GAVI), and the ͞Global Health Innovative Technology (GHIT) Fund.

The agenda of the meeting includes
1.Research and development of new drugs by Japanese companies and clinical trials in Africa.
2. Towards a healthy world. ( Good meal city, nutrition, and health for Aging Society).
3. African Well-being Initiative.

This forum brought together people from a variety of backgrounds including health care professionals, university-affiliated professors, and members, students from different fields, government officials, ambassador, international organizations such and NGO`s, private corporations, and diet members attended the forum.

The forum’s discussion focused on TICAD 7 to be held in August 2019, N4G march 2020 and G20. The main aim of this forum is to promote for the partnership between Japan with international organizations and to create a platform to explore solutions through innovation by all the responsible parties for the present and future generation as far as health is a concern.

During the discussions at GGG+ Tokyo ADG, UHC, WHO Naoko Yamamoto was the moderator, the participants retaliated that in order to achieve there is a need for collaboration between the government, NGOs and International organization.

From the discussions, I have made an observation that the Japanese government takes Universal Health Coverage (UHC), PPP and human well-being as a priority which is a great opportunity for other countries to take it as a lesson.

HILDA

posted by resultsjp at 21:32| Comment(3) | 情報

GGG+フォーラム東京を読んで

日本リザルツケニア事務所のアブタさんがGGG+フォーラム東京を読んだ感想を書きましたので、邦訳を紹介させていただきます。

2018年の12月、日本リザルツはGGG+フォーラム東京を開催しました。テーマは日本の知見を活かして、どのようにUHCを実現するかでした。

グローバルファンドは、開発途上国に対して結核、マラリア、そしてHIV/AIDsに関する取り組みを行っている機関で、九州・沖縄サミットを受けて、2002年に設立されました。

今年(2019年)は、グローバルファンドの増資会合が行われる年で、会合に向けた取り組みが進んでいます。

GHITはヘルスセクターにおける新たな技術に向けてR&Dを重点的に行うための投資を行っています。アフリカや南アフリカで創薬に向けた取り組みをしています。新薬の開発はマラリアなどの疾病でも行われています。

鈴木医務技監は総括の後、CSRの重要性について指摘していました。
アフリカ健康構想は、日本の民間セクターがアフリカにより進出し、アフリカが抱える問題を解決するために作られるそうです。
こうした取り組みがきっかけとなり、健康に関する課題が解決できます。例えば、トイレ、公衆衛生、栄養などでは、リクシル、サラヤ、そして味の素などがこの地でビジネスをしています。

グッドミール・シティ構想では全ての人が安全、美味しい、そして栄養のある食事がとれることが目標として掲げられています。なぜなら、適切に栄養をとることは、健康な身体づくりに不可欠だからです。

今では、Gaviを通じて7億人の子どもがワクチンを接種できており、これは86%の子どもたちがワクチンへアクセスできているということになります。以前は、たった2000万人の子どもしか、Gaviからワクチンを受けられていませんでした。

GGG+がとても重要な役割を果たしていることがわかり、GGG+フォーラムがとても大切であることがよくわかりました。
Abuta

職員も議事録の内容に目から鱗の様子でした。しっかり読み込んで理解してもらえると嬉しいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 21:17| Comment(3) | 情報

THE ESSENSE OF GGG+ 2018


In December 2018, RESULTS Japan held the GGG+ forum in Tokyo. The theme was how to achieve UHC using Japan’s experience.

Worth of note is the work of Global Fund in the fight against TB, Malaria and HIV/Aids. The organization was launched in 2002 but created at the 2000 Okinawa Summit and has been in the frontline to fight the diseases, especially in the developing and underdeveloped world.

This year (2019) is particularly important to them since they will be seeking to replenish their funds to aid in their enormous work.

GHIT has invested quite heavily in Research and Development for New Technologies for Health, as well as drug development in Africa and South America. The drug development is meant to address diseases like Malaria.

Private entities have been urged to consider CSR as part of supporting health, as elaborated by Dr. Suzuki Yasuhiro.

The Africa Wellbeing initiative has been started to provide a means of assisting Africa solve its challenges through expanding Japanese private sector entities to Africa.
Through these organizations, the health challenges can be solved, for example through toilets, sanitation, and nutrition where Lixil, Saraya and Ajinomoto, which have businesses in the region.

The Good Meal City seeks to have healthy people by having Safe, Delicious and Nutritious Food available for the people to eat. This is because having proper nutrition is essential in achieving a healthy body.

Through Gavi, over 700 million children will access vaccines at very subsidized prices to promote the cover of vaccination, which is currently at 86%. In the past, over 20 million lives have been saved through vaccines from Gavi.

Given these very important roles that organizations involved in GGG+ do, it is right to conclude that this is a very important forum.


Abuta
posted by resultsjp at 21:16| Comment(3) | 情報

NUTRITION SITUATION IN KANGEMI SCHOOLS

dsc_0300.jpg

Majority of Kangemi slum dwellers live on less than a dollar a day which is not enough to meet their basic needs.

Since one of the basic needs is food, the breadwinners strive to get at least one meal a day, mostly dinner. Breakfast and lunch are mostly forfeited but the lucky children get it at school.

As we kicked off our 3rd-year project, we visited formal and informal schools in Kangemi, we found out that the nutrition situation is different in these schools.

Pupils in formal schools get free lunch which is provided by the government under the school feeding program while parents support informal schools by paying for the school lunch.

This makes the population of children in formal schools be high compared to the informal school with some schools enrolling up to 2300 pupils.

Lunch fee in the informal schools is included in the school fees but parents are encouraged to pay on a daily basis whatever small they can afford between Ksh. 30 and 50 per child.

Most of these schools rely on good Samaritans like churches or individuals to ensure the pupils stay in school even if their parents have not catered for the lunch.

Pauline


posted by resultsjp at 18:02| Comment(3) | 情報

百万人以上のケニア人が長引く干ばつによる深刻な飢餓

ケニア事務所メンバーCalvinさんのブログ投稿の日本語訳です。

ケニアの長引く干ばつが、数十万の人々を深刻な飢餓に追いやっています。
国の北側にある周縁化されたコミュニティでは、飢餓の影響を最も受けており、人々と動物が飲んだり食べたりするための食品や水が全くありません。

最も影響を受けているカウンティは、バリンゴとトルカナで、カウンティの健康危機信託基金はすでに枯渇していしまいました。

地元テレビ局からの情報では、お年寄りと子どもたちが最も深刻に影響を受けています。それは、彼らが弱く、他の年齢層の人たちは、母子・お年寄りを同行せず、水や牧草地を探して家畜を連れてよそへ移動しているからです。

これについて、これらの地域出身者は薬や治療を求めない傾向にあり、適当な食料や水なしでなんとかしのごうとしています。結果として、子どもたちの栄養失調により高い死亡率につながっています。

ケニア政府がこれらの状況を常に把握しているにもかかわらず、状況を食い止めるために実施された予防対策が不十分であり、また飢餓を問題を訴える有効な介入が実施されていません。

さらに、ケニア国政府は関係パートナーやドナー、カウンティ政府と連携して、問題意識を高めたり、飢餓を食い止めるための代替案について、コミュニティを啓発するようにするべきだと思います。

Calvin
posted by resultsjp at 17:53| Comment(3) | 情報

OVER A MILLION KENYANS FACING SERIOUS HUNGER AMID PROLONGED DROUGHT

The prolonged drought in Kenya has swept hundreds of thousands into serious hunger.

Marginalized communities from the Northern parts of the country have been greatly affected with the effect of starvation, therefore it implies there is completely no food and water for people and animals to drink and eat.


The most affected counties are Baringo and Turkana, whereby the County health and emergency Trust Funds are already depleted.

The information from the local TV stations indicates that Elderly and Children are the most affected group because they are vulnerable and the other age groups tends to move out with cattle in search of water and pastures(nomads) leaving mothers, children and elderly unattended.

In this regard, people from these regions tend not seek medicines and the medication can work out without proper food and water. Therefore, it will lead to high mortality rate due to malnutrition in children.

Even though National Government are always aware of these circumstances, still little prevention measures are done to curb this situation and no meaningful interventions have been in put place to address starvation.

Moreover, the National Government should collaborate with partners and donors as well as the County Government to promote awareness and educate the community on alternative measures of curbing starvation.

Calvin






posted by resultsjp at 17:52| Comment(3) | 情報

ケニアの女性が抱える肥満という負担

ケニア事務所メンバーHildaさんの投稿の日本語訳です。

研究によると、サブサハラアフリカにおける過体重と肥満が女性、特に25歳から44歳の年齢層において、広がっていることが明らかになっています。
妊娠中の体重増がそのままになっていることが、原因ではないでしょうか。ただ、貧しい食生活習慣や運動不足など複数の生活習慣要因の結果かもしれません。
過体重と肥満の人々のリストの中にケニアも含まれていて、実行力のある解決策が見つかることを願っています。

最後に実施された調査、2009年のケニア人口健康調査(KDHS)結果によると、ナイロビはに、過体重と肥満な状態にある女性(15―49歳)が最も多くいます。
このような事態に都市化も重要な役割を担っています。なぜなら、多くの人々は伝統的な食事から、飽和脂肪酸、ナトリウム、砂糖が高く、食物繊維が低いレベルで含まれている食事に変化しています。

忙しい仕事のスケジュールのため、多数の人々はファストフードを好んでいます。

ほとんどの場合、裕福や中流階級のグループにとっての現代の生活が、すでに当たり前になっています。過剰なカロリー摂取量は、運動とのバランスが取れていません。

タニタさんとのお仕事の中で気づかされたチャレンジです。機器をお借りし、日ごとのカロリーの消費量を計ることができました。カロリーが消費されるのは、人が活動したときだけだと、改めて気づかされました。この機器はとても便利で、使っている人は、体重が増加しないようにに、消費したカロリーより少なく摂取するようにと気づくのです。

しかしながら、ステロイドの使用によるホルモンバランスの不均衡の結果によるケースもあります。そして、この点については、反対意見もあります。
ナイロビ病院のギチュヒ栄養士によると、ほとんどの人は食物繊維の豊富な健康的な食品を数多く選べるにもかかわらず、食事の量を適切にすることを忘れてしまっています。

タニタさん、味の素ファンデーションさん、バイオバーシティなどの関係者の方々のご協力により、この問題に終わりが来ることを信じています。

HILDA
posted by resultsjp at 17:38| Comment(3) | 情報

WOMEN CARRYING THE BURDEN OF OBESITY IN KENYA

obesity_215631559_detail.jpg

According to research, it is evident that overweight and obesity in sub-Saharan Africa are most common in women and specifically in the 25 – 44-year-old age group.

Analytically, it may be due to the retention of gestational weight gain; but may also be the outcome of numerous lifestyle factors, including poor dietary practices and physical inactivity.

Kenya is also on that list of the overweight and obese people and hopes this will find a tangible solution.

Nairobi has the highest prevalence of the overweight and obese women of age (15-49) according to the last conducted survey, Kenya Demographic Health Survey (KDHS) of 2009.

Urbanization has played a vital role in such situation because most of the people are exposed to diets that veer from traditional foods to foods containing high level of saturated fat, sodium and sugar but low in dietary fiber.

Majority of the people prefer fast foods due to busy work schedules.

In most cases the modern ways of life for both the affluent and middle class groups has been so common. There is excess caloric intake where by the amount taken does not balance with the physical activities.

This is a challenge that I was made to realize by TANITA whereby I was able to gauge the calories I used per day and I realized that the calories are used up only when someone is active. The gadget that is used is so helpful and when one realized that they use less they then need less of it to avoid weight gain.

However, there are few cases that are as a result of hormonal imbalance due to use of steroid and this can be countered in away.

According to Nairobi hospital nutritionist Gichuhi, a majority of the people is able to choose a wide range of healthy foods rich in fiber but they forget to portion the meals appropriately.

By the help of TANITA, AJINAMOTO FOUNDATION, Bioversity International and other stakeholders in health I believe this matter will come to a halt.

HILDA



posted by resultsjp at 17:37| Comment(3) | 情報

体操(TAISO)を世界に!

日本リザルツでは、ケニア・ナイロビ市のスラム街のカンゲミ地区で結核対策を行っています。その事業の一環として栄養改善事業を始めたところです。その際、現地の子ども達を対象に体操が行われました。その様子が、(株)タニタヘスルリンク様の動画によりご覧いただけます。タニタヘスルリンク様のご好意に感謝いたします。
ケニアの子どもたちにとっては初めての経験だと思われますが、皆ニコニコ、楽しくやっていますね。カンゲミから体操(TAISO)が世界に広まればいいですね!                          MK
                              
下記に、タニタ体操の動画ファイルのリンクを共有させていただきます。
リンク:https://drive.google.com/open?id=1cLDaLM2mbX6ulIjAc5kzKW8kvASSSBTx

                            
posted by resultsjp at 17:33| Comment(3) | 情報

エビデンスに基づいた政策立案に関する授業

日本リザルツケニア事務所のアブタさんのブログの邦訳を紹介いたします。

先週金曜日、開発途上国におけるエビデンスに基づいた政策立案についてプレゼンテーションを行いました。これは大学院の授業の一環です。
エビデンスに基づいた政策は、開発途上国の問題を解決するためにもっとも効果的な資金の配分を考え、多大な効果をもたらします。エビデンスに基づいて効果的に資金を活用する政策を作成することで、人々の命を救い、貧困を削減し、開発の成果を向上させることができます。
何年もの間、意見に基づく政策決定が当たり前とされてきましたが、今はエビデンスに基づいた政策決定が最も効果的で、最大限の効果をもたらすとされています。
ナイロビ大学には、アフリカで高いレベルでの政策決定ができるよう、トレーニングができ、これがアフリカの課題を解決する糸口になっています。
世界経済はエビデンスに基づいています。政策決定もエビデンスに基づいてなされ、結果のでないものに投資することを減らすべきです。
これらの授業は、僕が将来、政策立案をするにあたって、大きな糧になると嬉しいです。

日本リザルツケニア事務所のスタッフは勉強熱心です。学校はもちろん、仕事を通じて、多くのことを吸収していただけると嬉しいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 17:32| Comment(3) | 情報

EVIDENCE BASED POLICY MAKING FOR DEVELOPING COUNTRIES

pppoliccy.jpg
Last Friday, I presented on Evidence-Based Policymaking for Developing Countries. This is part of my graduate coursework.

Evidence-based policies have a greater potential for change since they seek to allocate resources for the highest impact in the alleviation of problems in developing countries.

Better utilization of evidence in policy and practice can help save lives, reduce poverty
and improve development performance.

Over the years, opinion based policy making has been the norm, but currently, evidence is gaining tractions as the best way to make policies that achieve maximum success.

The University of Nairobi is positioning itself as the centre for high-level policy-making training in Africa and seeks to influence policies made to solve Africa's challenges.

Major world economies have lately inclined to evidence as a means to determine what policy can succeed and which cannot, to reduce costly funding for no results.

It is my hope that these lessons carry great importance in my future policy work.

Policy.jpg

Abuta

posted by resultsjp at 17:31| Comment(3) | 情報

国際連帯税:金子宏東京大学名誉教授のごあいさつ(2月25日)

              金子先生.jpg
                   いつも私たちを励ましてくださる金子宏先生

2月25日「国際連帯税アドバイザリーチーム」立ち上げ会合に、昨年文化勲章を受章された金子宏東京大学名誉教授も駆けつけてくださり、参加者を激励しました。その時の先生の「ごあいさつ」を紹介します。

【金子宏先生のごあいさつ】

ただ今ご紹介いただきました、金子でございます。予定の時間を過ぎて、遅れて参上いたしまして、大変失礼いたしました。ここに、先輩であり長年の友人である津島雄二さん(注:元自民党税調会長で国際連帯税創設を求める議員連盟の初代会長)がご一緒してくれました。昨年文化勲章を拝受いたしまして、非常に光栄なことと存じております。これは、租税法という法律、これは他の分野と比べると新しい分野でございますけれども、その分野の理論と体系を構築したということで、拝受いたしました。本当に光栄なことと存じております。

それから、今ご紹介がありました、国際連帯税に関しまして、私は国際人道税と呼んでおりますが、どちらも国際航空運賃に課税をするという点では共通でございます。1998年に日本の雑誌に国際人道税という名称で国際航空運賃に課税したらどうかという提案を含んだエッセイを書きました。そして、たまたま日本に来ておられたハーバード大学のロースクールのオールドマン先生に、こういうものを書いたと話しました。すると、国際航空運賃に課税するという提案は、まだ誰もしていないから、是非とも英語で発表するようにということで、早速アメリカのインターナショナル・タクゼーションに関する雑誌に掲載する手はずを整えてくださいました。私の拙い英語で英訳しましたが、オールドマン先生の弟子で、私の長年の知り合いのラムザイヤー教授が私の英語を見て、必要な訂正を施してくれて、ラムザイヤーさんが翻訳したくれたところ、見違えるほど内容が良くなりました。そして、それがアメリカの雑誌に載りました。

2006年でしたか、2000年代に入ってから、フランスの旧植民地の色々な人道問題を援助しているNGOを通じて、シラクさん(注:当時のジャック・シラク仏大統領)に対して強力に国際人道税を導入して、国際航空運賃に課税をすべきだと、そしてフランスの旧植民地においてマラリア根絶などの費用に充てる為に導入したらどうかと働きかけをしたようであります。シラクさんは最初反対しておりましたけれども、説得の結果導入されたようでありますが、フランスで導入されたものが、フランスの旧植民地に使うということで、UNICEFなど国際組織に寄付をするという私の提案とは違い、フランス政府の手で使うということになったようです。その後、いくつかの国と連帯して、共同で色々な事業に使っているようであります(注:UNITAID・国際医薬品購入ファシリティという国際機関を設立し、途上国の感染症対策のための医薬品等の購入を行う)。

私は、国際航空運賃というのはどこの国も消費税をかけることができないという理由で、つまり国外の消費でありますから、消費税の対象にならないためどこの国も課税してこなかったのでありますけれども、色々な宗教対立とか人種間の紛争とか、それによって子ども達が悲惨な目に遭っているという状況に照らして、今までどこの国も課税できないとして課税してこなかった国際航空運賃に課税をして、その税収をUNICEFに寄付して、UNICEFの手で色々な国でひどい目に遭っている子ども達の救済に充てたらどうかと考えた訳であります。

いくつかの国で、シラクさんが採用した国際連帯税という制度を採用している訳ですけれども、先ほど申しましたように、私の提案とは徴収した国が使うのか、それを国際組織に寄付をして国際組織の手で色々な、例えば国境なき医師団とか、国際的な活躍をしている、経験のある組織にお金を出してそしてそれを子ども達の救済に充ててもらうのかという違いがあるわけでありますけれども、私は今の国際連帯税がやがて税収を各国が使うのではなく、国際組織に使ってもらうというようになっていくといいなと考えています。

ですから、国際連帯税と国際人道税は決して違うものではなくて、私が同種の租税が将来的には徐々に国際人道税に発展してゆくことを期待している訳であります。国際連帯税に反対するわけではなく、むしろその発展に少しでもお役に立つことができればというふうに思っている次第でございます。歳を取ってしまいましたけれども、できる限りでご協力をしていきたいと思っております。ちょっと長くなりましたけれども、以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。(大きな拍手)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 16:02| Comment(3) | 情報

第3期プロジェクト対象学校の現場確認 Part 2

日本リザルツケニア事務所では、今期プロジェクトの一環として、ナイロビ市カンゲミ地区での公衆衛生環境改善に取り組んでいます。

LIXIL社のSATOのトイレを設置する学校では、手洗い啓発・推進プロジェクトも行います。
サラヤ社の石けんを子どもたちに試してもらい、手洗いの重要性について実践的に学んでもらう予定です。
これは、国連が掲げているSDGs(持続可能な開発目標)の6番目「安全な水とトイレを世界中に」ともつながりがあります。

ちょうどお昼ごはんの時間だったため、子どもたちが仲良く手を洗っている姿も見ることができました。
P_20190312_125208_vHDR_On.jpg

この学校では、お昼ごはんの前にきちんと手洗いが実施されていました。
しかし、液体石けんを使っていなかったので、サラヤ社の石けんを導入して、手洗いをするとより効果がでそうです。

また、別の学校では、校庭の脇にキッチンガーデンを設けていました。
植物を育てることで、食品や栄養への関心も高めているそうです。

P_20190312_102726_vHDR_On.jpg

各学校がそれぞれ特色ある取り組みをされているので、非常に勉強になりました。
百聞は一見に如かずといいますが、やはり、実際の現場の様子を教えていただくのが、一番の勉強だと思いました。

P_20190312_113838_vHDR_On.jpg



SoH
posted by resultsjp at 15:48| Comment(3) | 情報