2019年03月19日

ケニアでの健康課題の解決には研究が必要

ケニアスタッフCalvinの投稿を和訳した文をご紹介します。

ケニアでは、今日まで健康の課題に対する研究に関しては数多くの課題を抱えている。研究課題の殆どは、海外ドナーによる資金提供によるものであるが、提供のスピードが低下しているものもある。研究に関してはケニアにおいては健康に関する研究開発についてはインパクトがあると考えられる。

研究組織についてみると、有効な研究を実施するための資源の緊急の不足や適正に訓練された研究者不足に直面している。健康分野で目覚ましい発展が見られる殆どの国では広範な支援を受けている。様々の部門の政府職員が研究機関や大学での研究活動に対する資金の増加の必要性を強調している。熱帯感染症対策の薬剤の研究開発、ワクチン、健康制度の強化の分野である。

貧困が原因となる課題解決においては、研究が不足しておりその対応のためには政府の真剣な取り組みが必要である。

Calvin

MK
posted by resultsjp at 18:10| Comment(0) | 情報

KENYA NEEDS MORE RESEARCH TO SOLVE HEALTH CHALLENGES

Up until now, Kenya has a number of problems when it comes to government initiated research for health solutions.

Most of the research done is funded by foreign donors, something that has slowed the rate at which research impacts developments, and especially health development in Kenya.

The research organization that exists are faced with either an acute shortage of resources or lack of properly trained research personnel to carry out impactful researches.

Most countries that have had impressive breakthroughs in health have been assisted in doing so by extensive and results focused research.

It is important that in the budgeting, various governmental officers emphasize on the need to increase funding for research, as well as university-based research work.

Research and development of medicines for tropical diseases, vaccines, and improved health systems and strengthening can be achieved.

It should be the prerogative of any serious government to address research gaps in solving the challenges that arise due to poor or lack of research.

Calvin


posted by resultsjp at 18:03| Comment(3) | 情報

GGG+フォーラムについての私の理解

このブログはケニア事務所メンバーDickenさんの投稿を日本語に翻訳したものです。

GGG+フォーラムは、3つの団体Global Fund(グローバルファンド)、Gaviワクチンアライアンス(GAVI)、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT)の略を表しています。
GGG+フォーラムは、日本リザルツと平和と健康の会(JAHP)が主催する国際的な円卓会議です。
フォーラムの主な目的は、すべての関係者が一堂に会し、日本の知見を用いて日本とアフリカの協力に焦点を当てて、国際保健問題を議論することです。

2018年12月東京で行われたフォーラムは、「日本の知見でTICAD Zを成功に!」をテーマに行われました。TICAD7は2019年8月28日から30日まで横浜で催されます。
このテーマに関連するその他の会議は、2019年6月のG20、2020年のN4G(成長のための栄養 Nutrition for Growth)と、2021年の国際栄養会議です。

会議では、日本の知見に加えていくつかの意見が交わされました。グローバルファンドは、資金供給を通じてマラリア、HIV、結核などの有害な病気に対処する人命救助の取り組みの最前線に居続けています。

GAVI ワクチンアライアンスは、大人と子供にワクチンを提供するために声を発し、設立から7億人の子どもたちにワクチンを提供しています。

GHITファンドは、新薬の研究開発と革新的なイニシアチブへの資金供与を通じて、アフリカの僻地にも医療サービスが提供されるような取り組みを行ってきています。例えば、ドローンを使って薬を届けたりするようなプロジェクトがいい例です。

会議の第二部では栄養に焦点が当たり、どのようにしてGood Meal City や高齢化社会に栄養と健康を実現するのかが話し合われました。Good Meal Cityは、安全でおいしくて、栄養ある食事が特徴です。

フォーラムの最後のパートでは、アフリカ健康構想が広く話し合われました。パネリストは、アフリカは数多くの試練に直面していて、世界のその他の地域にも影響を及ぼすであろうことを指摘していました。アフリカの人口は13億人から2100年までに40億人まで増える可能性があります。

その他の課題、トイレ、水、適切な公衆衛生の欠如などが議論されました。日本は持っている知見と技術をアフリカを助けるために用いることに積極的です。

この技術の中には、私たちが導入を予定しているSATOトイレや、TICAD7でケニアへの導入が話し合われるであろう浄化槽などが含まれています。

Dicken
posted by resultsjp at 17:36| Comment(3) | 情報

MY UNDERSTANDING OF GGG+ FORUM


GGG+ FORUM -is an acronym gotten from 3 entities GLOBAL FUND, GAVI-THE VACCINE ALLIANCE AND GHIT- GLOBAL HEALTH INNOVATIVE TECHNOLOGY.

GGG+ forum is an international round-table meeting organized by RESULTS Japan and Japan Association for Health and Peace (JAHP).

The main objective of this Forum is to bring all the stakeholders on a round table and discuss global health matters with focus on Japan and Africa corporation using Japan’s insights.

The December 2018 Forum in Tokyo had a theme “To accomplish TICAD7 by Japan’s Experience”. This conference will take place in Yokohama City from 28th August to 30th August 2019.

Other conferences related to the theme are the G20 summit in June 2019, N4G in 2020 as well as the International Conference for Nutrition in 2021.

Several opinions were shared as well as the Japanese insights during the meeting, the Global Fund has been in the forefront in lifesaving engagements through the provision of funds to counter lethal diseases such as Malaria, HIV, and Tuberculosis.

GAVI, the Vaccine Alliance, has also been vocal in providing vaccines to children as well as adults, so far they have provided vaccines to over 0.7 billion children since inception.

GHIT Fund, on the other hand, has been active in R&D as well as funding innovative initiatives to provide health services to inaccessible areas in Africa. For instance, the use of drones in fast delivery of medicines is a good example.

The second part of the meeting mostly focused on Nutrition and discussions were around how to achieve a good meal city and nutrition health for the aging. A good mean city is defined as having safe, delicious and nutritious meals.


In the final part of the forum, Africa well-being was vastly discussed. The panelist found that Africa is faced with many challenges and some might also spill over to other parts of the world. Population explosion is one of these issues. Africa’s population may increase from 1.3 billion to 4 billion by 2100.

Other challenges like lack of toilets, water and proper sanitation were discussed. Japan is keen to use the experiences and technology it has in helping Africa.

These technologies include the SATO toilets we are planning to install as well as other types such as Johkasou which will be discussed in TICAD7 for installation in Kenya.

Dicken
posted by resultsjp at 17:35| Comment(3) | 情報