2019年03月26日

栄養・食事指導のベースライン調査開始

今期は結核防止プロジェクトの一環として、小学生・母親を対象に栄養・食事指導を実施します。

小学生は体重、身長の計測を通して体の成長を感じながら栄養の大切さを学び
母親は栄養について学ぶだけではなく、日々の食生活にも取り入れて栄養改善を図れるような内容となっています。

本日より母親を対象としたセミナーのリクルート及びベースライン調査を開始しました。
私は栄養士スタッフのシコに同行し、ケニア・ナイロビ市のスラム街キバガレ地区の母親たちを訪問してきました。
栄養の知識レベルはさまざまでしたが、セミナーについてはみなさんとても積極的で、
今から8月のセミナーが楽しみです。
IMG_20190326_111842.jpg
Taki
posted by resultsjp at 23:33| Comment(3) | 情報

THERE IS A NEED FOR TECHNOLOGY, RESEARCH AND DEVELOPMENT


According to Seiya Kato, Director, the Institute of Tuberculosis, Japan has made greater tides in ending TB. This was possible through equal access to medical care based on the National Health Insurance Act.

The Japanese government also made a public funded system that enabled screening and ensured proper implementation on that program. There was strict monitoring and evaluation of public health center with a proper reporting system by the ministry of welfare.

This has led to Japan taking up the initiative to support high burden countries in relation to TB. The advance in technology like the TB LAMP of Eiken has made it easy and faster to test for tuberculosis.

There is also another initiative by Fujifilm that uses urine sample to test instead of sputum. This is significant because most of the patient give a wrong sample for instance saliva which eventually may give the wrong results.

Most importantly the budget for innovation has been increased so as to control and prevent TB. Research and development are also considered as key in ending TB in the world.

Dicken
posted by resultsjp at 19:53| Comment(3) | 情報

合同議員連盟会合

本日、衆議院第二議員会館の多目的会議室において、ユニセフ議員連盟・世界の子どもたちのためにポリオ根絶を目指す議員連盟合同議員連盟会合が開催されました。来場者数が190名を超え、満席状態で立ち見もでるような盛況ぶりでした。そのこともあってか、議員連盟の皆様を始め、非常に熱のこもった話をされていました。

IMG_2992.JPG

IMG_2811.JPG

IMG_2856.JPG

IMG_2834.JPG

IMG_2866.JPG

IMG_2999.JPG

IMG_3002.JPG

IMG_3008.JPG

IMG_3012.JPG

IMG_3020.JPG

IMG_3065.JPG

IMG_3081.JPG

IMG_3103.JPG

IMG_3108.JPG

IMG_3114.JPG

IMG_3117.JPG

特に私の印象に残ったのは、「私達患者にとっては、世界のポリオ患者全員が命を全うする最後の日が本当の意味での根絶」というポリオ患者さんのお言葉と、日本では1980年のポリオ根絶宣言以降もポリオを発症した人がいるということ、そしてポリオについて詳しくない医師の増加等により見過ごされているという事実でした。
ポリオを根絶するための取組みは、確かに最終段階に近づいていると思いますが、その最後が一番大変なのだろうと思います。そこを乗り切るためには、粘り強く確実な行動と十分な資金により、世界中が協力して取り組む必要があると感じました。
UME
posted by resultsjp at 19:52| Comment(3) | ポリオ

GGG+フォーラム東京2018の教訓

本投稿は、ケニア事務所メンバーCalvinさんのブログ和訳です。

GGG+フォーラムの実施で、日本が)世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンドの設立に大きな役割を果たしたことを再確認しました
。グローバルファンドは、国際保健とすべての人のUHCへのアクセスを推進しています。

リザルツ教育基金ディレクタージョアン・カーター女史が述べたように、日本のコミットメントは、結核の治療が受けられていない患者さんたちのために積極的に資金拠出をしていて、また2019年グローバルファンド増資において、日本の役割の重要性が増しています。

また彼女は、日本の知見とより密に連携することを要請し、栄養と健康、特に母子を対象にした未解決課題にも言及しました。

健康課題についての日本の知見を活用するために、國井グローバルファンド戦略・投資・効果局長が次の点を指摘しました。「私たちは各国の実態、現状分析、ギャップの確認、ユニバーサルヘルスカバレッジ達成に向けた日本の経験と革新的な技術の実施方法を把握する必要があります。」


官民連携は政策を重視するだけでなく、コミュニティ連携にも関与して、自治体レベルでの法律と実施システムが有効運用することを意味していると、理解しました。

Calvin
posted by resultsjp at 19:51| Comment(2) | 情報

TOKYO LESSON LEARNT ON THE GGG+ FORUM 2018


In the realization of GGG+ Forum, Japan has played a bigger role in the establishment of the Global Fund. The entity is advancing global health, and access to UHC for all.

As said by Joanne Carter, Director, Results Educational Fund, Japan’s commitment has been aggressive in the funding of untreated patients of Tuberculosis and also Japan’s role becomes more important for the replenishment of Global Fund in 2019.

Also, she requested more collaboration with Japan’s insight to address the yet-to-tackle challenge on Nutrition and Welfare particularly Mothers and Children.

By using the Japan’s insight on health issues, Dr. Kunii, Head of Strategy, Investment and Impact Division, Global Fund pointed out: we need to access the actual situation of every country, situation analysis, confirm the gaps and ways of implementing Japan’s experience and innovation towards achieving the Universal Health Coverage.

This means the Public and Private Sector collaboration should ensure not only the policy and strategy to be important but also engage the community cooperation to enforce laws and implementation systems at the prefecture level.

Calvin
posted by resultsjp at 19:49| Comment(3) | 情報

TO ACCOMPLISH TICAD7 BY JAPANESE INSIGHTS


The concept of the GGG+ Plus Forum is marvelous in its making, in its entirety, the organizers had the best motives in regards to upholding human dignity by focusing on critical aspects of health.

In particular, the emphasis on helping African developing nations is wonderful as echoed by Amb. Banda of Malawi where he said great results have been realized so far.

The fight against TB as observed by Dr. Asma needs a community-based approach to win. Those in the community have more insights on who are carriers and can help in fighting the disease effectively.

On the issue of Japanese insights in Africa, a question was raised about the challenges faced while bringing Japanese insights to Africa, respondents noted that challenges are there but the only way is the assessment of generality and peculiarity of the two scenarios.

Additionally, there is a need to adjust to each country’s condition grasping the actual situation on the ground.

Among the diseases tackled on the discussion, NTDs are the least talked about and seems neglected. But at least GHIT fund took up the mostly forgotten diseases that are really affecting millions of people in developing nations.

Hilda
posted by resultsjp at 19:41| Comment(3) | 情報

BRIEF DIET HISTORY QUESTIONNAIRE


The BDHQ is a very fundamental tool in improving the nutrition status of a country.

It was developed by Professor Sasaki of the Department of Social and Epidemiology Prevention.

It is used to investigate what we eat in a period of 30 days in less than 15 minutes. This kind of information is helpful as it can actually warn an individual who is at risk of NCDs.

If such an individual receives nutrition advice from a specialist, then they will be in a position to follow good nutrition practices thus improving on their health.

This will lead to a decrease in the number of people diagnosed with conditions like diabetes, high blood pressure, hypertension and obesity thus having a healthy nation.

Pauline
posted by resultsjp at 19:31| Comment(3) | 情報

世界で一番の先生はケニアのタビチ先生

今日はケニアのニュース(英国紙The Guardian, BBC, ケニア紙Daily Nationの報道より)について投稿します。

バーキー財団(the Varkey Foundation)が主催する「グローバル・ティーチャー賞」が発表となり、179か国10,000人以上の先生の中からケニアのピーター・タビチ先生(36歳)が一番に輝きました。
受賞の際のコメントで、「生徒たちが達成してきたことのおかげで、私はここにいます。この賞は、彼らにチャンスを与えます。そして、世界に彼らがなんでもできることを伝えるのです」と、仰ったそうです。

タビチ先生はカトリックの13世紀から続く聖フランシスコの修道僧で、科学を教えています。
勤めている学校は、ナイロビから北西に200kmほどのプワニ村(Pwani Village)の高校です。舗装されていない道を生徒が6―7km歩いて通学するような場所にあります。生徒の90%以上が貧しい家庭の出身で、生徒の約3分の1が孤児または片親です。

そんな中、タビチ先生は、給与の80%に当たる額を生徒の教科書や服などに工面しながら、教鞭をとっていらっしゃいます。また、「才能養成クラブ」を設立し、学校の科学クラブで研究プロジェクトの計画などを指導しているとのことです。タビチ先生の尽力のお陰で、クラブに所属する生徒がケニアの科学全国大会などに参加するほどの実力をつけたそうです。また、生徒が地元の植物を利用して電気を発電するプロジェクトを立案し、英国王立科学会の賞を受けました。


逆境を跳ね除けるぐらいの熱い先生がいるケニア。子どもたちの未来が明るいと信じたいですね。
タビチ先生の受賞は、学校で働く同僚の先生方も勇気づけられていると思います。

残念なことに、トイレ・手洗いプロジェクトの視察の中では、学校の先生方のトイレだけが清潔に保たれていて、児童・生徒のトイレは非常に不潔な状態の学校もありました。
また、学校には保健衛生クラブがありますが、活動実態のないところが多く、非常に残念でした。
ケニアの学校で、先生がロールモデルとなるよう、1人1人の先生が意識を持った活動をしてくださると嬉しいですね。

SoH

より詳しくは、こちらの記事(英文)をご覧ください。
By Jedidajah Otte, the Guardian. "Kenyan science teacher Peter Tabichi wins $1m global award."
https://www.theguardian.com/education/2019/mar/24/kenyan-science-teacher-peter-tabichi-wins-1m-global-award

By Sean Coughlan, BBC. "Kenyan science teacher Peter Tabichi wins global prize."
https://www.bbc.com/news/business-47658803

By Eric Matara, Daily Nation. "Kenya's Peter Tabichi crowned world's best teacher."
https://www.nation.co.ke/news/Kenyan-science-teacher-wins-Sh100m-prize/1056-5040250-pyde0q/
posted by resultsjp at 00:33| Comment(3) | 情報