2019年04月08日

TB PATIENT VOICES IN KANGEMI


The number of TB suspected cases is still growing rapidly as it is synonymous with the data from the Laboratory presumptive book.

This shows the rate of infection of Tuberculosis is increasing even after all the prevention and intervention measures put in place to reduce the chances of TB infection.

These include health educations and sensitizations done by the community health volunteers in the community, health care workers at the health center and as well the Non-Governmental organizations e.g. Results Japan.

As evidence, the number of TB Patients have gone up due to the fact they (Lab Techs) at Kangemi are using the new Machine installed at the New TB Laboratory called TB LAMP, which have been useful in the TB detection.

Positive insights from patients is that there is early detection of the disease and treatment initiation process is also imminent once they have identified of having TB.

For instance, Oscar, 19-year-old, was very weak and he had gone to many hospitals including District hospital of Mbagathi but missed the opportunity of detecting TB and made his situation even to deteriorate further.

At Kangemi, they discovered he has TB and from then on, he has gained back his health and he is planning to return to school and complete his studies probably when schools reopen in May 2019.
Additionally, from the corresponding cases, the integration fear has reduced, treatment outcomes improved and contacts screened from the cases have improved as well.

In conclusion, as from early this year, there have not been cases of death reported due to Tuberculosis and I believe this trend of solutions will help in curbing the mortality rate of patients who are diagnosed with TB-related issues.

Calvin


posted by resultsjp at 23:15| Comment(4) | 情報

LECTURE MATERIAL FOR NUTRITION

In preparation for the upcoming nutrition education in the 8 primary schools, I have prepared teaching materials which will assist in guiding the pupils to understand the major food groups, their sources, and benefits in the body.

The education sessions should be fun, simple and easy to understand as the pupils have a short concentration span. Songs, short play, food costumes, food display, and charts are creative ways to ensure the pupils enjoy the education session.

Our project will concentrate on charts and songs to educate and entertain the children. Charts will be prepared prior to the education session and can later be displayed in the classroom after the lesson for pupils to read during their free time.

The pupils will learn the song during the lesson and they will be encouraged to teach other pupils in other schools in Kangemi that are not included in our project.

This will ensure 90% of the Kangemi children will benefit from nutrition knowledge indirectly.

Pauline
posted by resultsjp at 23:11| Comment(3) | 情報

HOW TO ENHANCING COMMUNITY PARTICIPATION

1.
Promote active and representative participation in enabling all community members to meaningfully influence the decisions that affect their lives.

The past week I have been involved with a community regarding a clean Kangemi. As a next step part of the strategy is to be responsive and address the issue of poor garbage disposal and personal responsibility.

2.
Engage community members in learning about and understanding community issues, social, environmental, psychological, and other impacts associated with alternative courses of action.

In order to create a sense of understanding, we share information regarding the importance of a clean and healthy society so as to encourage the people to participate in the cleanup.

3.
Work actively to enhance the leadership capacity of community members, leaders, and groups within the community. In order to get the participants involved it is appropriate to talk to the leaders in this region.

It is also necessary to use the youth groups and women groups so as to encourage the members to actively engage in developmental activities in the community.

4.
Being open to using the full range of action strategies to work toward long-term sustainability and well- being of the community.

I talked to other stakeholders in the community and they are ready to join into the idea. However, if it will not happen this Friday they are willing to attend to another clean up as long as they are informed in advance.

Hilda.
posted by resultsjp at 23:06| Comment(3) | 情報

国際連帯税アドバイザリー・チーム第1回事務局会議のご報告

日本リザルツ東京事務所において、国際連帯税アドバイザリー・チーム第1回事務局会議を本日行いました。
会議の内容を簡単ながらまとめましたので、ご覧いただければ幸いです。

IMG_3132.JPG

冒頭、グローバル連帯税フォーラムの田中代表理事が、本年行われた活動の報告をされた後、
「SDGs達成のために国際連帯税を実現する2019」(仮称)シンポジウム案について、参加者の皆さまが活発に意見交換をなさいました。



IMG_3124.JPG


まず、税財政の仕組みづくりに向けた政策提言を行う重要なイベントについて、情報が共有されました。次に、過去の経緯を踏まえて、今後、どのように国際連帯税を一般に認知してもらうための機運づくりをしていいけばよいかを話し合いました。
昨年、グローバル連帯税フォーラムと国際連帯税創設を求める議員連盟が共催で実施したシンポジウムには、
河野太郎外務大臣や石橋通宏参議院議員らが参加されました。また、NGOである日本リザルツの白須代表が宣言文を読み上げるなど、多種多様な方々が意見を交換されたことで、国際連帯税について広く考えるきっかけになりました。この実績を踏まえて、2019年にはより議論を発展できるよう、首相官邸関係者へ訴えかけていくことも提案されました。

IMG_3129.JPG

税金の使途を含めた話合いでは、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、栄養関連、保健分野や、食糧安全保障も視野に入れた農業分野、そして、分野横断的にインフラ整備をするなどの意見が提起されました。特に、日本社会の関心領域との結びつきを考慮して、デジタル分野に還元する形も含め、広く議論をすることが課題に挙げられました。フランスではGAFA税の導入が進められているため、検討する価値があるのではというご意見もありました。
他方、先行している栄養分野では、途上国における3歳未満の子どもたちへの栄養改善や、オリンピック開催を控えた健康やスポーツと栄養の関わりについても時機にかなっているとのご指摘がありました。国際保健において、治療に重点を置くCureが中心を占めていたものの、予防に重点を置くCareにも関心が高まっていることが背景にあるようです。

IMG_3137.JPG

IMG_3134.JPG

また、国際連帯税についての一般理解が深まっていない状況の歴史的背景も説明されました。
先般導入された国際観光税や諸外国の航空券税などについて、航空関係者を中心に理解されていますが、日常的な会話の話題になるほど浸透されていないのが、残念ながら現状です。今年シンポジウムを開催することで、より多くの人に関心を持ってもらうことが重要であるという共通認識を再確認しました。

IMG_3126.JPG

IMG_3139.JPG

国際的な人やモノの移動が活発になっている現代の日本では、新たに取り組む必要がある課題が増えています。ヒアリなどの病害虫や、はしかなどの流行性疾病を防ぐ水際対策や、出入国管理・通関における業務の増加への対応として入国管理庁への格上げなどが最近話題になりました。
また、国際社会と連携して取り組む課題(例 SDGsの達成)も、議論・計画・実施・評価のサイクルで取り組みが進められています。
政治家や専門家の方々だけでなく、一般の方々やこれからの未来を担う学生からの意見も反映して、こうした取り組みの財源として国際連帯税を考えることが必要なのではないかと感じました。


SoH
posted by resultsjp at 18:00| Comment(3) | 情報

食糧価格の上昇が貧困層で深刻な問題に

日本リザルツケニア事務所のアブタさんのブログの邦訳をご紹介します。
ネーション紙が報じたところによると、食糧価格の急上昇により、ケニア人の中に、食べ物を十分に摂ることができなくなっている人が出てきています。
先週実施していたベースライン調査でも、この影響が出ていました。調査結果によると、多くのカンゲミの住民は安価な食べ物しか口にしていませんでした。
残念なことに安価な食糧はヘルシーではありあせん。所得は、世帯がどういったものを食べるか、食べられるかに大きな影響を及ぼすのです。
ここ2年の間に、多くの食糧の価格は徐々に上昇しています。そして、直近の干ばつが事態をさらに深刻にしています。
特に低所得者層への手ごろな食べ物に関する政策課題は、全ての人に適切な栄養が届かず、仕事の生産性に悪影響を及ぼします。
栄養・食事に関するセミナーではどのように人々に行動変容を起こすか、良い戦略を練る必要があります。
お母さんは栄養・食事に関して重要な役割を担います。栄養改善について、家族を鼓舞し、彼らの所得の中で最大限に栄養価の高い食事を摂取できるように考案するのは、お母さんだからです。可能な支出の中で、栄養・食事への寄与を高める必要があります。

Abuta
まずは「ただ食べる」のではなく、「栄養のある食事を摂る」ことの重要性をお母さんたちに知ってもらうことが必要だと感じました。
(はるか)
posted by resultsjp at 17:01| Comment(3) | 情報

RISING FOOD PRICES MAY CONSTRICT FOOD ACCESS FOR URBAN POOR

In a story carried by the Nation, Kenyans are barely having enough to eat due to skyrocketing prices of food.

This resonates even clearly with the findings of our baseline survey that ended last week. Most of the residents in Kangemi mostly buy the cheapest of foods, according to the responses to the questionnaire.

Unfortunately, the cheapest foods are not the healthiest. This would mean that income is a big matter in how healthy families can eat, and the type of food they can afford.

But despite this fact, the general food prices have been rising steadily in the past two years. The recent drought has only made it much worse.

Affordability of food, especially among the low-income areas is a policy issue that needs to be addressed or else a whole generation will lack the proper nutrition to work and be productive citizens.

As part of the planned seminars on nutrition, a conversation on how to canvass this challenge may be a good platform to advocate for change.

Mothers play a critical role here and empowering them to know about nutrition, and how to maximize on their own available income will be essential. This way, family nutrition can be scaled up at the costs affordable to the family.

Abuta
posted by resultsjp at 16:56| Comment(3) | 情報

ディーン・ルイス氏

インドの結核対策活動家、ディーン・ルイス氏が4月6日にご逝去されました。氏は昨年の国連総会結核ハイレベル会合の前頃に体調を崩されていました。
氏は昨年開催された国連総会結核ハイレベル会合の市民社会組織共同議長を務められ、4月の世界結核議員連盟コンサルテーション会合、6月の市民社会組織ヒアリング等で精力的に活動されていました。
ルイス氏は、自身が中産階級の子ども時代、またホームレスの大人時代に患った結核のみならず、HIV、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)等の患者、そして薬物使用者に関する政策やプログラムを向上させることに生涯を費やしました。
ルイス氏は、歯に衣着せぬ物言いとドライなユーモアセンスを武器に、情熱的な活動を行う人でした。
氏のご冥福をお祈りします。
UME
posted by resultsjp at 13:26| Comment(3) | 結核