2019年05月20日

世界連邦構想の新聞記事

日本リザルツが国際連帯税の創設を目指して行っている活動でお世話になっている世界連邦運動協会などが掲げる、世界連邦構想及び国際連帯税を取り上げた記事が、本日の東京新聞及び中日新聞でそれぞれ一面に掲載されました。併せて、世界連邦運動協会塩浜理事のインタビューも大きく取り上げられました。リンクを下に示します。



折しも、5月15日(水)に開催された、世界連邦日本国会委員会の「グローバルガバナンス推進委員会」発足会合に代表の白須が出席したところですが、国際連帯税がこのように大きく取り上げられたということ、また世界連邦構想と合わせて解説がされているということで、報道機関の関心が高まってきていると感じました。
「グローバルガバナンス推進委員会」発足会合の写真を掲載します。

KIMG0078.JPG

KIMG0079.JPG

今後は、6月10日(月)に国際連帯税アドバイザリー・チームの第2回会合、
7月24日(水)に「SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019(仮題)」
が予定されています。
国際連帯税を取り巻くこのうねりに乗って、去年よりも大きなインパクトをもたらしたいです。
UME
posted by resultsjp at 14:58| Comment(4) | 国際連帯税の推進

東京新聞の本日の朝刊一面トップに「国際連帯税」の記事>10年ぶり

今朝の東京新聞一面トップに下記のように国際連帯税に関する記事が掲載されました。この記事は去る515日開催された世界連邦日本国会委員会の「グローバルガバナンス推進委員会」発足会合等での取材に基づくものと思われます。 

実は10年前、東京新聞の一面トップに「国際連帯税」の文字が踊りましたが、それ以来の記事となります。

【東京新聞】「国際連帯税」第一歩に 貧困、医療など国境超え支援

 貧困、環境破壊、感染症など地球規模の課題に、国家の枠を超えて対応するため、国内外の団体が「世界連邦」の樹立を目指している。第一歩と位置づけるのが、国境をまたぐ経済活動に広く浅く課税する「国際連帯税」の普及。日本は未導入だが、少しずつ広がりを見せる。十一月に名古屋市で開催される二十カ国・地域(G20)外相会合で議論される見通しだ。 (安藤美由紀)

(中略)

 世界連邦を目指す国内団体でつくる世界連邦推進日本協議会は、日本政府への政策提言で国際連帯税の導入を訴えてきた。国際組織の世界連邦運動(WFM)も昨年七月、国際連帯税を通じて世界連邦の実現を目指すことを決議した。

(中略) 

 六月の大阪市でのG20首脳会合で取り上げられる可能性も。市民社会サミット(C20)は今年四月、安倍晋三首相に手渡した政策提言書で、国際連帯税の導入を明記。民間団体・グローバル連帯税フォーラムも首脳会合の主要議題とするよう求めている。


 日本は今年一月、出国者から千円を徴収する国際観光旅客税(出国税)を導入したが、使途は訪日外国人の受け入れ環境整備。地球規模の人道的な課題に使う国際連帯税とは異なる。


★イラストは上記東京新聞のHPより


イメージ:国際連帯税.JPG

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)


posted by resultsjp at 10:40| Comment(4) | 国際連帯税の推進

2019年05月19日

基礎工事が終了しました。

日本リザルツはケニア・ナイロビ市のスラム街、カンゲミ地区で結核抑止プロジェクトを実施しています。
今年はウエストランズサブカウンティにある8つの小学校にトイレと手洗い場を建設しています。

建設工事業者のみなさんのお陰で、基礎工事が着々と終了しつつあります。

20190517_100155.jpg
トイレが設置される場所を木枠で囲みます。
20190517_095103.jpg
そこに鉄骨を組み込んでいきます。

20190517_095043.jpg
鉄骨がきれいに組み込まれ、あとはSATOのトイレを設置し、コンクリートを流し込めば、床が完成します。
先週も日中はお天気に恵まれた一週間で順調にトイレ建設が進んでいます。
何より、安全第一で工事をしていきたいと思います。
(はるか)
posted by resultsjp at 20:50| Comment(4) | 情報

2019年05月16日

第144回GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会のご報告

本日、第144回GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会に参加いたしました。

外務省側の新しいご担当者の紹介から和やかに始まった会議は、令和元年(2019)年に行われる国際会議が話題の中心となりました。G20保健関連の情報共有、C20保健分野・関連会合の報告に続き、8月のTICAD7関連サイドイベントなどの情報共有が行われました。国際協力(特に保健分野)を継続的に行うためには、支援国や支援組織からの資金拠出が重要です。しかし、ドナー側も財政負担が問題になっています。そうした背景があり、G20の一環として、保健省と財務省の大臣合同会合が6月28日大阪で行われます。

また、国内での国際会議に加えて、国連総会が9月に控えています。9月23日には国連UHCハイレベル会合が予定されており、国際保健分野の関係者にとって、非常に重要な年です。また、Gaviワクチンアライアンスとグローバルファンドへの増資準備をする年でもあるため、様々な動向から目が離せません。

また、マラリアワクチン接種がアフリカ3か国(マラウィ、ケニア、ガーナ)で始まったことが、大きな話題となりました。直前の4月22日ー26日、マラリアウィークとしてタイ・バンコクで国際会議・イベントが催されました。参加された方から、アジア各国におけるマラリア対策・取組みを情報共有していただきました。あいにく、タイでのマラリアウィーク会合とアフリカのワクチン接種と時期は近かったものの、ワクチンのアフリカからアジアへの展開については、踏み込んだ議論は行われなかったとのことです。

最後に、ユニセフ議員連盟・世界の子どものためにポリオの根絶を目指す議員連盟・合同議員連盟会合(3月26日開催)の報告を日本リザルツからさせていただきました。アフガニスタン、ナイジェリアなどの取組み、ポリオがもう少しで制圧されるところまできているものの最後の一歩が厳しい現実、関係者がさらに連携して取り組んでいく必要があることが話し合われたことを、お伝えしました。なにより、議員連盟会合とGII懇談会に参加された方の胸に響いたのが、ポリオの会の齋藤さんがご自身の体験や日本におけるポリオに関する実情をお話してくださったことでした。私たちの活動を遡って、2018年ケニアで実施したGGG+フォーラムにもポリオ患者の方に参加していただき、発言をしていただいたこともご紹介しました。患者さんの生の声が政策に反映されることを切に願います。

SoH

PS ケニア事務所ことりが作成してくれたリザルツ新聞も手に取っていただきました。
   赤と黒の2色刷りだと黒一色と同じ値段で印刷できるのを覚えて、ハマっています。

P_20190516_184205.jpg
posted by resultsjp at 18:46| Comment(3) | 情報

離島でのドローン目視外飛行実験

201710月、GGG+フォーラム東京2017に嶋田エアロセンスCOOが参加され、休憩時間に白須代表にドローンによる医薬品などの物資輸送について熱く語られ、日本リザルツがドローンについて知り、協力するきっかけとなりました。

515日の報道によると ANAホールディングス(ANAHD)などは、福岡市の玄界島で、操縦者がドローンを機体のカメラからの画像を見て操縦する目視外飛行の検証を行ったとのことです。海上で目視外飛行を行うのは、国内では初めてだとそうです。ANAHDやエアロセンスなどの企業は、2020年以降のドローン物流のビジネス化を目指しているとのことです。

近い将来、交通網の発達していない地域へ医薬品などの物資輸送にドローンが活躍することを期待します。

SY


20190515.jpg
posted by resultsjp at 15:10| Comment(4) | 情報