2019年05月05日

チームワークを築き、清掃しよう

日本リザルツケニア事務所のスタッフ、Hildaさんのブログの翻訳をご紹介します。

日本リザルツは土曜日の朝にカンゲミの通りを清掃します。
数時間かけて、ボランティアたちはごみ袋を片手にカンゲミ地区のごみを取り除きます。
ボランティアたちの懸命な清掃活動によって、私たちのコミュニティはごみのないきれいな街になります。

空き缶は環境の生態系を破壊します。なぜなら空き缶は病気を運ぶたくさんの害虫やネズミなどを引き寄せるからです。汚染ごみを触ったり、乗ったり、食べてしまったりする動物や子供たちにとって危険です。

たばこの吸い殻や燃えるごみはその場で燃やすことが出来ます。
生ごみは水路を汚染したり、野生動物を傷つけたりするだけでなく、私たちの飲み水もだめにしてしまいます。

コミュニティの清掃活動への参加を通して地域の人々の自覚を育て、将来のごみ削減の土台を築くことが出来ます。清掃活動はコミュニティの一員としての自覚をもたらし、家や公共の場を安全できれいに維持することの責任感を育てます。

目に見える成果はコミュニティの人々の関心を高め、参加を促します。
そしてごみや生ごみを削減し、きれいな環境を維持します。

この清掃活動は地域の公共の場をきれいにする素晴らしい機会です。壊れた歩道や排水溝を修復することは簡単です。ほんのわずかな変化でコミュニティの外見や印象を改善することが出来たらどんなに素晴らしいことでしょう。

あなたが家でごみを拾おうが、コミュニティの清掃活動でごみを拾おうが、小さい行動が大きな変化をもたらします。是非、清掃活動に参加して実りある一日にしましょう。
Hilda

今回は(たまたまですが)Hildaさんのお家の前の通りをみんなで掃除しました。
きれいになって良かったですね。
Taki
posted by resultsjp at 18:16| Comment(4) | ケニア

工事が順調に進んでいます!

日本リザルツはケニア・ナイロビ市のスラム街、カンゲミ地区で結核抑止アドボカシープロジェクトを実施しています。
先週は、ディッケンと工事現場の視察を行ってきました。
筆者も1年ぶりに現場監督の仕事に復帰です!

20190503_142006.jpg
Karura primary schoolの様子。こちらはほぼ完成しています。

20190503_151222.jpg
Lower Kabete primary schoolは掘削がすでに終わっていました。雨が入るのを防ぐとともに、安全確保のため、アイロンシートで穴を覆っています。 

20190503_152656.jpg
Farasi Lane primary schoolでは、施工業者のJulisが掘削後、どのように建屋を設置するのがいいか、作業員と話し合いを行っていました。安全のためにヘルメットの着用を徹底することと、必ず複数で仕事をすることを確認しました。


20190504_102801.jpg
Old Kihumbuine primary schoolの様子。土曜日にも関わらず、作業をしてくださっていました。

20190504_102820.jpg
納期は7月末です。どうスケジュール通りに工程を進めるのかを確認します。

今回導入するSATOのトイレはPitlatrine形式なので、18フィート(540センチ)もの穴を深く掘る必要があります。大雨が降るとこの作業ができないので、雨季が本格化する前に作業を実施しています。

日本は10連休ということですが、工事現場の皆さんは土曜日も工事をしてくださっています。
本当に有難うございます!

昨年は3月には雨季が始まっていましたが、幸か不幸か?、今年はまだそこまで激しい雨は降っていません。
お天気に恵まれれば今週末(10日)ごろまでには掘削が終わる予定です。てるてる坊主を用意して、工事がスムーズに進むようにお祈りしたいと思います。
(現場監督・はるか)
posted by resultsjp at 16:04| Comment(4) | 情報