2019年05月06日

 THE GOVERNMENT NEEDS TO WORK WITH THE COMMUNITY FOR BETTER SANITATION THE GOVERNMENT NEEDS TO WORK WITH THE COMMUNITY FOR BETTER SANITATION

DSC_1478.JPG

In order for the community to achieve 100 percent sanitation, there is a need for involving appropriate technology and behavior change. The emphasis is on the sustainability and maintenance of the sanitation facilities rather than the construction of infrastructure. and personal responsibility.

For sanitation efforts to be realized it will depend on broad engagement with diverse members of the community, including government, households, schools, health centres and traditional leadership structures.

The role is central in planning and implementing improved Sanitation, taking into account the needs of members of the group, including girls.

This includes the training of community facilitators and local concerns and the encouragement of local champions for community-led programs and responsibility.

The government needs also to monitor and evaluate the sanitation situation in communities so as to find a solution to problems before they become unbearable.

Government participation from the outset at local and national levels Ensuring the effectiveness of communities and the potential for scaling up.

Community needers and gatekeepers are an entry point for social change and a potential catalyst for widget community mobilization.

They need to champion the sanitation agenda and advocate for the rights of the people.


Hilda

posted by resultsjp at 21:59| Comment(3) | 情報

5月の清掃活動実施

日本リザルツケニア事務所では今期プロジェクトの一環として、カンゲミ地区の居住環境の向上を目指し、公衆衛生の改善と清掃活動の啓発を実施しています。

5月4日(土)は第2回カンゲミ地区清掃活動の日でした。
日本リザルツとナイロビカウンティが主導で、今回はギシャギと呼ばれるカンゲミ地区の中でも奥の方にあるエリアで実施しました。
ヒルダによる事前の呼びかけもあり、カウンティの人々だけでなく、個人の有志もたくさん参加してくれました。
DSC_1474.JPG
朝9時からお昼前まで、学校がお休みだった近所の子供たちも一緒にごみ拾いを手伝ってくれました。

当日は、同じカンゲミ地区内のカンゲミセントラルというエリアでもカウンティの人々によって清掃活動が行われており、街全体がきれいになった一日でした。
今後も清掃活動を継続していくために、また地域に根付かせるために、カウンティの人々や他の団体、個人の有志たちと協力して取り組んでいきます。
Taki



posted by resultsjp at 21:47| Comment(2) | ケニア

UNRWA継続支援のお願い

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への継続的な支援をお願いする資料を配布する準備を行いました。
昨年の1月に米国が支援の凍結を発表したことで、UNRWAは未曾有の財政難に陥りましたが、様々な効率化・緊縮財政、そして日本政府を始めとする多くの国の支援により資金不足を克服しました。しかし、米国の支援がないことから、2019年も引き続き昨年同様資金不足の状態にあります。
そのため、日本政府からも引き続き支援を行うことをお願いする資料です。
本日は、資料を三つ折りにして、手書きのメッセージカードとクリップでとめて封筒に入れるという作業でしたが、
日本リザルツボランティアに加え、なんと戸澤様とお子様も手伝ってくださいました。
おかげさまで、無事作業を完了することができました。
明日は配布作業です。

日本リザルツでは、スナノミ症対策のための募金活動をしています。今日参加してくれたお子様たちが事務所に入るなり募金箱を見つけて、おこづかいから募金をしてくれました。本当に有難うございます。
UME

IMG-1599.JPG

IMG-1591.JPG


IMG_2618 (3).jpg

IMG_2619 (3).jpg
posted by resultsjp at 21:06| Comment(3) | UNRWA

ポリオ根絶議員連盟議事録お届け作業無事終了


「ユニセフ議員連盟・ポリオ根絶議員連盟合同議員連盟会合」議事録のお届け準備作業が無事終了しました。明日、朝一で先生方にお届けします。皆様ご協力ありがとうございました。明日の千代田区の気候は晴れ、心を込めて取り組みます。今日の作業のスナップもご覧ください。

                                                  MK

IMG-1594 (2).jpg



IMG_2617 (4).jpg
posted by resultsjp at 20:38| Comment(3) | 情報

カンゲミの疾病まん延は公衆衛生へアクセスできていないことにある

日本リザルツケニア事務所のアブタさんのブログの邦訳をご紹介します。


カンゲミの公衆衛生は、多くの問題を抱えています。インフラ整備、行政、コミュニティにおける公衆衛生の運営の不備だけでなく、さまざまな種類において、欠陥が存在しています。

劣悪な公衆衛生は、健康におけるリスクを高めます。子どもたちにおけるそれはより高くなり、多くの疾病に罹患する可能性を高めます。

衛生環境の悪化は、下痢性の疾患の原因となり、ケニアの5歳以下の子どもにおける疾病の罹患率と致死率を高めています。

下痢は劣悪な水・衛生環境が起因しています。

きれいなトイレがなく、下水処理が行われていないと、疾患の原因となります。劣悪なトイレと汚水をそのまま流すことは、人々の汚物を介して、水・土壌・食事にも伝染し、細菌、ウイルス、寄生虫感染の原因となります。

こうした汚染は、コレラ、住血吸虫症、トラコーマの原因となります。

適切な衛生環境へのアクセスを向上させるには、多くの段階を踏む必要がありますが、こうした疾病への影響を減らすことができます。また、身体的にも安全な環境で生活でき、威厳、自尊心を保つことができます。

また、施設における公衆衛生の改善は、学校にも、子どもにも利益があります。子どもに優しい学校は、プライバシーの観点から、男児と女児でトイレを分けています。また、施設には手洗い場と石鹸が用意されており、特に女児がトイレを使用しやすくすることにつながっています。

医療施設でも、汚物の安全な処理は患者だけでなく、職員、訪問者にとって、環境医学の観点から重要です。こうした介入は院内感染の減少につながります。

カンゲミの公衆衛生は住民と全ての人にとって基礎的な問題であり、全ての人が問題解決に向けて取り組む必要があります。


Abuta



ディッケンと医療施設を見に行ったときに、医療廃棄物が放置されているヘルスセンターがあり、院内感染の原因になるのではと非常に心配になりました。適切なごみ処理方法を医療従事者はもちろん、全ての人に知ってもらうことが、より健やかに生活することにつながると思います。

(はるか)
posted by resultsjp at 20:17| Comment(3) | 情報

Clean Up Day: Unblocking Drains & Sewer Lines

DSC_1445.JPGDSC_1461.JPG

The challenges of sanitation in Kangemi originated right from the planning and construction of the houses in the area.

In conception, planning should take into consideration the direction of the sewer line, the direction of the drainage system with respect to the ground level.

In Kangemi and most of the slums in Kenya, most serious construction aspects like the one being not considered because of the type of housing or lack of capacity or both.

Congestion of the houses also hinders the direct flow of the house, consciously this blocking of the terrain, the nature of the buildings with poor views.

We have managed to clear the way for Kangemi a clean community, and changed the residents' mindset, we conducted a cleanup activity last week Mainly to unblock drainage systems season, we did this in collaboration with the residents and members of Nairobi City County.

Another biting challenge in Kangemi is sewer lines and content disposal, most residential houses lack sewer lines connection and those with septic tanks

A more viable approach to the sanitation issues is needed where private sectors, public sectors, and the government will come on board this address daunting challenges.

Dicken


posted by resultsjp at 18:02| Comment(3) | 情報

日本は平和

10日間の連休中、ガザではハマスとイスラエルの攻撃の応酬が続き、イスラエル側のロケット弾の攻撃によりパレスチナ人19人以上が死亡したとのことです。
また、コンゴ東部の北キブ州とイトゥリ州でエボラ出血熱が流行し、死者が1,008人になったとの報道がありました。さらに、先月、過激派組織「イスラム国」が「支部を設立した」と宣言、治安悪化で医療スタッフ85人が負傷したり殺害されたりして、治療や予防活動が十分行えていないとのことです。

そんな世界情勢を忘れて、連休中、長野に旅行して、平和を噛み締めてきました。

SY


nagano.png長野県小布施市浄光寺

posted by resultsjp at 17:57| Comment(4) | 情報

令和の金太郎飴

日本は4月27日から10日間の連休。しかし、連休最後の日、ボランティアも国会議員に配布する資料の準備のためにお手伝い。

そこにいつも支援してくださっている五十鈴商事の柴田さんから「令和」の金太郎飴が送られてきました。資料作成の合間に飴を舐めて一休み。美味しい!

SY


ame.png




posted by resultsjp at 17:49| Comment(3) | 情報

MOBILIZING COMMUNITY MEMBERS AND CHILDREN FOR CLEAN UPS

DSC_1476.JPGDSC_1464.JPG


Mobilization is a good channel to motivation members of a community to participate in identifying and looking for ways to solve problems that affect them.


This is particularly important in community sanitation efforts like the one we did in Kangemi.


It creates a bigger impact when children are involved as they are tomorrow's leaders.


Children learn from observing what older people are doing.


If they grow up seeing their parents, teachers, spiritual leaders, government officials clean their habitat; they will definitely follow their footsteps.


This promises sustainability and long term commitment which motivates them to advocate for policy changes which respond better to their sanitation needs.


Pauline




posted by resultsjp at 17:45| Comment(3) | 情報

清掃活動(写真編)

日本リザルツケニア事務所では、4月から毎月1回清掃活動を実施しています。

今月からは毎月第一土曜日に定期的にカンゲミ地区をきれいにすることになりました。


青年会、婦人会、地域のボランティア団体などの有志が集まって、清掃をしている様子を写真いっぱいでお届けします。


DSC_1430.JPG

カンゲミ地区は下水処理設備が十分でありません。その上、側溝にごみと土が混ざったものが溜まっているため、大雨が降ると排水が行えず、すぐにあちこちが浸水してしまいます。今回はこの側溝に溜まったごみを取り除きました。


DSC_1432.JPG

ごみと土が混じり、ヘドロのようになっています。


DSC_1434.JPG 

土曜日にも関わらず、多くの有志の皆さんが集まってくださいました。


DSC_1440.JPG

ヒルダとシコも力作業を頑張ってくれました。


DSC_1452.JPG

ヒルダの子どもたちもお掃除に参加してくれました。


DSC_1448.JPG

私服警官のデニスさんとアブー。


DSC_1443.JPG

ロティチさんとディッケン。


DSC_1463.JPG

運転手のジェーモーさんも手伝ってくださいました。


DSC_1472.JPG

カルヴィンも手伝いに来てくれました。


お休みにも関わらず、参加してくださった皆さん。本当にありがとうございました。

カンゲミの街がどんどんきれいになるといいですね。

(はるか)

続きを読む
posted by resultsjp at 17:17| Comment(4) | 情報

MAJOR DISEASES LIKELY TO OCCUR IF KANGEMI'S SANITATION IS NOT ADDRESSED

DSC_1481.JPG

The sanitation situation in Kangemi has a myriad of issues. The problems include, but not limited to infrastructural, governmental and community sanitation practices, which have shortcomings of various kinds.

The poor state of sanitation predisposes the people to major health risks. Children stand at a much higher risk of getting infected with various ailments.

Poor sanitation is linked to diarrhoeal diseases, which are among the leading causes of morbidity and mortality in children under the age of five in Kenya.

 Diarrhoea is closely attributed to poor sanitation and hygiene practices.

Lack of proper toilets and sewage management is another major source of illnesses. Poor toilets and free moving sewage effluent leads to transfer of bacteria, viruses and parasites found in human excreta which otherwise contaminate water resources, soil and food.

This contamination is a major cause of diseases such as cholera, schistosomiasis, and trachoma.

Improving access to sanitation is a critical step towards reducing the impact of these diseases. It also helps create physical environments that enhance safety, dignity and self-esteem.

Also, improving sanitation facilities and promoting hygiene in schools benefits both learning and the health of children. Child-friendly schools that offer private and separate toilets for boys and girls, as well as facilities for hand washing with soap, are better equipped to attract and retain students, especially girls.

In health-care facilities, safe disposal of human waste of patients, staff and visitors is an essential environmental health measure. This intervention can contribute to the reduction of the transmission of health-care associated infections which affect a great number of patients.

The focus on sanitation in Kangemi is therefore a fundamental issue to residents and everybody who lives there has a responsibility to participate in it.



Abuta


posted by resultsjp at 15:57| Comment(3) | 情報

【資料】金融業界のトップクラスからの金融取引税推進のための公開書簡

ターナー卿.JPG

ご承知のように、今日再び金融取引税(FTT)の議論が欧州で、そして米国で高まっています。前者は、欧州10か国での導入が停滞する中で新しい独仏案が浮上し、また個別的にもフランス、イタリアに続きスペインでも導入が企図されています(英国では印紙税という形でとっくに導入済み)。

後者については、来年の大統領選挙に向けて、民主党候補から次々とFTT提案がなされています。FTTにつき、欧州ではロビン・フッド・タックスと呼ばれ、米国ではウォールストリート・タックスと呼ばれています。


しかし、相も変わらず、こうした動きに対して金融業界ならびに業界寄りの政権からの反発・批判は実に喧しいものがあります。欧州では最初にFTT導入を決めた2011年の欧州委員会指令以来、業界からの批判は止むところを知りません。


これに対し、NGOや慈善団体等の市民社会はもとより、金融業界のトップクラスの人からもFTT推進が訴えられてきました。そのひとつに、20177月に、イギリス金融庁前長官のアデール・ターナー卿【上記写真】はじめ50人を越える代表的な金融業界の関係者が欧州10か国の首脳たちに対し、「金融取引税導入のために金融業界のプロフェッショナルから欧州10か国の指導者たちへ」と題した公開書簡があります。この書簡は日本ではあまり知られていませんでしたので、今後の私たちの活動の糧となると思いますので、紹介します。


その紹介ですが、解説文としては国際NGOのオックスファム・インターナショナルが最も詳しく書いていますので、201775日付のHP記事を翻訳して紹介します。


以下、文章が長くなりますので、グローバル連帯税フォーラムのWebサイトをご覧ください。


《オックスファム》ロビン・フッド・タックスに同意するよう欧州に呼びかけるトップクラスの金融関係者たち201775日)… Webサイトへ


金融取引税導入のために金融業界のプロフェッショナルから欧州10か国の指導者たちへ宛てた書簡… Webサイトへ

LETTER FROM FINANCIAL INDUSTRY PROFESSIONALS TO LEADERS OF THE 10 EUROPEAN COUNTRIES WORKING TO INTRODUCE FINANCIAL TRANSACTION TAX


(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム・日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 14:14| Comment(4) | 国際連帯税の推進