2019年06月02日

栄養セミナー(成長チャート編)

日本リザルツケニア事務所では、先月ウエストランズサブカウンティにある8つの小学校で身体測定を実施してきました。9歳〜15歳の171名分の計測結果を集計、分析し、新たに課題が見えてきました。

ケニア政府が発行しているデータをもとに、身長と体重を年齢別にNormal(標準、もしくは過体重)Mild(やや大体重)Moderate(低体重)Severe(深刻な栄養問題がある)4段階に分けて評価した結果、Mild以下の低体重の子どもが33.2%、低身長の子どもが32.3%もいることが分かりました。

日本の小学生における痩身傾向児は、3.5%未満であり、いかに多くの子どもが低体重の問題を抱えているかということが分かります。

一方で、ローレル指数を指標に肥満、太り気味、標準、痩せ気味、痩せ過ぎの5段階で評価したところ、全体の5.2%が太り気味以上であることも分かりました。カンゲミ地区を含めた6校で太り気味以上の子どもが見受けられたことから、スラム街でも肥満が問題になっていることが考えられます。こちらは合わせて取得した食事調査をもとに更に分析を進めたいと思います。


IMG_20190602.jpg

ケニアには身体測定の習慣がないため、ほとんどの子どもにとって今回が初めての身体測定でした。

身長、体重は健康状態を知る上で、また子どもの成長をはかる指標となります。学校の先生や子どもたち自身がその意義を感じ、身体測定の習慣が根付いたら良いなと思います。


Taki


Reference Charts for Nutrition Diagnosis and Protocol for Food by Prescription

https://www.fhi360.org/sites/default/files/media/documents/Reference%20Charts%20for%20Nutrition%20Diagnosis%20and%20Protocol%20for%20Food%20by%20Prescription.pdf

内閣府 子供・若者白書

https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h30honpen/pdf_index.html



posted by resultsjp at 23:13| Comment(3) | 情報

栄研化学(株)のケニア訪問

日本リザルツはケニア・ナイロビ市のスラム街、カンゲミ地区で結核抑止アドボカシープロジェクトを外務省の協力のもと実施しています。2018年8月、我々は、ケニアで初めてTB LAMPを導入し、結核患者の発見率が2倍になりました。
ケニアでは結核とみられる患者の診断率が低いことが問題になっています。TB LAMPをケニア全土に普及させ、見過ごされている結核患者さんを減らしたい!ということで、栄研化学(株)の皆様がケニアにお越し下さり、ケニア保健省にTB LAMPのご説明を行ってくださいました。
Pacifica3.jpg
ケニアの鈴木康裕医務技監ことDr. Pacifica Onyancha(以下、パシフィカ博士), Head Depaertmernt of Medicai Services/ Previntive and Promotive Healthが保健長官の代理として、栄研化学(株)にお会い下さり、LAMP法の利点等をお聞きくださいました。

Pacifica4.jpg
実際にデモンストレーションをします。パシフィカ博士もLAMPがあまりにも簡易でびっくりされていました。
Pacifica2.jpg
皆さんで記念撮影。

パシフィカ博士も他の遺伝子検査より低コストで、今までより簡易に結核検査ができ、検査の精度も高いTB LAMPに高い関心を示してらっしゃいました。
ケニアのような結核高まん延国でLAMPが普及すれば、見過ごされる結核患者の減少にもつながります。日本リザルツもアフリカの結核根絶を様々な面から応援していきます。
(はるか)
posted by resultsjp at 01:10| Comment(3) | 情報