2019年06月04日

「令和飴」の金太郎本舗本店を訪問しました

令和元年も早6月です。「令和飴」をご紹介いただいた五十鈴商事の柴田代表のご案内で、台東区にある(株)金太郎飴本店を訪問させていただきました。お忙しい中、同社代表の渡邊様から金太郎飴についてご説明をいただきました。同社は明治初期の創業とのことで130年以上の歴史があるとのことです。


今回は、来る8月に横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)もありますので、外務省、JICAの皆様にも加わっていただきました。TICADでは、会議場の一角に設置される団体の展示コーナーで令和飴を紹介することで日本とアフリカとの友好親善の役割を果たすこともできるのではないかといった意見が出るなど大変充実した会合となりました。これから出展について検討が始まります。当日が楽しみです。


なお、お店には令和飴のほか、桜飴など季節色を反映した飴や、はたまたトランプ大統領飴など時代を反映する飴などバラエティに富んだ商品も多数あり、目を楽しませてくれました。帰り際、柴田代表が奉納品としての令和飴を見つけられ、我々に紹介していただくきっかけとなった三島神社をお参りしてきました。今日は金太郎飴のお蔭で心が和む楽しいひとときを過ごすことができました。本当に有難うございました。

MK


IMG_2742.jpg


IMG_2773.jpg  

IMG_2746.JPG


IMG_2751.JPG

IMG_2791.jpg

posted by resultsjp at 17:51| Comment(3) | 情報

アドボカシー資料

アフリカ諸国と日本の結核有病率がそれぞれどのように変化してきているかを比較する資料を更新しました。
アフリカは、国によって大きく減っている国、一旦減ったのち再び増加している国、増加の一方の国と様々ですが、
全体としては依然として高い有病率となっています。
これまでの1990年、2007年のデータに2012年のデータを追加したのですが、棒グラフの数が増えた分見やすくすることに難しさを覚えました。

結核有病率比較図.jpg

今年の10月にグローバルファンドの増資会合が予定されている中、武田薬品工業が民間企業として最初に寄付(5年間で10億円)を表明したというニュースが報じられていますが、結核対策のモメンタムを増大させるため、資料作りを含めたアドボカシー活動に力を入れていきます。
UME
posted by resultsjp at 09:08| Comment(2) | 情報