2019年06月18日

本日の清掃@カンゲミヘルスセンター

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区で公衆衛生の改善のために、清掃活動を行っています。
本日もカンゲミヘルスセンターで清掃を行ってきました。
IMG_20190618_093412.jpg
ボランティア、CHV、警察官と一緒に、駐車場を重点的にごみ拾いをしました。
IMG_20190618_114645.jpg
ごみの内容はお菓子の袋や飴などの包みが最も多く、続いて、スナックとしてよく食べられているトウモロコシの芯、ペットボトルの容器などが目につきます。
ごみ拾いをしているそばから、ごみを捨てていく人もいますが、たまに1つ2つごみを拾うのを手伝ってくれる人がいると温かい気持ちになります。
コミュニティと毎月一緒に行っている清掃活動と合わせて、住民が参加してくれるように、私たちも活動を続けていきます。
Taki
posted by resultsjp at 22:47| Comment(3) | ケニア

SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019

7月24日(水)13:30〜17:00、衆議院第一議員会館国際会議室において「SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。
申込みは下記のお申込みリンク( https://forms.gle/B4qGmX5vs67Yx74s9)までお願い申し上げます。
SY

= = = = = = = =

【ご案内】SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019

  

●呼びかけ

2015年国連は持続可能な開発目標(SDGs)を採択しました。それは世界の貧困、持続可能な経済、気候変動など山積する地球規模課題への対応を、「誰一人取り残さない」という理念のもとに達成しようというものです。しかし、SDGs達成のためには、毎年25000億ドルもの資金ギャップがあると言われています。これを克服するための有効な方法が国際連帯税です。


・国際連帯税とは、グローバリゼーションによって利益を得ている経済活動に広く薄く課税し、その税収をSDGsなど地球規模課題に使うという税システムです。国際航空券税や金融取引税などがそれです。今日国際連帯税のイニシアチブを国の内外で振っているのが、河野太郎外務大臣です。


・本年9月には「国連第1SDGサミット」が開催され、首脳レベルで実施状況をレビューする年ですが、開発資金についても議論されます。私たちはこのサミットに向け、国際連帯税実施の機運を高めるためにシンポジウムを開催します。


・本シンポジウムの特徴は、次の2つです。ひとつは、金子宏・東京大学名誉教授の昨年の文化勲章受章記念という性格をもちます。もうひとつは、「学生たちとの対話」というセッションを設け、次代を担う若者たちのSDGs活動や国際連帯税活動への参加を促していきます。

     

●日時・会場

・日 時:7月24日(水) 13時30分〜17時00分 (終了後、懇親会を行います)

・会 場:衆議院第一議員会館国際会議室


●主催・共催・後援

・共催:グローバル連帯税フォーラム、国際連帯税アドバイザリー・チーム

・後援:国際連帯税創設を求める議員連盟、日本リザルツ、外務省(要請中)ほか


●プログラム(予定)

第一部:あいさつ&講演   

1)挨拶:衛藤征士郎・国際連帯税創設を求める議員連盟会長(衆議院議員) 

ローラン・ピック フランス駐日大使(要請中)     

2)文化勲章受章・記念講演:金子 宏・東京大学名誉教授       

 3)講演:「なぜ世界は国際連帯税を求めるのか〜SDGsと国際連帯税〜」(仮題)  

        上村雄彦・横浜市立大学教授


第二部:学生たちとの対話   


第三部:パネル討論「テーマ:SDGs達成のための新しい資金の使途と提言」(仮題)

−国際機関、感染症患者代表、栄養/感染症分野、気候変動分野、労働組合・NGOから発言

  

第四部:宣言文採択


<お申込リンク>

https://forms.gle/B4qGmX5vs67Yx74s9

<お問合せ>

グローバル連帯税フォーラム  090-3598-3251(担当 田中) eメール gtaxftt@gmail.com

日本リザルツ 03-6268-8744 (担当 梅木)eメールtoshihide.umeki.results@gmail.com

posted by resultsjp at 14:34| Comment(3) | 情報