2019年06月22日

慶応大学講義「河野太郎,ODAを語る」=あわせて国際連帯税も語る

河野・慶応大学.JPG

去る6月3日、慶応大学において河野太郎外務大臣が『河野太郎,ODAを語る』と題特別講義を行いました。日本のODA政策全般について語っていますが、なぜODAを行うのかについて、3点挙げています。これがとても説得的ですね。縮めていえば、@とにかくものすごく困っている人が(地球上に)いること、Aかつて貧しかった日本が受けたことの「恩返し」であること、B「情けは人のためならず」で巡り巡って日本に利益をもたらすこと、の3点です。

しかし、途上国支援につきSDGs達成の観点からみると、圧倒的に足りない資金という現実が見えてきます。そこで河野太郎は次のように述べます。

SDGsを達成するためには年間2.5兆ドルもの資金が不足しているということが一番問題になっています。ODA予算を倍にしても,SDGsの資金ギャップを埋めることは到底できません。今,私が色々な会議で申し上げていることは,グローバリゼーションの光が当たっている場所から,その陰になってしまった場所に手を差し伸べる必要がある,きちんと資金を回す必要があるということです。私は国際連帯税と言っていますが,例えば莫大な為替取引に0.0001%くらいの国際連帯税を掛けさせてもらい,その税収を国際機関に直接入れ,その国際機関が緊急の人道支援を行うという提案をしており,多くの国から賛同を得ています。日本は今年,このような新しい方法で資金を捻出することについて議論するための国際的なグループである「開発のための革新的資金調達リーディング・グループ」の議長国として,国際社会における議論をリードしていきます。また,外務省にこの課題について議論してもらうための有識者懇談会を立ち上げて,緻密な議論を行いたいと考えています。

詳細は、下記外務省報道をお読みください。


★写真は、特別講義を行う河野外務大臣(外務省のHPより)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 13:10| Comment(3) | 情報

今週の業務から(集客と会員募集)


今週は7月の2件のイベントを前に集客を行いました。ボランティアの皆さんも集まる日は4人体制で集中的に電話勧誘を行いました。チームプレーで行う集客作業、集中力が一気に高まります。学生時代のボート部の頑張りに似ています。結果が出れば「おめでとう!」と言って互いに励ましあいます。


同時並行で、「平和と健康の会」への会員募集も行っています。今週は、「アフリカ健康構想民間会合」に参加された企業をメインターゲットとして取り組みました。メンバーの中には、アフリカでの健康構想に向けたプロジェクトを具体化するプランを既に持っているメンバーもおられます。その企業にとってはアフリカ健康構想は既に構想ではなくプロジェクト、真剣勝負なのです。次の会議は頑張りますと決意表明されていました。素晴らしいです。他人事でなく自分事なので熱意が伝わってきます。こちらもこうしたヤル気のあるメンバーにとって使い勝手のよい会になるべきだと考えているので両者の思惑は一致します。会員になってくれそうだと期待が高まります。他方で、定款の一字一句質問攻めの企業もあります。こちらの説明が足りずにヒヤヒヤすることもあります。最後に「総論賛成です」と言ってくれて正直嬉しかったです。現役時代の予算説明、議員説明の厳しさを思い出しました。集客のように直ぐには結果は得られませんが、こちらの気持ちが伝われば入会につながると信じて、引き続き作業に勤しみたいと思います。常々励ましの言葉を頂いている浅野理事長がついていてくれると思うと元気百倍です。

MK



posted by resultsjp at 11:50| Comment(3) | 情報