2019年06月29日

イギリスもグローバルファンドの拠出発表

日本が先日グローバルファンドに対し、今後3年間で8.4億ドル(約910億円)の拠出を行うことを発表しました。

日本に続き、イギリスもグローバルファンドへの拠出を発表しました。3年間で14億ポンド(約1,918億円)の拠出を行うということです。


公式発表
英国リザルツの発表

14億ポンドのうち2億ポンドは特にマラリアの抑止に焦点をあてて使われるそうです。
今後も増資会議に向けて、各国の動きを注視していきたいと思います。
(はるか)
posted by resultsjp at 19:51| Comment(3) | 情報

【速報】G20サミットで安倍総理が「革新的資金調達」に言及!

G20サミット.JPG

G20大阪サミットの2日目、午前1030分過ぎからはじまった「不平等の解消と包容的かつ持続可能な世界の実現」を議題とした第3セッションがBS関係テレビで中継していまして、冒頭提案文書を読み上げた安倍総理は最後に次のように言及しました。

「…革新的資金調達に関する国際社会の議論を我が国はリードします」、と。聞き逃した「…」の部分は「SDGs 達成に必要な資金(または開発資金)を確保するため」だと思いますが、ともあれ総理が革新的資金調達に言及したのはこれが最初です。

伏線はありました。ひとつは、626日に来日したマクロン・フランス大統領との間で結ばれた「『特別なパートナーシップ』の下で両国間に新たな地平を開く日仏協力のロードマップ(2019−2023年)」です。

それには「21- 両国は、それぞれが議長国を務めるG20及びG7の連携に基づき、G20大阪サミット及びG7ビアリッツ・サミットの結果の実施に努め、以下を決定する。…開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループの議長国を日本が務めることを活用しつつ、開発のための革新的資金調達の議論の先頭に立つこと」とあります。

【外務省報道】 日仏首脳会談(日仏協力のロードマップもこちらからhttps://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/fr/page6_000343.html

もうひとつは、621日に開催された「SDGs推進本部会合(第7回)」です。ここでは「拡大版SDGsアクションプラン2019」が決定されたのですが、ようやくプランの中「SDGs達成のための革新的資金調達」の項が設けられました。次のように言及しています。「この(SDGs達成のための)資金ギャップを克服するためには,革新的資金調達の方法を考える必要がある。国際社会において様々な方法が検討される中,日本は『開発のための革新的資金調達リーディング・グループ』議長国として国際社会の議論をリードする(以下、省略)」、と。

「拡大版SDGsアクションプラン2019」 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/dai7/siryou1.pdf

★写真は、G20大阪サミットのもよう(外務省のHPより)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

続きを読む
posted by resultsjp at 12:28| Comment(2) | 情報