2019年09月30日

グローバルフェスタJAPAN2019


今年も、9月28日、29日と恒例のグローバルフェスタJAPANがお台場公園で開催されました。令和になって第一回目のフェスタを祝うべく、当日は晴天に恵まれ、数多くの訪問者と多数の展示ブースで盛り上がり、盛況な一日となりました。


日本リザルツでは、代表の白須以下、スタッフに加えて、ご多忙の中、春日さんも加わってオール日本リザルツチームが一丸となって、ポリオ、結核、Gavi、ウンルワ、栄養等のアドボカシー活動をはじめとする日頃の活動の成果を、来場者一人一人に心を込めて伝えることができました。また、TICAD7はじめ各所で大好評だった令和記念金太郎飴がここでも大活躍でした。なお、筆者は企業ブースも訪問してアドボカシーを行いました。名だたる企業の皆様から熱心にご説明を受け、却って恐縮した次第です。以下に、スナップ写真を掲載いたします。最後に、カメラマンのMr Umekiと大活躍の金太郎飴の写真です。お疲れ様でした。                                     MK


IMG-2238.JPGIMG-2239.JPGIMG_4402.JPGIMG_4407.JPGIMG-2242.JPGIMG-2252.JPGIMG-2262.JPGIMG-2266.JPG


IMG_3881.jpgIMG_3882.jpg
posted by resultsjp at 15:55| Comment(3) | 情報

国際食糧研究所(IFPRI)サイドイベント報告ページのご紹介

このブログでもご紹介した国際食糧政策研究所(IFPRI)によるTICAD7サイドイベントにつきまして、
開催結果が公開されました。開催結果のページへはこちらをクリック (記事は英語です)

飢餓の問題も肥満増加の問題も比較的少ない国は世界に2つしかなく、その1つである日本に対する期待が述べられ、実際にアフリカにおいて日本の企業やNGO等が行っている取組みについて紹介があった他、日本の給食制度についての言及、太陽光発電パネルや冷蔵といった日本の先進技術を活用している現地のスタートアップ企業の紹介などがあったそうです。

記事の最後の部分では、GGG+フォーラムにおいてハーベスト・プラスの事務局長代行、ハワーズ・ブイ博士が登壇されたことも、写真付きで紹介してくださっています。
UME
posted by resultsjp at 15:22| Comment(3) | 栄養問題

2019年09月28日

「オリンピック・パラリンピックに関する打合せ」の開催

9月27日午後345分から、「栄養関する特別講座」に引き続いて、「オリンピック・パラリンピックに関する打合せ」を行いました。前半の栄養会議の参加メンバーが、こちらにも参加して、オリパラを契機とした栄養問題について皆で考えました。

会合は、冒頭、ゲイツ財団の東京事務所の面々がこれまで検討している構想を披露して下さいました。それに続いて、参加者がそれぞれの活動を発表したり、コメントを述べたりし、非常に闊達な意見交換の場となりました。

食品企業からも3社、栄養改善事業推進プラットフォームも参加するなど、オリパラを活用して如何に栄養の問題を考えるのかを検討するいい機会になったように思われました。

さらに、オリパラの協賛企業になっている企業からの情報共有もあり、まだこれから準備を進めようと考えている企業にとってもいい刺激になったのではないかと思います。

会合の終わりころには、堅い話から一転、A社の「勝ちメシ」の話題で盛り上がりました。楽しい話になってきて本当に良かったです。

「食」とは楽しいものだということを再認識しました。日本リザルツ、あるいは今日のメンバーの皆さんで、ゲイツ財団東京事務所の取組みを応援するような形に持っていけるといいですね。最後はそのような雰囲気が出てきてよかったです。これもA社のお蔭です。オリパラは、トップアスリートの大会ですが、一般のスポーツマンも栄養という課題は重要です。筆者もsenior rowerです。栄養、スポーツ、健康、この3本柱で頑張っていきましょう!                             MK


IMG_3806.jpgIMG_3812.jpgIMG_3813.jpgIMG_3815.jpgIMG_3816.jpgIMG_3814.jpg
続きを読む
posted by resultsjp at 20:51| Comment(3) | 情報

「栄養に関する特別講座」の開催

本日、927日(金)午後2時から1時間半程度、「栄養に関する特別講座」行いました。 

演題は、日頃よりご指導を頂いている厚生労働省の清野栄養指導室長による講話「栄養政策の動向について」です。

参加者は、食品関連企業、食品産業団体、栄養関連NGO、国連組織(WFP)など栄養に係わる面々です。

はじめに、清野室長から日本の栄養政策の動向について、非常に分かり易いレクチャーをいただきました。

それをベースに、各参加者の抱える課題や栄養に関する疑問を共有し、室長からその都度、丁寧なフィードバックをいただきました。参加者の皆さんは、課題の要因と解決に向けた方向性について、ヒントを得られたのではないかと思いました。

私は、この会合の参加者の招請に携わりましたが、こうしたマルチセクターの専門家が一堂に介して、政府との忌憚のない意見交換を行うことが、課題と問題解決の認識共有を深めることに非常に有益であると感じました。栄養サミットが近づく中、非政府組織として共有する認識を政府に率直にぶつけることが、栄養サミットで成果を出すきっかけになると思います。

今回の会合は25名程度の少人数の会合でしたが、参加して欲しかった企業、団体がまだまだあります。今回に限らず、その他のメンバーも交えた会合が開催できればと思いました。

「プラットフォーム」と言った形式にとらわれることなく、まずは地道にマルチセクターメンバーの「意見交換の場」を提供し続けていくことが有効かと思いました。

最後にスナップ写真を掲載します。  MK


IMG_3783.jpgIMG_3793.jpgIMG_3802.jpgIMG_3800.jpgIMG_3799.jpgIMG_3785.jpgIMG_3792.jpgIMG_3797.jpg


posted by resultsjp at 19:59| Comment(3) | 情報

2019年09月27日

TICAD7フォローアップミーティング

 先週末から、今週末にかけて日本リザルツは会議週でした。下記に、会議の模様とスナップ写真を掲載します。

スタートは920日(金)の夕刻開催されたTICAD7フォローアップ会合です。これは、先月末に横浜のみなとみらいで行われたTICAD7での成果を踏まえて、今後の進め方を検討するための会合であり、講師には外務省牛尾アフリカ部長(当時)をお招きしました。同部長からTICAD7において多数のアフリカ首脳の参加等に関しての御経験を初め貴重なお話を直に伺うことができました。TICAD7の今後フォローアップの検討にも大変参考になりました。牛尾部長本当に有難うございました。今後益々のご活躍を一同お祈りしています。                           MK


  IMG_0275.jpg                                                                         IMG_0270.jpg           

  IMG_0273.jpg

  

  IMG_0266.jpg

  

posted by resultsjp at 20:58| Comment(3) | 情報