2019年10月09日

財務省訪問


こんにちは。


戸澤京子です。皆さん、お元気ですか?


さて、本日109日 午前中に、財務省の幹部をお尋ねしました。


アジアの現状と課題について、1時間ほどお話いただきました。


Save the Children からもお二人が聴講者として参加しました。

日本リザルツからは、白須紀子代表と私が参加しました。


財務省では、為替および国際金融市場の安定化、国際経済の調査・分析、国際機関での交渉、途上国支援の企画・立案なども主な業務としています。


お話いただいた内容は次のようなものです。


  1. 変わるアジア

    1930-40年代 アジアではインフラの整備が求められていました。1960年代 アジアは今のアフリカより貧しかったという現状がありました。現在、アジアは経済成長しましたが、貧困や餓死ではなく、新たな課題を抱えるようになりました。

  2. アジアが現在抱える課題

    現在アジア全体が抱える課題は、@高齢化  A都市化の問題です。農村でも核家族化が進みました。所得が高くなり生活水準の高さが求められるようになりました。医療に対する要求も多様化しています。

  3. アジアの中の成功例

    成功事例はタイです。タイでは、国民皆保険制度を作りました。薬は病院が一括購入するようにしました。総額管理制度ができています。地方勤務しないと医師が昇給できない制度をつくりました。

  4. 私たちの今後の課題

    先ずは、医療制度について考えることです。保健および健康を推進する人が、今後具体的に必要となります。

    国際社会の中で私たちのできること、一人一人が考えていくときがきているのではないでしょうか? 

       grand-palace-1822487__340.jpg

タイの夜景(PIXAの無料画像より)


お話は大変興味深かったです。一人一人にできることとはなにか。ちなみに、私は「国境なき医師団」にこの15年間 毎月3000円寄付させていただいていますよ。京子


posted by resultsjp at 17:11| Comment(3) | 情報

はじめまして。戸澤京子です。

おはようございます。

戸澤京子と申します。


DSC_0303.JPG



はじめてのブログです。よろしくお願い致します。

初仕事は、GGG TICAD 議事録 英文校閲です。

これは、得意の‘Grammarly’というAIソフトをフル活用して、間違いゼロ、

どこに出しても恥ずかしくない英文を目指しました。


・笑っちゃう間違いの例:AIはeverybodyがeveryboyになっているのを見つけてくれました。これでは、100% anglophoneの人々は笑っちゃいますね。


・ぐっと来た例:AIはこのようなことを言ってきましたよ。


「Friendship is to everyone. このeveryoneを、every oneに換えなさい」。


確かに友情は、ひっくるめた全体のみんなのものではなく、個人個人みんなのものなのです。誰でも愛される権利がある。誰でも人を愛する権利がある。私は、ぐっと来てしまいました。


・なるほどと思った例:AIは客観的に述べるように次のように言葉を換えるよう指摘してきました。


例えば、important→significant

        good→crucial

        real→essential


確かに、重要であるかどうかは主観に寄ります。良し悪しや、真否も主観に寄るのです。

ですから客観的な言葉に換えるように、とのことでした。


大切な指摘をGrammarly有難う!!!  京子

posted by resultsjp at 13:26| Comment(2) | リサーチ&アドボカシー