2019年10月18日

国際連帯税議連の総会準備と「新しい資金を考える」有識者懇談会について

昨日(17日)国際連帯税創設を求める議員連盟の総会準備のため衛藤征士郎会長(衆議院議員)と石橋通宏事務局長(参議院)との会議があり、これに外務省・吉田地球規模課題総括課長も参加し、またアドバイザリー・チームの田中と白須も加わらせていただきました。

ご案内のように、外務大臣が河野太郎議員から茂木敏充議員に代わりまして、新大臣のもとに最初の税制改正を迎えます。上記会議はこれに向けての総会開催の準備を行うためのものでした。

結論的に言って、総会について茂木新大臣も出席していただけるように日程調整を行うこと、また9月の国連総会ウィークに派遣された学生たちの報告も兼ねることを確認しました。

「新しい資金を考える」有識者懇談会は両建てで

前河野大臣の肝いりで発足した「SDGsの達成のための新たな資金を考える有識者懇談会」(略称:新しい資金を考える会)ですが、その目的は革新的資金調達の方法やその使途等についての提案を行うことです。722日に第一回会合を開いた後、4回ほど議論を積み重ね、現在「中間論点まとめ」の段階まで来ました。

議論は、新しい資金創設のため税制方式と民間資金活用の両建てで行われていまして、実は私、田中徹二も会の委員となり、主に航空券連帯税など税制方式の分野で発言させていただいています。実りある「中間論点まとめ」が出ることを祈念しています。

 茂木新大臣.JPG

★写真は、926日ニューヨークで開催された「革新的資金調達に関するリーディング・グループ」のサイドイベントで発言する議長の茂木新大臣(外務省のHPより) 

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

posted by resultsjp at 15:35| Comment(3) | 国際連帯税の推進

目指せピカピカのヘルスセンター

日本リザルツケニア事務所では、活動拠点であるカンゲミヘルスセンターの掃除を行っています。
カンゲミではもともと定期清掃の習慣がなく、ヘルスセンターでも注射針や血のついた綿がそこらじゅうに転がっていました。こうした公衆衛生の不備は更なる感染症のまん延を引き起こします。何とかせねば!ということで、定期清掃を始めたのです。

最初は筆者と警察官だけで掃除をしていましたが、徐々に仲間が増え、今ではヘルスセンターのスタッフのみなさんが毎朝必ず掃除をしています。また、ヘルスセンター長のシェムさんがポイ捨て禁止を呼びかける張り紙をするなど、スタッフのみなさんが啓発活動を進んで行って下さっています。

41FD3A61-33AA-4DE7-B457-FACB25A0CFA9.jpeg
この日はお掃除隊長のサミさんと小児科周辺の掃除を行いました。

6EFFCD44-0C84-49B0-9147-1594F3C5BC8D.jpeg
ゴム手袋と防護服を着て衛生面に注意して行っています。

しかし課題もあります。
カンゲミ地区は下水、排水設備が脆弱です。
雨が降るとすぐ施設が浸水し、泥だらけになってしまいます。
3D83B146-DA6A-4DFD-A15F-C4438DAEC9D1.jpeg
掃除はもちろんのこと、排水設備も含めた施設の改善をするなど、より包括的な対策が必要かもしれません。
きれいでピカピカのヘルスセンターを目指して、カンゲミヘルスセンターのみなさんと取り組みを続けていきます。
(かめ)
posted by resultsjp at 14:54| Comment(3) | 情報

サンキューセミナー

本日、長崎大学熱帯医学研究所の山本教授にお越しいただき、日本リザルツの事務所でNGOサンキューセミナー「エボラ出血熱とアフリカのUHC」を開催しました。
今回のセミナーは、これまでのような講師から一通りお話をしていただいた後で質疑応答の時間という形ではなく、もっと自由な議論ができないかという試みを含めて行いました。
ふたを開けてみると、講師の山本教授へ向けて次から次へと鋭い質問が投げかけられるだけでなく、参加者の皆様の間で議論が始まったりと、予測不能な楽しみがあるセミナーになったのではないかと思いました。
日本リザルツの活動はこのように多士済々な皆様のおかげで成り立っているのだと、改めて感謝の気持ちで一杯になりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

UME


IMG_4478.JPG

IMG_4461.JPG


IMG_4484.JPG

IMG_4485.JPG

IMG_4489.JPG

IMG_4495.JPG

IMG_4498.JPG

IMG_4499.JPG
posted by resultsjp at 14:07| Comment(3) | 日記