2019年11月03日

カンゲミ地区の定期清掃

日本リザルツケニア事務所はケニア・ナイロビ市のスラム街カンゲミ地区で結核抑止に向けたプロジェクトを行っています。
この日はナイロビカウンティのみなさんとカンゲミ地区の清掃活動を行いました。

4D4495DD-49FD-402A-B79D-C61BB0AE5EBC.jpeg
土曜日にも関わらず、多くの方が参加してくだいました。

カンゲミ地区は排水、下水設備が脆弱なため、雨が降るとすぐに側溝の水が溢れ出してしまいます。
また、ごみをごみ箱に捨てる習慣がなく、側溝にごみを捨てているのが現状です。
そして、雨が降ると、ごみが混ざったヘドロが民家に押し寄せ、衛生状態を悪化させているのです。

8E7BF005-3EB5-4DCA-9B5D-00FA8DF8E8AE.jpeg
この日も側溝に溜まったヘドロを皆で掻き出しました。

991008AD-0FD0-46D2-96DB-A4FA4E27841B.jpeg
カウンティの皆さんはもちろん、近所の方々もお手伝いしてくださいました。
2D90340A-66E3-48E0-823A-9FA8DAACF9C4.jpeg
ナイロビカウンティのユニフォームは緑。環境に優しいという意味を持っているそうです。

きれいな街づくりを目指して、カウンティのみなさんと活動を継続していきたいと思います。
(かめ)
posted by resultsjp at 15:45| Comment(2) | 情報