2019年11月20日

魔法のLAMPアドボカシー(クリスマス編)

今週は栄研化学様がケニアにお越し下さり、LAMPアドボカシーを実施しています。
在ケニア大や保健省はもちろん、関連機関を訪問し、TB-LAMPのケニア普及を目指して、朝から晩までせっせと活動しております。
unnamed.jpg
保健省での打ち合わせ(セルフィ―)

unnamed2.jpg
打ち合わせ先のビルにあったクリスマスツリー。ビル中がクリスマス飾りでデコレーションされていました。

また、11月6日から今週にかけ、日本リザルツのスタッフとともに、日経新聞の記事を送付したところ、多くの方から感想をいただきました。
改めて、栄養問題が栄養だけでなく、様々な問題が複合的に絡み合っていることを実感し、私も勉強になりました。
皆様からいただいたアドバイス、ご意見のプレゼントをもとに、どんなクリスマスプレゼントをお届けできるか、知恵を捻りたいと思います。沢山のご意見、ご感想、ありがとうございました。
(かめ)
posted by resultsjp at 18:46| Comment(2) | 情報

緒方貞子元国連難民高等弁務官についての国連大使演説

石兼公博新国連大使が着任し、安保理会合における演説で緒方貞子元国連難民高等弁務官について話をされたことが、各メディアで報じられています。


日本リザルツは、石兼大使が外務省国際協力局長をされていた頃大変お世話になりました。また、緒方元国連難民高等弁務官とは、フィリッポ・グランディ現国連難民高等弁務官(当時は国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)事務局長)と共にパレスチナ難民支援のアドボカシーを行っていました。
そのようなことから、代表の白須はこのニュースを聞いて感慨深いものがあったようで、当時緒方事務局長が「UNRWAを応援してくれる団体がいるということが嬉しい」とおっしゃっていたと、懐かしそうに話していました。

UME
posted by resultsjp at 12:21| Comment(2) | UNRWA