2020年02月28日

初めての単独栄養アドボカシー

今日は、初めて一人で議員会館を訪れました。


塩崎恭久議員と鈴木馨祐議員の事務所を訪れ、政策提言の資料を手渡しました。先週、ロンドン大学の渋谷先生たちと省庁を回った際に使ったものでした。話を聞いてくださった秘書さん、ありがとうございました!


M

posted by resultsjp at 20:41| Comment(2) | 栄養

2020年02月27日

栄養サミットに向けた日本政府の資金拠出について外務大臣が言及

2020年2月25日 (火)に、衆議院予算委員会第三分科会が開催されました。

牧島かれん衆議院議員が質問に立たれました。

牧島議員は、日本の栄養分野に対する拠出額が「主要7カ国の中で最下位ということは数字で示されてしまっています」と指摘されました。
その上で、今年12月に開催される成長のための栄養(N4G)サミットについて、日本は主催国として「10億ドル、1000億円といった野心的なプレッジを期待できれば」と要望された上で、「世界に向けて日本のリーダーシップを示していただければ」と訴えられました。

こちらに、茂木敏充外務大臣が答弁されました。

ここでは、栄養サミットの主催国として「資金的なコミットメントを他国に呼びかけていくからには、主催国がそれなりのことをしないといけないです。額については今は申し上げられませんが、できる限りのことをしたいと思います」という力強いお言葉をいただきました。

詳しい質問内容はこちらからご覧いただけます。

M
posted by resultsjp at 22:51| Comment(2) | 栄養

2020年02月25日

北海道岩内町訪問

北海道を訪問中の白須から写真が届きました。
無事岩内町の齊藤様にお会いでき、「雅子プロジェクト」の立上げを宣言したようです。
これから、顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟の秋野事務局長とも連携し、
3月3日を国連世界スナノミの日に制定するよう求めるなど、活動を強めてまいります。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
UME

KIMG0364.JPG

IMG-0743.jpg
posted by resultsjp at 15:01| Comment(3) | スナノミ症対策

2020年02月23日

栄研化学のケニア訪問

21日(金)、栄研化学の皆さんがアフリカ出張の帰りにケニアにお立ち寄りくださいました。

unnamed2K8GZN0H.jpg

unnamedLDTWEK6V.jpg


TB-LAMPが設置されているウエストランズヘルスセンターを訪問し、技師や医師の方から機器を使用した感想等や課題を聞き取りされていました。

unnamedL5Z9K91M.jpg

ケニアの国家結核戦略によると第一の診断機器はGene Xpertと定められているのですが、ケニア全土にまだ189台しかなく、全ての喀痰を検査することができていません。一方、古くからある顕微鏡診断(喀痰を着色し、顕微鏡で菌の有無を調べるもの)は2600施設に設置されていますが、技師の目で確認するため精度が半分程度であることが課題です。
技師の皆さんからは「LAMPは診断方法も簡単で、機械も頑丈なので、是非、ケニア全土に広まってほしい」という力強いお言葉をいただきました。
TB-LAMPが、ケニアの結核根絶のために双方を補完する役割として全土に普及するといいですね。
(かめ)
posted by resultsjp at 16:16| Comment(3) | 情報

2020年02月22日

ポリオアドボカシー会合に参加してきました(於:UNICEF東京事務所)

先週、2月10日のことですが、UNICEF東京事務所で開催されたポリオアドボカシー会合に参加してきました。ユニセフの他にはNGO(非政府組織)が参加しました。

ポリオ(急性灰白髄炎)は、発生する場合は乳幼児に多く、手や足に麻痺を残すことがある病気です。麻痺や麻痺部分の変形は、その後の生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。ポリオウイルスによる感染症であり、便を介して他人にも感染します。

残念ながらポリオには確立された治療法がありませんが、一方で、予防接種の実施によりポリオを防ぐことができます。日本でも、戦後、ワクチン接種(国内でのワクチン開発を含む)によりポリオ感染を抑えることに成功しており、1980年を最後にポリオ野生株による感染は報告されていません。その後、2012年にはワクチン由来の感染を完全になくすために、従来の経口生ワクチンを廃しています。

予防接種といえば、今年は6月にGaviワクチンアライアンスの増資会合がロンドンで開催されます。昨年9月には国連UHCハイレベル会合において安倍首相がGaviへの拠出に関して言及しています。https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2019/23uhc.html

Gaviの増資会合のような、予防接種の機運が高まるときに何か発信できればという意見が、2月10日のポリオアドボカシー会合でも出されました。

むむむ

posted by resultsjp at 19:28| Comment(2) | ポリオ