2020年02月02日

国際開発ジャーナル2月号に寄稿が掲載

国際開発ジャーナル2月号にスタッフ長坂の寄稿が掲載されました。
アフリカ健康構想に関して、ケニアの現場での取り組みと課題について論じています。

国際開発ジャーナル 2020年2月号-1.jpg

(かめ)
posted by resultsjp at 16:50| Comment(2) | 情報

補正予算成立

1月30日参議院予算委員会で2019年度の補正予算が可決しました。

報道はこちらを参照:

日本リザルツが関係する国際保健の分野については、外務省のHPに詳しい情報が載っています。

中身を見ますと、
グローバルファンドには444億円の拠出がついています。つまり、6次増資会合の際に日本がプレッジした8.4億ドルのうち半分を今回の補正予算で支払う計算となります。
Gaviワクチンアライアンスには20.6億円が拠出されています。コンゴ(民)で拡大しているエボラ出血熱、および周辺諸国の予防接種支援と、日本企業とGaviが連携してワクチン接種におけるイノベーションを推進することに使われる予定です。
またUNDPとGHITファンドにも4億円が拠出されています。これは三大感染症や顧みられない熱帯病(NTDs)抑止のために、日本の学術界、企業の研究開発を促進するために利用されるそうです。

(かめ)

posted by resultsjp at 16:05| Comment(2) | 情報