2020年03月19日

Gaviお願い

日本リザルツはGaviワクチンアライアンスのキャンペーン事務局として、日本政府による拠出の拡大をお願いしてきました。
特に今年は、2021年から2025年までの5年間に向けての資金を募るため、Gaviが増資会合を開催する重要な年です。
Gaviが目標として掲げる74億米ドルの資金調達達成に日本政府も貢献していただくべく、去る3月17日(火)、ワクチン予防議員連盟に所属されているなど関係の深い国会議員の方々に、Gaviの資料及び代表の白須直筆のお願い文をお届けしました。
配布後、写真を撮っていなかったことに気づきました。
資料の写真のみで失礼します。
UME

IMG-2375.jpg
posted by resultsjp at 09:43| Comment(2) | GAVIキャンペーン

秋野公造先生が雅子プロジェクトについて言及

2020年3月18日、参議院外交防衛委員会にて、秋野公造(公明・参議院議員)先生が「多剤耐性結核」について、さらには日本リザルツとともに進めている、スナノミ根絶プロジェクト「雅子プロジェクト」について質問されました。

Screenshot 2020-03-19 at 09.00.39.png

「多剤耐性結核(MDRーTB)」は抗結核薬であるイソニアジドとリファンピシンに対し、薬剤耐性を持った病態であり、世界で公衆衛生上の脅威です。高い技術力を持つ日本企業への期待が大きいです。

また「雅子プロジェクト」の「雅子」様とは、2019年の11月に日本リザルツへお越しいただいた岩内町の元町会議員、齊藤雅子様のことです。リザルツのスナノミ症対策に関する新聞記事の切抜きを沢山見せ、日本リザルツの活動に前からご関心があったとおっしゃってくださいました。力になりたいと熱心にお話ししてくださいました。
しかし、雅子様が今年の1月3日に交通事故に遭われ、亡くなったということを聞き、大きなショックを受けました。その思いを継ぎ、スナノミ症根絶へ向けた活動を一層推進するため、プロジェクトを立ち上げようということになりました。

このプロジェクトでは、ケニアがスナノミデーと定めている3月3日を「世界スナノミの日」と制定するよう国連に働きかけるなど、世界がスナノミ症に目を向け、対策を強化するよう活動を行います。

IMG_1671.jpg

我々も真剣に拝見させていただきました。

しらいし


posted by resultsjp at 09:28| Comment(2) | 情報

2020年03月18日

議事録をお届けしました!(第九回 国際母子栄養改善議員連盟)

第九回国際母子栄養改善議員連盟(2020年3月4日開催)の議事録が完成しました。

印刷業者の方から届いた議事録を、国会議員の先生方、70名程度と関係省庁(財務省、経済産業省、厚生労働省、農林水産省、外務省)にお届けしました。

その他、また、参加者の皆様に郵送をいたしました。

当日の雰囲気が伝わると嬉しいです。

1.jpg


M

posted by resultsjp at 12:14| Comment(1) | 情報

2020年03月16日

小野崎郁史氏医療功労賞に決定

第48回医療功労賞(読売新聞社主催、厚生労働省、日本テレビ放送後援、損保ジャパン日本興亜協賛)の中央表彰者10名が決定したというニュースが読売新聞に掲載され、その中に小野寺郁史氏のお名前がありました。


小野崎氏第48回医療功労賞.jpg

小野寺氏は結核予防会で結核根絶にあたられ、現在は世界保健機関(WHO)に勤務されています。
日本リザルツが結核根絶へ向けた活動を行う中で、小野寺氏にはご助言等をいただいてきました。
ブログ記事を紹介します。
UME


posted by resultsjp at 10:56| Comment(3) | 結核

2020年03月15日

ケニアでもコロナウイルス感染者が確認

ケニアでも遂に新型コロナウイルスの発症事例が確認されました。
保健省によると、3月13日,ケニアで新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の1例目が確認されたということで,保健長官より発表されました。患者は,3月5日に米国からロンドン経由で帰国した27才ケニア人女性であり,容態は安定していると報道されています。ただ、同患者の3月5日〜12日までの行動情報は,まだ明らかになっていません。

1.jpg

新聞には「パニックになるな!」と書いていますが、近所のスーパーに買い出しに行くと、案の定、大量のトイレットペーパーや手の消毒薬を買い占める人でパニック状態になっていました。
また、使い捨てマスクの値段は1枚90KESもします(日本円で100円)。一般の家庭では大量購入できるような価格ではないため、現地の人は1つのマスクを何日も使いまわしていますが、あまり衛生とはいえません。

2.jpg
ケニアではきれいな水へアクセスできる人はわずかです。うがいの習慣もありません。保健省も、とにかく手洗い、うがいの徹底と、換気、そして消毒を皆さんに呼び掛けています。

こうしたときだからこそ、きちんとした情報を把握し、冷静に行動したいと改めて感じました。
(かめ)
posted by resultsjp at 17:46| Comment(3) | 情報